株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

副都心線 6/14開業

地下鉄副都心線、6月14日に開業・東京メトロ


ついに開業日ケテーイですね!モロに私の活動エリアなので、楽しみです。


スポンサーサイト

別窓 | New! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

餃子と古巣と

中国産の冷凍餃子を食べた家族10人が吐き気や体調不良を訴えた問題で、冷凍餃子から高濃度の農薬が検出され、JTなどメーカーが回収する騒ぎに発展しています。JTについては私の古巣である日清食品とともに加ト吉を買収し、3社で冷食部門を統合する方向で動いていましたが、加ト吉再建の出鼻を挫かれる格好で今回の事件が起こってしまった格好です。


私自身、品質保証部門にいたという経験もあり、今回の問題の経緯はとても興味があります。これまで食品業界で頻発していた賞味期限切れ問題などは単なる事務手続き上のミスであり、健康被害に繋がるようなケースではないという認識だったのですが、今回は実際に殺人未遂で捜査が入るレベルでの健康被害が出ているということで、法改正を含めた今後のリスクマネジメントが問われる事態に発展することが予想されます。


さらに今回は業界最大手のJTと生協が絡んでいるということで、食品業界全体において何らかの包括的な対応が迫られる可能性もあります。これまでコスト面の問題で棚上げになっていたICタグを使ったトレーサビリティ食品安全マネジメント規格ISO22000の標準化など、制度面での整備が進むきっかけとなることでしょう。そうするとこれら食品安全保障に伴うコストから商品価格が上がることは必至であり、原材料コストの上昇と併せて小売業へのインパクトも懸念されます。


私の古巣では、ちょうど私が退職した頃から食品業界に先駆けて残留農薬問題にいち早く対応する体制を構築しています。正直、これらの業務処理が膨大になる中でルーチンワークに時間を費やすよりもクリエイティブな業務をしていきたいということが私の退職理由の1つだったわけですが、この残留農薬に対応できる仕組みは今後の食品業界内においては評価が高くなっていくに違いありません。今回の事態を想定していたというのであれば素晴らしい判断能力ですが、実際にはアライアンスパートナーであるJTが関与しているということで微妙なところでしょう。


今後は格差社会において、“安全であると毒見された高価格商品”と“安全性に疑問がある低価格商品”という、リスクレベルでの価格体系が登場するのでしょうか。少なくとも安全にはコストが掛かるということを、国防問題なども含めて議論する必要があるでしょうね。



別窓 | New! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

インターネットの新しいかたち

みんながパソコンから逃げ出してる


今現在、日本国民でPCを使いこなしている絶対人口って決して多くないと思います。2chなどでは“団塊”と“ゆとり”なんて蔑称で自分たちとは違うインターフェースを使う世代を揶揄していますが、恐らく20~40代をボリュームゾーンにしてこのPCを使う頻度は正規分布曲線を描くのかな、と考えられます。


10代のインターフェースは当然ケータイであり、彼らがビジネスの現場に登場してくればそれこそパソコンから逃げ出すシーンが容易に想定できます。その具体的な形としては、UMPCになるのかスマートフォンになるのか、いずれにしても現在我々が行なっているブラインドタッチやダブルクリックという作業が無くなるのではないかと思います。


そんな流れをいち早く察知しているのがやはりAppleであり、最新版OSのLeopardにはどこでもMy Macというリモートアクセス機能が標準装備されていますし、Xgridなるグリッドコンピューティングの研究は昔からやっています。iPhoneやMacBookAir、AppleTVなどの設計概念にもこれらの考え方は当然反映されていて、TimeCapsuleのような小規模分散型ストレージに対してこれら多様な端末からアクセスするようなライフスタイルを提案しているのです。


そうすると現在、Web=PCのブラウザ という土俵でビジネスをしているIT企業が苦しくなってくるのは目に見えていて、JAVAScriptなどは陳腐化が加速することでしょう。そのような視点で見ると、Flashなどで凝った作りをしているWebページの企業が痛々しく思えてきます。今現在ですら“団塊”や“ゆとり”のマーケットを捨てているのに、さらに訴求する対象範囲を狭めていく判断をしているわけです。


NOKIAが世界のMobileの40%を寡占する中で、日本は京セラが中国市場からの撤退を発表するなど、どんどんこの次世代インターフェースの規格から取り残されている現状です。電子マネーやワンセグなど独自規格での日の丸ケータイの高機能化が、実は孔雀の羽のように世界での生存能力を下げる原因となっているのは皮肉な話ですね。



別窓 | Private Eyes | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

消費者 ではなく

霞が関、戦々恐々 首相肝いり「消費者庁」構想


 福田首相が打ち出した消費者行政の「司令塔」となる新組織の構想に、「霞が関」の中央官庁が戦々恐々としている。規制権限から人員、予算まで、新組織に奪われかねないためだ。官僚らの抵抗感は強く、首相が掲げる「消費者重視」の旗印も実現は容易でなさそうだ。





池田信夫さん小飼弾さんのBlogでも取り上げてられている通り、政策に関しては割とマトモな社民党が提案した消費者庁構想に福田首相が超乗り気になっているようです。私も基本的には賛成ですが、資本主義を前提とした“消費者”というネーミングだけは気に食わないです。


「消費」というとその対極には「生産」があって、究極的には「お客様は神様である」といったような消費者絶対主義が見え隠れします。生産⇒消費⇒廃棄 という一方通行の流れであった時代にはこのような考え方でもよかったかもしれませんが、循環型社会と言われて久しい昨今において、「廃棄」という概念は薄れてきています。


むしろ 供給(Provide)⇒利用(Use)⇒再資源化(Recycle) といった流れが21世紀のスタンダードになってきており、そのスタイルに合わせれば「利用省」という呼称の方がピッタリすると思います。我々は消費者ではなく、あくまでごく一時点での資源を利用する者、そんな考え方をどうせならば普及させてもらいたいものです。



別窓 | 政治 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

はてなロクロ

面白いかも。

http://rokuro.hatelabo.jp/


別窓 | New! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

スノーリモ

面白そうだな、コレ。


ゲレンデを楽しもう カナダ発「スキーリモ」登場



skirimo.jpg



誰でもゲレンデを楽しめるカナダ発のスキー道具「スノーリモ」が今シーズン、新潟県の妙高杉ノ原(妙高市)と苗場(湯沢町)の両スキー場に登場した。

 リモは、英語のリムジン(送迎車)の略称。2本のスキー板の上に衝撃をやわらげるサスペンション付きのイスがある。スキー板後部の固定用器具に乗った操縦者がブレーキを操作するなどしてターンする。リフトに載せることもできる。

 10年冬季五輪の開催地カナダ・バンクーバー近郊でスキーインストラクターをするポール・オーガーさん(37)が発案。スキーのできない母親にゲレンデを楽しませたいと思い、約6年がかりで開発したという。日本でのPR活動にスキー場側が応じた。スタッフへの操縦指導のため杉ノ原スキー場に滞在したオーガーさんは「すべての人に雪景色を楽しんで欲しい」と話していた。



