株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

スティールパートナーズ

スティールパートナーズが東京高裁に抗告していたブルドックソースの買収防衛策について、
東京高裁はスティールの抗告を棄却してブルドックの買収防衛策発動を容認しました。
これにより日本で初めての買収防衛策を目的とした新株予約権発行が行なわれる見込みです。


高裁判断では、スティールを“濫用的買収者”と位置づけ、いわゆるグリーンメーラとして
事業者の企業価値を高める行為を阻害する存在として認定した形です。
実際、メディアでも「スティールという乗っ取り屋をブルドックが撃退した」という論調で
この高裁判断を歓迎するスタンスが大多数のようです。
(まぁテレビ局を始めとしたメディアは一連の騒動でアレルギーがありますからね)


個人的には、この高裁判断には首を傾げざるを得ません。
そもそもこのブルドック株が割安で放置されていた経営責任は現経営陣にあり、
市場から評価されないような事業を行なっていたことが原因だと思います。
内部留保を他社株式に投資する等、本業以外での経常活動が多いこの企業が
本当に企業努力を行なって消費者ニーズに合った商品開発や製品価格の引き下げを
行なっていたかといえば、そうではないという判断が株価に反映されていたわけです。


スティール以外の株主は、自らの株式価値を棄損するような買収防衛策の発動に
諸手を挙げて賛同しています。放蕩経営を続けていた現経営陣の保身を容認し、
23億円ものスティールに対する“特損”も許容した上で浪花節への参加に酔っています。


スティールが気に食わないのであれば既存株主がTOBに応じなければよいだけの話であって、
わざわざ法手続きに係る弁護士費用など数億円をかけて買収防衛策の導入をするような
愚策をどうして行なう必要があるのでしょうか?スティールに支払う23億円のために、
ソースを何本売らなければいけないのでしょうか??


外国人ならずとも、この国の意思決定には不思議なことがたくさんあると感じますね。


スポンサーサイト

別窓 | New! | コメント:0 | トラックバック:2
∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。