株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[起業]Blog移行のお知らせ

今回、コーポレートページの大幅リニューアルを行ない、下記にBlogを統合することになりました。変わらぬご愛顧を頂戴できれば幸いです。よろしくお願いいたします。

http://ecobrand.jp/category/blog1/


                        2009年2月15日 株式会社エコブランド 東 大史



スポンサーサイト

別窓 | 起業 | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨

[動画]夢のカタチ

これは可愛らしくてよいですね。夢というのは、もしかしたらこんな形で展開されているのかもしれません。



このアイディアは素晴らしいですね。そして恐らく予算はそれほどかかっていないでしょう。100万円もあればできてしまいそうです。なんでも洋楽のPVのようですが、曲の感じと女の子の柔らかさがとってもマッチしていますね。



海外では結構ストップモーションが映像としてよく使われているようです。“Where the Hell is Matt?”なんて名作も様々なカットをつなぎ合わせたものですし、むしろこの方向のクリエイティブに今後は発展していきそうですね。



カシオから発売されるEXILIM-FC100の30枚連写機能なんかは、結構楽しい世界を見せてくれそうです。



別窓 | 動画 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

[環境]東京湾が死の海になっている

死の海だった東京湾! 身近な海の“今”を知る
東京湾は死の海だった?! 多摩川にアユが戻ってきたり、江戸前アナゴが店頭に並んだり、東京湾にはキレイになりつつあるイメージを持っていいた。しかし現実はまったく違っていた。東京湾の生態系について長年調査を進めている東邦大学理学部東京湾生態系研究センター長の風呂田利夫教授に衝撃的な現実を教えられた。



いま、東京湾が死にかけています。護岸には生物の生息している様子はまったくなく、ただただ淀んだ水と砂の死の世界が広がっているのが現状です。その原因というのが富栄養化による赤潮の発生、増えすぎたプランクトンによって貧酸素状態が引き起こされ、周辺海域の生物が死滅するのです。


それではどうして富栄養化するのでしょうか?それは、東京の下水道システムにカギがあります。東京の下水道は、東京オリンピック前の突貫工事で造られました。オリンピックを開催するような都市が、下水道も整備されていない不衛生なところだと思われたくなかったのでしょうね。ただし予算や工期の都合上、この下水道は合流式下水道という方式で造られました。


合流式下水道は、雨水と汚水を同じ配管で処理する下水道です。効率的ですが、一たび雨が降ると下水道では処理しきれない水量が溢れるようになります。すると、溢れ出た下水は都内を流れる河川を通じて、そのまま海へと放流されます。下水にはキッチンやトイレから出た栄養分豊富な有機成分がたくさん含まれていますから、それが海の富栄養化へと繋がるわけですね。

gouryuu.jpg

なので、国土交通省は合流式下水道の改善を進めています。しかし都内の下水道の大半は未だに手つかずであり、最近はさらにゲリラ豪雨なんてものまで発生していますから、家庭からの生活排水がダイレクトに海に流れてしまうケースが増えています。海の生き物は死滅し、海藻すらも生えない海が広がります。そして東京湾が死の海であるために対流が起こりにくく、ヒートアイランド現象の遠因となっているとも言われています。


東京湾はもともと、江戸前と言われるように豊かな生物多様性をもった遠浅の海でした。それが、護岸はコンクリートで埋め立てられ、人口増加に伴って生活排水が流入することで汚染が進み、生き物が住めない海になってしまいつつあります。東京都も現状ではマズイことに気づいており、湾にせり出した埋立地に港湾やコンビナートを設置して、本来の海岸線は干潟や自然の海岸を復活させるためにアクションプランを設定しています。


今ならばギリギリ間に合うのでしょうか。少なくともこの合流式下水道を分流式に変える公共事業であれば、政府紙幣を発行してすぐにでも取り組むべきだと思います。未来に豊かな生態系を残すことに投資をするのが、本来の景気対策になるはずなのですから。


別窓 | 環境 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

[真面目]大人になってから“知り合い”をつくるのは簡単だけど、“友人”をつくるのは難しい

オイラもお世話になっているスターブランドCLUBでのお話

スターブランドCLUBの会員で、大学生のKくんは、かつて僕に、こう言いました
(って、まずは本人が教授に言われたそうですが)。

『大人になってから“知り合い”をつくるのは簡単だけど、“友人”をつくるのは難しい』

でも、スターブランドCLUBを通じて、たくさんの大人になってからの友人が皆さんできているようで、
それは本当に主宰者冥利につきます。



これは去年から今年にかけてのオイラ自身のパラダイムシフトから、大きな実感としてあるものです。企業という組織に属していると、自ずとコミュニティは狭く、似たような価値観の人たちと交流することに居心地のよさを感じてしまいます。名刺交換などをして“知り合い”になったとしても、○○株式会社の□□さんというような感じであまり個人として認識してもらえないのではないでしょうか。


実際その辺りの問題意識から、去年は毎月20人の新しい出会いをつくると決めて活動をはじめたわけですが、それによってオイラの人生は大きく変わりました。それまでは会社の飲み会とかは愚痴やら後ろ向きなことばかりで進んで参加しようとは思わなかったんですが、いまやランチや夜にはいろんな人と会食するようにして、ひと月に名刺一箱がなくなるくらいおかげさまで出会いに恵まれるようになりました。


もちろん、スターブランドCLUBでの「1日1人の自分ファンをつくる」という目標を達成するために、パーソナルブランディングには余念がないわけですが(その割に温泉だったりマニアックな方向に行っているとよく言われます)、なんとか達成できてBlogのアクセス数も増えてきているのはありがたいことです。


単なる“知り合い”で終わらせないために、自分がその人に対して提供できる価値というものを常に意識しています。それはビジネスであれば“ECO”というキーワードであり、プライベートでも“ラーメン”というキラーコンテンツを用意することでかなりスムーズに自分自身の個性を認識してもらっていると感じます。


情報を提供するために常にアンテナを張り巡らせて目の前の人のためにコーディネートする、その楽しみを知ってしまったオイラにとって、“友人”をつくるのは非常にカンタンになってしまいました。そして“友人”が増えれば様々なイベントを開催する際にいろいろ協力してもらえることも知りました。2009年、とある企画を仕掛けます。日本が変わりますよ!




別窓 | 真面目 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

[東京温泉]黒湯の温泉 ゆ~シティ蒲田

東京都大田区は隠れた温泉郷。昔ながらの銭湯に実は温泉が使われているのも、町工場の多い地域ならではの風情があります。蒲田はそんな大田区の中心地として、蒲田行進曲などでも有名ですね。

kamata.jpg

黒湯の温泉 ゆ~シティ蒲田はJR蒲田駅からほど近い、川沿いの住宅街にある温泉銭湯。その名の通り、真っ黒な露天温泉が楽しめるバラエティ豊かな銭湯です。内湯は残念ながら温泉ではないのですが、ジャグジーやジェットバスなど一通りのリラクゼーションは揃っています。これが都内銭湯価格450円で楽しめるのは驚異的ですね。


大きな地図で見る

そんな蒲田温泉と好相性なのが、やはりラーメンですね。麺匠呉屋は蒲田駅前でも随一の存在感を放っています。麺はあの浅草開化楼、昼と夜ではスープがちょっと違っていてまた違った雰囲気で楽しめます。このようなこだわった店は大切にしたいですね。

麺匠 呉屋 (めんしょう くれや) (ラーメン / 蒲田、京急蒲田)
★★★★ 4.0




別窓 | 東京温泉 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。