別窓 | スポーツ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

日本を代表する会社

テラメント株式会社、出資してみたいなぁ。
アンサイクロペディアより転載。





■概要

2008年1月25日16時12分頃、関東財務局に提出された大量保有報告書によってアステラス製薬、ソニー、三菱重工業、トヨタ自動車、フジテレビジョン、日本電信電話計6 社の株式を51%取得していることが判明し、間宮財閥に匹敵する、日本最大のコングロマリットとして認知された。なお、上記報告書の内容が全体で約20兆円という異例な取引規模となっていることを根拠に、金融庁など一部から取得の事実を疑問視する声があがっていたが、1月27日に至って金融庁が事実関係を確認したと発表した。金融庁は同時に大量保有報告書の訂正を命じていることから、実際の保有比率はさらに高いのではないかという指摘もされている。

従来ほとんど知られていなかったテラメントではあるが、“テラメントの存在は以前から一部の投資家の間で囁かれていた”、“アラブ系ファンドが直近に休眠会社であった同社を買い取りSPC(特定目的会社)として編成しなおしたらしい”といった内容がインターネット上で喧伝されており、同社の動向に期待が集まっている。

また、同社に対して投資スタンスをヒアリングした投資家の情報によると、「購入目的は純投資ではなく、購入企業の会社事業そのものに価値を見出しており長期保有を主眼においている」とのコメントが得られたとのこと。

さらに、買収された企業が日本を代表するメーカーだったにも関わらず、”主要な株主の移動”を把握しておらず、適時開示も実施していないことに対する批判や、未公開企業が多数の上場企業を買収することは、開示という側面から経営の透明性を後退させることに繋がりかねず、そもそも公開企業としての心構えや体制が甘かったのではないかとの論点も提示されている。


■沿革

* 2007年11月12日 - 日本電信電話株式会社の株を51%取得
* 2007年11月12日 - ソニー株式会社の株を51%取得
* 2007年12月10日 - 三菱重工業株式会社の株を51%取得
* 2007年12月10日 - トヨタ自動車の株を51%取得
* 2007年12月10日 - アステラス製薬株式会社の株を51%取得
* 2007年12月10日 - 株式会社フジテレビジョンの株を51%取得
* 2008年01月25日 - 上記6社の大量所有報告書提出
* 2008年01月27日 - 報告書の内容を確認した政府が公式声明を発表


■各社株式の保有目的・重要提案行為の内容

日本を代表する企業の株式を、大規模に保有したという大量保有報告書の重要性を考え、以下にEDINETに掲載された保有目的と重要提案行為の内容を列挙する。

* アステラス製薬

保有目的:「創薬の分野においてはゲノム解析等ITと密接に係わり合いを持つ事が予想される。これら分野に積極的に投資を行いITとの融合を図ることが出来るようにしたい。」/重要提案行為:創薬

(保有株券総数=264,673,000株※51%/単価:5030円)

* ソニー

保有目的:「ITが発展する世の中でソフトウェア、プロセッサの役割は大変重要になっております。現在この領域は米国の企業が牛耳っている状態でありますが、この領域に新たに日本企業として世界標準を展開すべく投資を実行していきたいと考えております。」/重要提案行為:LinaxOS(ママ)の展開と、プロセッサの開発販売

(保有株券総数=511,478,000株※51%/単価:5210円)

* 三菱重工業

保有目的:「宇宙開発、航空分野、及び原子力発電の発展に積極的に寄与したく今回の株式取得に至りました。」/重要提案行為:宇宙開発

(保有株券総数=1,720,561,000株※51%/単価:525円)

* トヨタ自動車

保有目的:「ITは現在自動車分野にまで及ぶに至りました。これらIT分野の発展と更には、自動車は化石燃料以外の新しい分野への発展が見込まれておりますこれら業界に積極低(ママ)に投資を行い真の発展に協力することを目的としております。」/重要提案行為:自動車分野への世界的なIT分野の浸透

(保有株券総数=1,841,099,000株※51%/単価:6340円)

* フジテレビジョン

保有目的:「ITの発展がネットワークを通じて発展していく中放送分野においてもネットワークを通した新しいシステムが創造される昨今、新しい形のコンテンツに対し積極的に投資したく今回の保有に至りました。」/重要提案行為:ネットワークコンテンツの製作

(保有株券総数=1,206,000株※51%/単価:195000円)

* 日本電信電話(NTT)

保有目的:「通信インフラの発展と今後のIT事業の発展に貢献し協力することを目的としている。」/重要提案行為:NGNの推進

(保有株券総数=8,015,000株※51%/単価:500000円)


■今後予想される問題点について

* グループ再編について

同社が経営権を取得した企業はいずれも日本の産業で主要な位置を占めており、今後の同社がどのように経営を行っていくか注目される。

* 政府の干渉について

経済政策を安定的に進める上で、日本を代表する企業の株式を大量取得したテラメント社の存在は不安定要因となる。法の拡大解釈による山口滋氏の逮捕や、資産(6社の株式、残り80兆のオイルマネー)没収など、強権的な対応が想定される。


■グループ企業

一般には上場企業6社の株式取得で初めて注目されたテラメントグループであるが、以前から以下のような世界的に有力な非上場企業株式を密かに取得してグループ化してきたことが知られている。創業家である山口家が月極家や三田家と外戚関係を結んで勢力を拡大してきた結果とされる。


□建築・不動産関係

* 月極駐車場株式会社

日本全国で駐車場等を運営、業界最大手。保有物件に「月極」の看板を掲げている。テラメント資本下のトヨタ自動車との連携が考えられる。

* 株式会社定礎

日本中に大量のビルを保有する日本最大の不動産企業。保有ビルに「定礎」の文字のプレートを入れている。

* 株式会社大家

世界中に借家やアパートやマンションやビルを有する世界最大級の住宅賃貸業・総合ディベロッパー。所有物件数は森ビルを超え世界シェアNo.1。社員数を見ても世界中に数千万人にのぼる上に、IT導入決裁権という巨大利権を有する。日本の定礎、世界の大家と言われるほど。しかしながら、修繕費用なども費用がかさみ、回収できない家賃など不良債権も少なくはないため、今後の会社維持は厳しいとの見解もある。最近では利益率も下がってる上に、土地バブル崩壊によって地方や中央の一部で収益が減少、社員への給料も減り、さらには滞ってる地域もあるため、全国規模で労働トラブルが発生しているとされている。

* 株式会社山口組

建築、解体業、造園業、不動産業など幅広く手がける建築総合業者。解体部門では日本ブレイク工業や住吉組と並ぶシェアを持ち、不動産部門では強引な手法で地上げなども行っている。海外(主にアジア)では軍事兵器などの業務も行っているとされ、特殊な草を栽培するために大規模な農園を所有しているとされている。


□マスコミ・広告関係

* 株式会社ゴランノスポンサー

多くのテレビ番組のスポンサーとして有名。「ゴランノスポンサーの提供でお送りいたします」のアナウンスは有名。テラメント資本下のフジテレビジョンとの連携が考えられる。

* 株式会社フィクションデス

日本の、ほぼすべてのドラマ・アニメ・映画に出資。その影響力はテラメント資本下のNTTとのITを通じて世界を揺るがしかねない。テラメント株式会社自体を呑み込むほどの勢いを持った企業である。

* 回送株式会社

日本全国のバス、タクシー、鉄道の行先表示板に自社広告を表示させるビジネスモデルを独占する。広告表示中は車内照明を消す省エネにも貢献。またout of serviceと言う名前で海外展開もしている。


□テクノロジー関係

* メイド・イン・ジャパン株式会社

日本全国に生産拠点を持ち、電気製品等の生産・販売を行う日本最大の企業。自社ブランドにMADE IN JAPANがあり諸外国でもっとも知名度の高いブランドであるほか、最近、飲食業にも乗りだし日本美少女アニメを源流とした「萌え系」ウエイトレスが接客するメイド喫茶を日本全国に展開している。

* メイド・イン・チャイナ コーポレーション(Made In China Corporation; 中国制造公司)

当初はメイド・イン・ジャパン株式会社の子会社として中国に生産拠点を持ち、電気製品等の生産を行っていた企業。格安製品を売りに全世界に電気製品のみならず食品や製薬まで提供していたが、近年では数多くのトラブルを発生させ問題になった。また数々のブランド製品の生産を扱う一方、正規ライセンスの商品であっても偽物ブランド製品と区別がつかないほど生産技術が低いため、嫌われがちである。また一方で熱心な愛好家もいる。最近、メイド・イン・チャイナブランドの玩具から鉛などが検出され一部営業停止処分を受けた。日本法人名はメイド・イン・チャイナ株式会社。子会社にメイド・イン・コリアがある。

* 株式会社インターネッツ

世界中にデータ通信用のケーブル設備を所有し、その総延長は1000万キロに及ぶとされる。Internetsの回線を利用した通信サービスをその社名から一般に Internet と呼ぶ。世界中の地域ISPへ回線貸与・ドメイン販売を主な業務とする。テラメント資本下のソニーとの連携が考えられる。

* 株式会社ノーブランド

定番製品としてメモリーという形で他社製品よりも格安で販売し、世界中のパソコンなどに導入されていることで有名であったが、近年では携帯電話やデジタルカメラ、ゲーム機業界にも進出。テラメント資本下のソニーや三菱重工業との連携が考えられる。電子機器のほか、手ごろな価格の洋服などの製造・販売も行っている。子会社に無印良品がある。


□運送関係

* 株式会社パナマ船籍

世界最大の海運企業。船舶の保有数世界一を誇る。テラメント資本下の三菱重工業との連携が考えられる。

* 株式会社サンタクロース

国際宅配便の最大手。バイオテクノロジーを活用した緻密な航空配送網を擁し、小包の一斉配送の分野では他社の追随を許さない。


□食品関係


* 株式会社スイーツ(笑)

日本のお菓子産業では、圧倒的なシェアを占めている食品メーカー。特に、働く女性をターゲットに、様々な商品展開をしている。同グループ企業であるフジテレビなどで、通常1分以内のコマーシャルに対して、数十分ものコマーシャルを放映するなど、その資本力は他を圧倒する。


□総合商社

* 株式会社上様

日本で総合的に製品の買い付けを行っている商社。買い付けの商品は数多く、領収書の宛名欄での記載名日本一である。日本の政治団体のほとんどに資金提供を行うほどとなっている。以前は何でもかんでも経費として落としていた為に、一部週刊誌などで「脱税ではないか」という疑惑があがり、コンプライアンスが徹底され、最近では見かける事が少なくなった。国税庁でも「上様では認めない」などと対策を行ったが、同社が国税庁相手に提訴。現在、最高裁判所で争われている。


□解散したグループ企業

* 株式会社ゆとり教育

通称ゆとり教育。教育塾最大手で塾のM&A等も行う。塾のフランチャイズ化を図り、徹底的なコストカットで平成15年には業界トップとなった。小学生のうちから英語教育を行うなどして、NOVAを経営破綻にまで追い込んだ実績も。しかしながら、教育レベルの低下が目立ち平成19年を最後に解散。


別窓 | 小ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

auケータイ春モデル

auの春モデルが発表になりました。infobarなどを擁した前回の秋冬モデルに比べると小粒感は否めませんが、新入学の学生さん向けなのか簡易的な機能を絞った端末が目に付きますね。シンプルコースを想定した端末ラインナップということでしょうか。


とはいえソフトバンクがホワイト学割を出してきて、auのガク割の価格優位性はなくなっています。さらにソフトバンクも春モデル発表をauと同日にぶつけてくる辺り、とりあえず2番手を潰していこうという戦略が明確になってますね。


私はNTTDoCoMoなので、とりあえずサイバーショットケータイSO905iCSが発売になるのを待っていましたが、ドコモの春モデルも一応チェックした方がよさそうですね。いきなりiPhone発売とか、ないよな…?



別窓 | ビジネス | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

お年玉付き年賀はがき当選番号

お年玉付き年賀はがきの当選番号が発表になってますね。
一等商品は意外と豪華で、以下の賞品となっております。結構市場動向を読んでいる売れ筋が並んでいてビックリしました。郵政、変わったのか??でもこの中で欲しいのは唯一 MacBook + iPodRclassic(160GB) だけですが、もう買っちゃったし…


■H.I.S.で行く選べる海外旅行

* デラックスホテルに泊まるハワイ5日間
* 香港ディズニーランド直営ホテルに宿泊!香港4日間
* コアラと一緒に朝ごはん付オーストラリアケアンズ5日間
* スイートルームに泊まるバンコク5日間
* 決定版!内容満載プラン!ラグジュアリーホテルに滞在シンガポール5日間

■シャープ 37V型フルハイビジョン液晶テレビ AQUOS

■MacBook + iPodRclassic(160GB)

■シャープ ウォーターオーブン ヘルシオPro


別窓 | 小ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

フリーダム・ライターズ




アメリカ合衆国は白人、黒人、ヒスパニック、中国系、、と人種のるつぼになっています。それは学校も例外ではなく、それぞれの人種によってグループが形成され、理由もなくいがみ合うような光景がしばしば見られるそうです。日本での仲良しグループ的なコミュニティからは想像もできないような問題をまとめたのは、新米教師の熱意と生徒1人1人の奇跡だったのです。ベストセラーとなったこれら生徒1人1人の物語を記した『フリーダム・ライターズ』をオスカー女優ヒラリー・スワンクの情熱によって映画化したものです。





14-15歳にして生徒たちは過酷な環境下に生きており、18歳まで生きるのが目標、身内に大学に行った人はいないという生徒に対して学ぶとはどういうことかを教えるのは、恐らくベテラン教師ほど難しいでしょう。実際にベテラン教師である科長(教頭)は落第クラスの生徒たちを諦めていて、彼らにコストと時間をかけることは無駄であると考えていました。


それに対して新米教師の主人公エリンは、自らパートタイムでお金を稼ぎながら生徒たちへの教材を買い、ホロコーストやアンネの日記を通じて人種差別による憎しみ合いが何も生まないことを説きます。最初はツッパっていた生徒たちも自らの体験を告白し、この教室にいる全員が同じ境遇にある仲間だと認識することによって明日への希望を見出します。


私たちは根本的に自由なのです。私たちに足枷をしているのは、私は●●だから▲▲しなければならない、といった世間体やコミュニティの常識であり、もっと大きな視点から俯瞰してみるとそれは取るに足らない小さな問題だったりします。


日本でもゴミみたいな教育委員会の建前を打破するような取り組みが始まっています。機会の平等とか足の引っ張り合いをする前に、生徒に対して豊富な選択肢を用意することこそ教師、いや社会人としての我々の務めだと思うのです。



別窓 | Private Eyes | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

火星人発見?

NASAの火星探査機Spiritに火星人らしき姿が写っていたと噂になっています。
その写真はコチラ↓

01.jpg



この火星人はこんな風景の中の一部に写っていたみたいです。


03.jpg



それにしても火星ってスターウォーズの世界みたいなんですね。



別窓 | 小ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

恐竜はどうして滅んだのか?

恐竜が滅んだ謎については隕石が落ちてきて粉塵が舞い上がり、大規模な気候変動が起こって地球が寒冷化したためという説が有名です。その他、哺乳類が恐竜の卵を食べてしまったという説や、植生が変わり被子植物が増加したため恐竜が消化できなくなったといった様々な学説が登場しています。この恐竜の絶滅説は壮大なロマンであり、どの説にも説得力と矛盾点が存在します。


その中で1つ面白いなと思った説が、地球の重力が変わったという説です。恐竜が巨大化できたのは現在の地球よりも重力が小さかったからであり、そのため巨大な恐竜のみ滅び、哺乳類や小型の爬虫類は生き残ったのだということです。そもそも二足歩行する動物は、人間のように足が骨盤から垂直に位置することで身体全体を支えています。ところが恐竜の骨をよくよく観察すると、ティラノサウルスなどは骨盤の横向きに足が位置していることが分かります。すると体重を支えるためには関節に大きな負担がかかるハズです。


直感的に考えると、重力などはずっと不変なものであると考えられます。隕石などの外的要因によってもさほど影響を受けるとは思えず、物理学的にもスーパーコンピュータなどを用いた大掛かりな検証が必要になってくることでしょう。


この重力説が正しいか間違っているかよりも、考え方として生物学の範疇から物理学の分野に視野を広げていることが斬新だと感じます。このような考え方でいけば、生物学だけではなくて地質学や宇宙工学といった分野まで関係してくることでしょう。そうすれば、恐竜という切り口を通して科学の様々な分野に対して興味を持つことができるようになるのです。


恐竜はなぜ滅んだのか?その謎は少なくとも私が生きている間には解けてほしくないですね。私の想像力と好奇心を刺激するような学説が、今後もたくさん出てくることを期待しましょう。



別窓 | 環境 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ラ ラ ラ ライ

小島よしおの次はコレですかね。












別窓 | 小ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

NTT DoCoMoの政治力

NTTドコモがGoogleと包括提携し、まずはドコモのケータイからYouTubeが視聴できるようになりました。今後はiモードのトップページからGoogleモバイル検索ができるようになり、GoogleマップやGmailといったサービスにも順次対応していくようですね。Googleモバイルの検索は正直、エフルートgooモバイルに比べて使い勝手が悪い印象ですが、これを機会にユーザビリティの向上が図られるのでしょうか。


GoogleはAndroidというケータイプラットフォームを開発していますが、NTTドコモはこのAndroidの採用も発表しています。いわゆるGoogleケータイが今後発売されていくことが確実な情勢ですが、一方でAppleともiPhoneの日本発売について交渉しています。iPhoneに関してはプラットフォームがまったく異なり、iモードを搭載することができないハズですが、それでも端末の魅力から強引とも思えるような交渉を行なっているようです。


NTTドコモはWiMAXに関しても、アッカネットワークスと2.5GHz帯の免許取得を目指しましたが、結果として免許を得ることはできませんでした。最近の総務省はNTTの寡占状態を快く思っていないので当然といえば当然の結果なのですが、これだけの政治的な動きを平行して進めるような器用さはこれまでのNTTドコモからは考えられないことです。


今回のGoogleとの提携は、WiMAXがなくともHSDPAなどの3.5Gによって十分な帯域が確保できるという判断でしょう。さらに3.9Gから4Gへとモバイルブロードバンドの高速化が進めば、差別化要素として当然Googleが持つWebアプリは非常に魅力的なキラーコンテンツとなり得ます。


2006年はau、2007年はソフトバンクときて、2008年のモバイル業界の主役はドコモとなるのか、今後の動きに注目していきましょう。



別窓 | Private Eyes | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

フロリダの家から行方不明になった猫、1800kmを旅してテキサスで発見される

フロリダの家から行方不明になった猫、1800kmを旅してテキサスで発見される


ウチの愛猫も荷造りを始めると必ずスーツケースの中に入ってきます。
カワイイ子には旅をさせよ、と言うけれども、可哀相な思いはさせたくないですな。



別窓 | 小ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

無策なMr.¥

日経平均株価が13,000円を割込み、景気低迷の様相を呈してきています。原料高による生活費の上昇と景気停滞による賃金・消費の伸び悩みによって、スタグフレーションが起こっているという懸念もあり、それらの心理的不安が株価を押し下げている印象です。


アメリカのサブプライム・ショックに端を発したこの世界同時株安は、なぜかアメリカよりも日本での影響が大きくなっています。FRBは緊急利下げを行なったものの、日銀は相変わらず様子見を決め込んでいて、中央銀行の執るべきオプションの少なさが混迷に拍車をかけています。


本当に日本経済は危機的状況なのでしょうか?


国会では本質ではまったく大勢に影響を及ぼさないガソリン税制について、アホらしいネーミングまで使って議論しています。その結果2008年度予算案の採決が遅れるなど、今後の経済がさらに混迷しそうな状況にあります。政治的には日本経済が立ち直る見込みは薄そうです。


実際に個別企業毎の適正株価を見極めていくと、日経平均株価は20,000円程度が妥当です。つまり現在は実態価値に比べて非常に安い株価となっているバーゲン状態にあり、アメリカで利下げが行なわれて日本では利下げが行なわれていない現状では、一気に外資のハゲタカ買いが行なわれる可能性が高いです。円安に振れるタイミングで、恐らく押し目買いが膨らむでしょうね。


ゆうちょ銀行などにタダ同然の低金利で預けられた日本国民のナケナシの年金を原資にして、外資のヘッジファンドが円キャリー取引で濡れ手で粟の利益を得るような構図はしばらく続きそうです。この現実に気づかない限り、日本経済の見通しは暗いとしか言いようが無いですね。



別窓 | 政治 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ツチノコ発見

tsuchinoko.jpg



アオジタトカゲという、ニューギニアなどに棲む爬虫類だそうです。1970年代から日本にペットとして持ち込まれたようですが、それに伴って国内でのツチノコ目撃談も急増したらしいですね。


岐阜県辺りにたくさんいるのかも。



別窓 | 小ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

佐藤可士和の超整理術の整理術

佐藤可士和の超整理術


アートディレクターである佐藤可士和さんが率いるSAMURAIのオフィスは、意外なほどスッキリとしています。物理的な空間の整理に始まり、情報の整理、そして思考の整理に至るプロセスが描かれています。恐らくクリエイティブな仕事をしている人よりも、コンサルタントや提案営業といった問題解決の業務に従事している人に有用な本です。


空間の整理に関する方法論のなかでは、優先順位をつけて捨てることを推奨しています。そのバックボーンにはケータイやIT機器の高機能化があり、ライフハック的に最小公倍数な端末を選んでいくセンスが要求されます。ミニマムな構成要素で生産プロセスを仕組み化することが効率的な労働環境を実現します。


情報の整理については、大きな枠から物事を見ることを考えています。自分が所属する組織やコミュニティの論理で考えていては、一般的な評価に繋げることは難しい、他人は自分自身が思うほどに自分に興味がないのです。私の友人にもmixiとGREEでまったく別人格な日記を書いている人がいるのですが、かたや主観的、一方で客観的な内容でフォーカスすることによってバランス感覚が身に付いてくるのではないかと思います。


思考の整理はとにかく自分の頭の中を言語することです。Blogのようなアウトプットツールで自分が考えていることをログに残すことにより、不思議と1つのセンテンスでまとまるというのは私も経験している部分です。たとえ間違っていようと、それをテキストにするプロセスには意味があり、コミュニケーションを取ろうと考えている相手に仮説をぶつけることによって目的が明確になるのです。


1つのプロジェクトが終わったときに、振り返りながら自分の実績を整理するために読み返したい本ですね。



別窓 | Books | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

青森県八戸市の市議会議員・藤川優里さんが美人すぎる

視聴率0.8%のモー娘。なんかより断然カワイイな。

fujikawa.jpg


すでにホームページの鯖落ちてるし。



別窓 | 政治 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Windowsの終焉

“199ドルノート”の安くない中身に迫る――ASUS「Eee PC」

安いだけじゃない、Eee PCが示す次世代PCの姿



EeePCは199ドルノート
として台湾の有力EMS(Electronics Manufacturing Service)であるASUSが発売した小型端末です。Linuxをベースにしており、HDDの代わりにフラッシュメモリを4GB積んでいます。無線LANやメディア機能も一通り入っており、SDメモリカードなどを増設すればストレージも不安はなさそうです。日本ではWindowsXP版で49,800円となっています。ん、199ドルがWindowsをOSにするだけで49,800円=400ドル?価格が倍になってます!!


ASUSはEMSとしてAppleやHP、SONYなどのOEM生産を請け負っているメーカーであり、製品の安定性や品質、性能の高さには定評があります。Linuxであれば普通にブラウザはFirefox、メーラはThunderBird辺りが使えそうですね。すると、Windowsである必然性はほぼなくなってくるわけで、もちろん200ドルを上積みする意味もないです。私はMacを使っていますが、ExcelやWord、PowerPointのファイルなどはGoogleDocsで閲覧・管理することが可能なので不便を感じたことはありません。


つまり、Webにアクセスするプラットフォームさえキチンとできてしまえば、端末側にはそれほどのスペックは必要とされないわけで、大容量HDDやらたくさんのソフトウェアを積んだ高スペックPCは一時代前の大艦巨砲主義になろうとしています。そしてこれらの端末が200ドルでできてしまうのに、Windowsのライセンシーに同じ200ドルを払うのはナンセンスになってきています。


AppleはすでにMacBookAirとTimeCupsuleの登場によって小規模分散型ストレージモデルへの転換を図り、PCだけではなく様々な端末から情報にアクセスするライフスタイルを提案するような家電メーカーに変貌しています。恐らくMacBookAirの端末価格は劇的に下げられるでしょうし、それに伴って80GBのHDDや端末のソフトウェアも削減されることでしょう。むしろiPhoneやiPodTouch、AppleTVのインターフェースが進化してPC側と融合するのかもしれません。


正直、私のプライベートライフではWindowsはすでに必要ありません。ビジネスではまだスタンダードとなっているだけにWindowsは手放せませんが、多くの人が気づいたときに、もしかしたら恐竜が滅びていくのかもしれませんね。



別窓 | Private Eyes | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

給与振込でマイルを貯める方法

メインバンクを新生銀行からスルガ銀行に変更しました。それは、マイルが溜まるからです。


スルガ銀行ANA支店


スルガ銀行ANA支店はANAマイレージクラブと提携したネットバンクであり、給与振込口座に指定することで 50mile/月、電気水道ガスなどの公共料金振替で 10mile/月・件、 クレジットカードなどの振替口座に指定すると 5mile/月・件 が貯まります。つまり、給与振込で 600mile、電気水道ガスで 360mile、 クレジットカードが2枚で 120mile ということで年間約 1,000mile を貯めることができます。


私自身のライフスタイルから言えば、すでにEdyとクレジットカードのマイレージで 2,000mile/月 程度貯めてますので、さらにタダもらいできるマイルが増えることになります。また日中帯はコンビニのATMが無料で使えるので、引き出しなどに困ることもあまりなさそうです。


これまで使っていた新生銀行は、2003年に登場した当初は各種手数料が無料で画期的でしたが、今となっては各銀行でそれが当たり前になってきて、さらに振込手数料無料が月3回までに制限されてしまったためにほとんどメインバンクとして利用する意味がなくなってきました。


ゼロから付加価値の時代へ、金融機関もサービス競争が加速してきましたね。



別窓 | ビジネス | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

またアサヒった?



asahi.com「iPod課金検討」報道、文化庁「事実に反する」と抗議


事実を歪曲して報道するような記事にこそ、罰金を課した方が良いと思うんですが。


アサヒる とは



別窓 | 小ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Google Screensaver

Google Screensaver が使えます。今のところ、英語版しかないのですが、PicasaflickrのオンラインアルバムからRSSを読み込んでスクリーンセーバーとして表示することができます。


例えばPicasaに自分のお気に入り写真をUpして、それをスクリーンセーバーとして使う方法は普通に考えられます。さらに、じぃさんばぁさんのPCにこっそりこのGoogle Screensaverをセットして、オンラインアルバムに孫の写真をUpしていけば、いきなり画面に孫の成長した姿が登場するなんてシーンを演出することが出来ます。


WiFiとRSSに対応したフォトフレームであれば、置いておくだけでどんどん新しい画像を表示できたりしますから、会社の机の上に置いたり、販促に使ったりも出来るかもしれません。


インターフェースはシンプルに、最新のWebサービスを上手く利用したいですね。



別窓 | Private Eyes | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨

東京大神宮

20080117115236



正月から連続して大吉!

まぁオイラの人生は常に大吉なんだけど。
別窓 | 小ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

地道と近道

1ヶ月間だけ、思い切りがんばれば。


「地道な努力」よりも、はるかに人生を好転させる努力の仕方



2つのエントリを読んで感じるのは、地道な努力なくして近道はあり得ないということです。

ハゲタカエンジニアは、その工作機械の複雑怪奇な構造を理解できるだけの高度な知能と知識とセンスを持っていたので、どこが故障しているのかを5分で突き止め、5分で修理した。

その高度な知能とセンスを得るためには地道な努力が必要です。

今日の努力が実を結ぶのは、だいたい1年後。のんびり行くしかないですよ。


1年後にベクトルがずれていたことが判明して、その修正のためにまた時間がかかりそうです。


というような後付けでの論理矛盾を突いていっても仕方ないので、ココは私らしい考え方をしていきたいと思います。

たとえば、英語力を向上させたければ、毎日地道に英会話教材をコツコツ勉強するなんて、能率が悪すぎる。自分を熱くさせるような議論が英語で行われている空間や集団を見つけて思い切ってそこに深くコミットしてしまった方が、はるかに能率よく、しかも、実践的な英語力が身につく。

という例でいえば、
 地道な努力 = 英語の教科書を1ページ目から丁寧に学習していく
 近道な努力 = 英語のディスカッションに参加する
という図式になりますが、その場合はハイブリットに行なうのが最も有効でしょう。つまり、教科書で覚えた用法をディスカッションにぶつけて、早めに失敗してベクトルを修正する。そのようなセルフPlan-Do-Check-Actionサイクルをこまめにまわしていくことによって自分自身の中にノウハウやナレッジが貯まります。そしてこんなもんはOJTという形でどんな職場でも日常茶飯事に行なわれていることです。


このとき最も大事なのは、いつの間にか出来るようになっていた自分について、いつどこでどのような瞬間に急激にできるようになったのか、その瞬間をキチンと把握することです。物事が落ち着いた段階でじっくりと振り返る時間を持ち、自分自身の成功方程式を確立することに意味があります。


ある祈祷師は、踊りを踊ることで100%確実に雨を降らすことができるそうです。それは、雨が降るまで踊り続けるからです。ただし、この祈祷師もサハラ砂漠で踊ろうとは決して思わないでしょう。砂漠=雨がほとんど降らない というナレッジは教科書で勉強した内容を実地で検証することで 砂漠では踊らない というベクトルに昇華することができるのです。しかし本当に雨を欲するニーズは砂漠の方があったりするわけです。


先行事例の多い教科書的なレッドオーシャンで地道な努力をする場合と、未知の要素が大きいブルーオーシャンで近道の努力を画策する場合を比べるのはナンセンスですね。リスクとリターンのバランスの問題であって、リスクを取らない地道な努力くんもリターンばかり追い求める近道の努力さんも、価値観次第で自分が機嫌良くいられる海にいれば良いのだと思います。



別窓 | 真面目 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

空気とタイムカプセルと

MacWorldの Steve Jobs の基調講演で、薄型A4ノート MacBook Air が発表されました。


mbair_3q_m.jpg



スペック的には現行のMacBookと大差なく、むしろコストパフォーマンス的には現行MacBookのスゴさが浮き彫りになった格好ですね。インターフェースをUSB×1、DVI×1に絞り込んでいるのも、Air=無線で様々な用途に対応できる自信の表れでしょう。とはいえ個人的にはA4よりもB5、価格も20万円を切るようなレベルを期待していただけに、有機ELやWiMAXの動向を踏まえて今回は購入は見送る方向です。


それよりも私が興味を持ったのが、 Time Cupsule です。大容量HDDとWiFiステーションの機能を持ったバックアップ装置ですが、この存在はユーザのPC利用スタイルを一新させる可能性を秘めています。これさえあれば端末側に記録デバイスを搭載する必要がなくなりますから、シンクライアント的な簡易端末で十分です。そもそもPCだけではなくて iPod Touch やWiFi対応のソフトフォンからのアクセスも考えられます。


MacBook Air だけでは、正直まだWiFi環境が整備されていない日本市場では厳しいでしょうが、Time Cupsule や Apple TV のような小規模分散型コンテンツストレージの普及が進めば、面白い展開になりそうですね。



別窓 | New! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

相思相愛2

帰宅するとAmazonから小包が届いていました。開けてみると、小さな紙製のピンク色のパッケージの中に1枚のCDが入っていました。そう、忘れていたんですが正月に予約したBankBandの2ndアルバム『沿志奏逢2』が発売になったのでした!





「相思相愛という言葉が浮かんで、これを当て字にしたらどうなるかなぁ、と、そこから生まれた『沿志奏逢』だったんです」とは櫻井和寿氏のコメントですが、"志"=音楽でECOに貢献する に"沿"って曲を"奏"で続け、ファンに"逢"いにいく という意味が感じられる素敵な言葉ですね。その流れを受け継いで、『沿志奏逢2』はリリースされたわけです。


昨今大流行のカバーアルバムは、とにかく売れた曲を詰め込んだというイメージですが、このアルバムには決してメジャーではないけれど明確なメッセージが込められた名曲が揃っています。そこに「toU」「はるまついぶき」「よく来たね」といったオリジナル曲が収録され、ゆるやかなリズムの中に壮大な世界観を感じる仕上がりとなっています。


まずは無意識にCDを買って、ECOを意識することからはじめてみましょうか。



別窓 | New! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

年収1億か、魂焦がせる仕事か

書名はイマイチですが、内容は若手ビジネスパーソンには是非読んでもらいたいです。


デキる人は皆やっている 一流のキャリアメイク術


外資系投資銀行 ⇒ 起業 ⇒ ベンチャーキャピタル ⇒ 独立 と独特のキャリアを重ねる著者が33歳の現在で書いた、等身大のキャリア論です。投資銀行で黙って10年も勤めていれば年収1億円を達成できたハズなのに、どうして敢えてその予定調和の道を外れて自分自身でキャリアを形成する道を選んだのか、試行錯誤の軌跡が感じられる内容となっています。


一般的なキャリア本といえば、

①明らかに仕事や人生に成功した年配の方の回顧録

②人材キャリアコンサルトなどのプロフェッショナル

③自己啓発セミナーを生業としている人

といったバックグラウンドを持っている人々がほとんどです。そこにはあくまで客観でしかない、ともすれば説教じみた内容が並びがちですが、この本には主観を交えて現在進行形でこれから30年のキャリアをどうしていこうかという、著者の思いが込められているので同じくキャリア形成に悩む仲間として、20-30代の若手ビジネスパーソンに響きます。


・今の瞬間が一番若い

・先が見えていないことの不安と次に何が起こるんだろうというワクワク感

・「何を社会にしたいのか」を考える

といった部分について、私自身も非常に共鳴した考えを持っています。年収1億円よりも価値のあるこれらの感覚について、考えさせられるきっかけを与えてくれる良書です。



別窓 | Books | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

スティーブ・ジョブスからのメッセージ

Apple CEO の Steve Jobs が2005年、Stanford の卒業講演で述べた内容が字幕付きでUPされました。15分弱の講演の中に、ジョブスの人生を通じた3つの金言が入っています。これを知っているのと知らないのでは、今後の人生観に明らかな差が出るでしょうね。






15日にはMacWorldが開催され、また新しいジョブス節が聞けることでしょう。楽しみです。




別窓 | ビジネス | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

diNovo mini

ロジクールから近未来型キーボードが発売されます。


ロジクール、パームサイズのBluetoothキーボード「diNovo Mini」を発売

ソファーからエンターテインメントPCをコントロール
2通りの使い方ができるクリックパッドで簡単操作に


リビングのTVがPCに置き換わっていくと、2004年のCESでかのビル・ゲイツ氏も言っていましたが、4年経った現在でもTVはリビングの主役の座を維持しています。それは、キーボード+マウスという現在のユーザインターフェースがネックとなって、リビングのソファでPC作業を行なうというライフスタイルを想起できなかったからです。


Nintendo Wii はこのユーザインターフェースを刷新したことで、約1千万台の爆発的な普及を可能としました。ゲームだけではなくて音楽やビデオ編集も楽しめるPCならばさらに普遍的な使い方が可能ですから、ユーザインタフェースを変えれば普及することは自明の課題でした。


恐らくこの diNovo Mini のような、指先で操作するサイズのキーボードは日本向きなカンジがします。ケータイの操作に慣れた親指世代こそ、直感的に操作できるこのようなインターフェースを待っているに違いありません。


ブラインドタッチやキーボードのショートカットを必死に覚えた我々以上の年代は、旧世代になってしまうんですかね。。



別窓 | Private Eyes
∧top | under∨

新興宗教のビジネスモデル

新興宗教というと、どんなイメージをお持ちでしょうか?この本では、天理教、大本、生長の家、天照皇大神宮教、璽宇、立正佼成会、霊友会、創価学会、世界救世教、神慈秀明会、真光系教団、PL教団、真如苑、GLAといった戦後に認可を受けた宗教団体を取り上げています。


日本の10大新宗教 (幻冬舎新書 し 5-1)


単純な感想としては、『新興宗教は優れたビジネスモデルだな』ということです。非課税、継続的なコミットメントが見込めるといった企業にとってはうらやましいような要素を持ちつつ、地域コミュニティや心理療法によって所属員の精神状態も安定させることができるわけですから、メンタルヘルスで悩まされている現代企業よりもゴーイングコンサーンな組織と言えます。


もちろん私の友人でも4-5人は信者だったりしますし、その存在を否定することはありませんが、なんとなく取っ付きにくい存在だと思っていたことは確かです。ただ宗教性を利用してエコロジーな観点からボトムアップ型のムーブメントを起こせる可能性も感じます。神道系の宗派などはまさしく自然崇拝によって人間社会との調和を図ることを教義としていますし、仏教系の宗派でも生き物や自然を大切にすることが説かれています。


そもそも欧米と日本のCSRへの取組み方は違っていて、欧米はノブレスオブリージュのような清教徒的な義務感から社会的活動に参加することが多いですが、日本は広報や企業イメージの観点から体面を気にして行なっているに過ぎないという印象です。だからこそ温室効果ガス削減についても、-8%の削減目標を前倒しで達成したEUと-6%の削減目標に未だ手つかずの日本という主体性の差が如実に現れているわけです。


農耕民族たる日本の国民性ではあくまで主体的な参加が見込めないのであれば、このような宗教というツールを使って参加を促すのは1つの手かもしれませんね。仏法は勝負なんて、頼もしいじゃないですか。



別窓 | Books | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

夜カフェ

最近ハマっているのは夜お茶ですね。なんて田中美保ちゃんのCMでもないですが、夜カフェに行くことが多くなりました。読書やPC作業が貯まっているときなどは、カフェで集中的に作業をこなすようにしています。


イーモバイル公衆無線LANの導入で、街中ドコでもブロードバンドに繋がる環境になりましたし、私はなぜかカフェなど外の方が集中できる人間なので、相棒のMacBookを片手に作業に没頭する姿を見かけたら放っておいてもらえれば幸いです。私の三軒茶屋ラボの近くにもお気に入りのカフェがあって、百式で紹介されちゃったりしていますが、やっぱりクリエイティブなアイデアというのはカフェで生まれるのが密かなトレンドかもしれませんね。


今のところ抱えている案件としては、結婚式用スライド2件、QRコード向けWebサイト1件、DVD編集2件…がんばります。



別窓 | IT | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

SNSで嫌われる11の行為

1.他の企業や個人の中傷に走る
2.許可なく第三者の名前を持ち出す
3.自分の人脈を誇張して語る
4.露骨な求職活動を展開する
5.相手からの返答をスパムメールのごとく求める
6.ネットワーキング活動を消極的なものでお茶を濁す
7.ネットワーキング世界で求められた要請に考えなしで応じる
8.交友関係の維持に心を尽くさない
9.他人の時間を無駄にさせても何ら気に病まない
10.交友関係を壊しかねない行為に走る
11.一方通行的なネットワーキングの使用法をする

...だそうです。ソーシャルネットワーキングで鼻つまみ者にされる11種類の行為より。


SNSで求職活動をするのはアメリカ独自の仕様でしょうか?まぁ日本でもmixiはFindJobを持ってますが。基本的なネチケットレベルでの問題もあったりして、バーチャルの限界点といえばそれまでなんですが、最近のmixiなどのカオスっぷりを見るとあながち的外れとはいえませんね。


個人的にどーしようもないと思うのは、「○○を教えてください!」とか「▲▲できません><」とか、まず自分でググることもせずに安易にネット上の他人に頼ることです。私の場合だと「一番美味しいラーメンを教えてください」とかよくあるんですが、その人を知らないのに味覚という属人的なファクターに関してアドバイスできるわけがありません。というか「一番美味しい」いう表現もナンセンスというか(以下略


SNSを使って思考停止しているようであれば、すぐに退会した方がよいですね。その時間を自分の足でラーメン屋に行って、好みの1杯を見つけるという行動に使った方がよっぽど人生が豊かになりますよ。



別窓 | Private Eyes | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

本物と偽物

幻冬舎社長の見城さんの言葉に、面白い表現がありました。


「作家は作品を生み出す"本物"であって、編集者はその作品に味付けをする"偽物"である。偽物は偽物らしく、とにかく努力して本物をプロデュースするしかない。」というようなことをおっしゃっていたのですが、一般化すれば クリエイター=本物 ディレクター=偽物 ということになります。


同様のことを最近、佐藤悦子さんからも伺いました。


「佐藤可士和という稀代のクリエイターを支えるために、彼が集中・没頭できる環境を整えることが私の仕事だ。」というようなことをおっしゃっていて、同席した箭内さんから『カリスマ一般人』という称号をもらっていたことが印象的でした。


つまり、世の中には 0⇒1を生み出す"本物" と 1⇒100に育てる"偽物" がいて、それぞれの役割に応じて特性を最大化させるような協力関係が理想的な作品を作り上げるということでしょうか。そしてそれはたぶんどんな事業においても当てはまることだと思います。


本物=社長 のビジネスプランを 偽物=社員 が一丸となって大きく育てる、そんな組織が理想なのでしょうね。社長がいつまでも営業の現場や社内の管理業務にリソースを割いているような組織は確かに伸び悩むと思います。社長は遊んでいるように見えますが、ビジネスプランを練るために脳みそに汗をかいているのです。そう信じましょう。。



別窓 | 小ネタ | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

人間の価値は賃金のみで決まる

こんなコラムがありました。

【赤木智弘の眼光紙背】第14回:今年も流れは変わらないのか
かつてライブドアを率いていた堀江貴文は、その絶頂期に「世の中にカネで買えないものなんて、あるわけがない」というセリフを残している。この言葉に対し、当時の世間は「すべてカネで買えるなどと、傲慢極まりない」と、大きく反発した。
 しかし、この言葉にはもう少し続きがある。
 「カネで買えないものは差別につながる。血筋、家柄、毛並み。世界で唯一、カネだけが無色透明でフェアな基準ではないか」。*1
 すなわち「金で買える」というのは、色のつかないフェアな計測基準としてのカネである。そしてこの「カネ」を「賃金」と読み替えれば、まさに賃金は「人間そのものの価値に対する査定」となる。つまり、より多くの賃金を得ている人間は、賃金を得ていない人間よりも偉いのだ。



このような話を聞くと脊髄反射で「人間の価値は金じゃない」とか非難する人が多いですが、その先鞭に立っているマスコミや高齢者なんかは賃金ヒエラルキーの中では頂点に位置するわけで、その非難こそ既得権を守りたいという保守的な感情に支配されていることが多いです。


果たして賃金が本当に人間の価値になるのか?健全な資本主義社会においては、社会に対して高い貢献をしている人間に対して高い賃金が支払われることはまっとうであり、皆の納得感も高いことでしょう。不公平感が生じるのは、たいした貢献度もないのに高い報酬を得ている人間が目立つからに他ありません。


競馬の安藤勝己騎手はもともと地方競馬の騎手で、その頃から豪腕で有名でした。中央競馬に移籍し、昨年はGIを6勝するなど大活躍している超一流ジョッキーです。恐らく本質的な価値である、騎乗に関しては体力的にも若かった地方競馬時代の方が数も乗れましたし価値は高かったに違いありません。しかし、地方競馬と中央競馬の賞金の規模は100倍程度あり、つまり彼が稼ぐ報酬も中央競馬に移籍した後の方が格段に高かったということで、賃金がその人の価値を示しているとはいい難いです。


これらの例から推測するに、報酬とは社会に与える影響力の多寡によって決まるといえます。中央競馬のGIレースの方が当然地方競馬よりも注目度が高いわけですし、馬券を買っているファンも多いことでしょう。マスコミでも全国紙の方が地方紙よりも影響力が大きいから賃金も高くなるわけで、大企業の方が市場に与える影響力が大きいから平均賃金が高くなるといえます。


すると、この影響力というファクターを最大限に発揮できる職業を選ぶことが賃金を増大させる唯一の道であり、その影響力を増加させる媒体として既得権益を利用することが賢明な方法といえそうです。そういう意味で賃金によって示されるのはその人の要領のよさかもしれませんね。



別窓 | 小ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ググレカス

ググレカス(Gugurecus, 生没年未詳)は、古代ローマの思想家。

帝政ローマの時代に現在のアルバニアあたりで生まれたといわれている。父は役人で、家の巨大な書斎にはあらゆる本が並べられていた。このため物心ついた頃から興味を持ったものは何でも検索する習慣がつき、13歳頃からはほぼ一日中図書館で過ごすようになった。それ以来さまざまな発見をしては、それを地元の図書館で検索するという日々を続けていた。

だが20代になると、故郷の図書館の蔵書はすべて制覇したのか、図書館通いに飽きてしまいローマに移住する。ローマでも毎日多くの事柄を発見しては図書館で検索しており、その探究心と教養を買われて役人として出世する。何でも知っていたググレカスは人々の注目を集めたが、やがて図書館で少し調べればわかるような事柄を質問されると即座に「ググれカス」という返答をすることが習慣となってしまった。このため人々の反感を買い、ググレカスはローマで孤独に一生を終えた。

当時の人々からは憎まれたが、人が多様な物事に興味関心を持つことの自然さや、それらの物事について検索する楽しみを見出した思想家として知られている。 なお、その祖父、モックーログ(mokuron 生没年未詳)は、脳の構造に目録がにていることを発見し、それが意志を持つのではないかと警戒した。




というわけで、Googleで調べる=ググる という行動が一般的になっている今日この頃ですが、この知識のコモディティ化をキチンと享受している人は必ずしも多くないというのが私の実感です。カオス状態になっている新聞の投稿欄やサーバ容量の無駄遣いとしか思えないポータルの質問ページなど、ググる以前レベルの質問が多いのが目につきます。


OECDでの日本人の学力低下は顕著であり、特に応用力分野でのゆとり教育の影響は深刻です。ググるという行動でいえば、検索するべきワードが思い浮かばないといったカンジでしょうか。つまり語彙力の欠如が根本原因であって、自分の感情を「スゴい」とか「ヤバい」といった一括りの言葉でしか表現できなくなってしまったわけです。


それをケータイ文化だとかTVの見過ぎだとか、訳知り顔で否定する気もありません。語彙力なんてものは毎日新聞を読むとか読書をするといった行動パターンを樹立すれば、すぐに増加するものだと考えていますので、生活時間でのプライオリティを変える必要性を感じれば解決する問題だといえます。


逆に言えば、これだけ金融市場が発達すれば数学的リテラシーを持っていた方が情報の非対称性において優位に立つことができますし、科学的リテラシーがあれば今後直面するであろうエネルギー問題やユビキタス社会の潮流に対応することができます。


とりあえず1日1語、新しい言葉を見つけたらググる という行動指針を立てれば、自ずと役に立つ情報が耳に入ってくるようになると思いますよ。




別窓 | Private Eyes | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

さあ、才能に目覚めよう

正月ということである程度時間があり、また30歳の節目でもあることから自分自身の強みについて再定義を行なうことにしました。ストレングス・ファインダーというツールを使って、私が重要視する価値観を明らかにしました。


さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす


人間には誰しも強みと弱みがあり、それは生まれ持った遺伝的要素やだいたい15歳くらいまでの経験から感じたこと、つまり才能という形で先天的に決まるものです。この才能について正確に把握していることはないものの、何となく自分は向いているというような感覚で職業や趣味嗜好を選択していると思います。


就職試験のときによくあるSPIは主に性格診断といった適性検査の意味合いが強く、そもそも企業というのはどんな業務にも対応できるゼネラリストタイプを求めますから"突飛な選択"をしなければ良い、といった減点方式の試験であってあまり実際には役に立たないことが多いです。


一方でこのストレングス・ファインダーは性格よりもむしろ価値観を診断するツールで、その人が人生を最も快適に過ごすために重視すべき強みを示しています。つまり注力すべきポジティブファクターを明らかにするツールであり、34の一般的な強みの中からその人が特に重視している5つの強みを指摘してくれます。逆にいえば他の29分野に関してはそれほど得意ではない弱みですので、伸ばそうとしても多大なエネルギーが要る等のネガティブファクターとして参考になります。


ちなみに私の強みは以下の5つでした。

■Maximizer/最上志向
最上志向という資質を持つ人は、強みを利用して、平均的ではなく最高の水準を、個人ないしは集団において追求します。単なる強みを最高レベルのものに変えようとします。

■Ideation/着想

着想という資質を持つ人は、新しいアイデアを考えるのが大好きです。全く異なる現象に見えるものの間に、関連性を見出すことができます。

■Strategic/戦略性
戦略性という資質を持つ人は、目的に向かうための選択肢を想定することができます。いかなる想定に直面しようとも、適切なパターンと問題点を直ちに予測することができます。

■Adaptability/適応性
適応性という資質を持つ人は、「流れに沿って進む」ことを好みます。「今」を大切にし、それぞれの時点で進む方向をひとつずつ選択することにより、将来を見極めます。

■Relator/親密性
親密性という資質を持つ人は、他人との緊密な関係を楽しみます。目標達成のために友人と努力することから、大きな満足感を得ます。


恐らく私をよく知っている皆さんにとっては納得できる強みなのではないでしょうか。凝り性なので完成度が高い仕事をしなければ満足できませんし、新しい発想を取り込むのは大好きです。あまり段取りやスケジュールをキッチリ決めずに、いくつか事前に選択肢を調べておいてその場その場でアドリブで行動することを好みますし、八方美人というよりは狭く深く付き合うタイプです。


もちろん強みというのは診断の時点でのその人の立場や環境によって変化するものだと思います。なのである程度定期的に診断する必要があるといえますが、それだけに自分自身の価値観に変化があるかどうか調べることにも役立ちそうです。自分の強みにリソースを集中し、足りない部分は他の人と協力することで補っていければ、素晴らしい成果を残すことができるのではないでしょうか。



これで百戦危うからず? - 書評 - さあ、才能に目覚めよう



別窓 | Books | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

謹賀新年2008

NEC_0074.jpg




明けましておめでとうございます。


年頭に目標を立てたり、何かを始めるといったことは私の30年の人生経験から続かないことが明らかですので、とりあえず今年も「機嫌がよい」ことを最優先でいきたいと思います。昨年辺りから思考回路が「弱点を補強する」のではなく、「強みを磨く」という方向性に落ち着いてきたので、今年もその路線で攻めていきたいと考えております。


そうそう、今年からちょっと年賀状に工夫を施してみました。昨年までは年賀状なんて社交辞令的で単にプリントしたはがきを出すことにあまり意味を感じていなかったのですが、年末年始の皆さんがある程度余裕がある時期に親交のある皆さんにプレゼンできるツールであると考え方を変えて、ITを交えたつくり方を考案してみました。上手くいけば商売にできるかも。


まあまあ周囲が騒がしい昨今ですが、相変わらずマイペースでいきたいと思います。そんなわけで今年も何とぞよろしくお願い申し上げます。



別窓 | 真面目 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。