株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ゴルフ場の今昔物語

ゴルフ場といえば自然破壊の象徴的な場所として、オイラ自身も長くネガティブなイメージを持っていました。山裾を切り開いて丸坊主になった姿を観ると、なんだか悲しくなってきたものです。最近になって、ゴルフ場が実は里山保全に役立っているのではないかということが言われ始めています。


一昔前なら農薬をジャンジャン蒔いて、という管理方法が芝の品種改良などによってさほど人の手を加える必要がなくなってきており、それにより小動物や野鳥の住処として安全な場所に変貌しているらしいのです。実際、水場なんかもあるのでタヌキなどはよく出没するみたいですし、モグラは以前はコースを荒らす害獣として駆除されていたのがスギの葉などの針葉樹に撃退効果があることが分かり、むやみに殺すことはしなくなったということです。


ゴルフ場はその形態から回廊のように繋がっており、動物は林に沿って移動することができます。またプレーしている人以外は危害を加えるような人間の姿が見当たらない、動物にとって住み心地のよい場所になっているようですね。実際に里山なんかもその保全のためには大変な労力が必要です。ゴルフ場のように特定目的で運営されているのであれば、適正管理が行き届いた形で動物にとってもやさしい植生が保たれるのでしょう。


それにしても、動物はたくましいですね。人間の造った造成地で共存できる方法を自ら作り上げていく、そんな動物の生態を観察しにゴルフ場に行くのも面白いかもしれません。まぁゴルフはまったくやらないのでどんなシステムになっているのか分からないのですが。。


スポンサーサイト

別窓 | 環境 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ゼットン

20080429141245



我が地元・池袋にこんなスペックのつけめんが登場したことに驚きました!場所柄、大勝軒系がデファクトスタンダードになっている中、自家製中太麺で「麺を食わせる」店は珍しいです。麺のぬめりをちゃんと洗ったり、チャーシューは提供の直前で切ったり、細かいパフォーマンスレベルも完璧で、恐らくご主人も相当食べ歩いたんだと思います。


難点はとにかく混んでいること!オイラが行ったときでも1時間待ちましたし、暇つぶし道具は必須でしょう。また割り箸が安っぽいので割ると粉が出るのも変えた方がよさそうです。まぁ別にこの辺は本質的価値には関係ないので、サービスが洗練されてくれば解消することでしょう。


最近は食べ歩いててもこれ!という店がなく、結局老舗に戻るという保守的なラーメンライフを送っていたのですが、ようやく巡り会えました。オイラがBlogに書くぐらいですから、相当にオススメであることは間違いありませんよ。




別窓 | グルメ | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

欽ちゃんへの違和感

長野での聖火リレー中に物が投げ込まれたことを受けての「欽ちゃんが走ってるときくらいは平和にしてもらいたい」というコメントに対する違和感。さすがに欽ちゃんは空気を読んでいないと思ってしまいました。本来は名司会者であり、仮装大賞では審査員に情状酌量を乞う姿には子供ながらに空気が読めるおっちゃんだと思ってました。


オイラ自身も聖火リレーを妨害する行為は捕鯨反対のパフォーマンスと同列の悪ノリであって、本質的に無意味な行動であると思っています。それでもさすがにチベットの問題を知らないかのように、自分の走っている時だけは平和であってほしいとは、ムシの良すぎるコメントに感じたわけです。


そもそも欽ちゃん球団で極楽山本の話題が出てきていたときにも、偽善的なコメントばかりで幻滅しました。ちょっと話題が少なくなると山本復帰を示唆するようなコメントを出したり、話題性のあるモノは何でも利用しようとするあざとさを感じました。


あの欽ちゃんが既得権を守る汚らしい老人にしか見えなくなっているのは非常に残念です。

別窓 | 小ネタ | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

上場、もはや目標に非ず

日経ビジネスに気になる記事があったのでPickUp

「5月も新規上場予定の企業が1社しかない」──。
異常な事態に市場関係者は驚きを隠せない。2002年度から増加基調にあったIPO(新規株式公開)の企業数は、2006年度の187社をピークに急減。2007年度は9年ぶりに100社を割り込んだ。その傾向は2008年に入っても続き、4月の新規上場はたったの1社。5月予定は4月21日にようやく1社目が現れたものの、ゼロになるのではないかという憶測も飛び交った。



2006年頃まではIPOといえば株式市場の花形であり、新興企業の経営者にとっては一種のステイタスでした。中にはIPO直後に持ち株を売り抜けたり事業を売却してしまったり、上場=ゴール みたいな考え方で本来の意味を履き違えているところもありましたが、概ね事業拡大のための人材と資金というリソースを効率的に獲得する手段として、企業体力を増強するために行なわれていました。


ところが資金面では金融機関が法人融資を積極化し始めた結果、中小企業でも以前に比べて容易に資金調達できるようになりました。金融機関の審査が通るのであれば、VCなどのリスクマネーに頼ったりして急いで上場する理由がなくなります。また人材面に関しては、上場非上場の違いというのがあまり影響を与えないような売り手市場になっていることもあり、上場/非上場に関わらず名前が売れていない中小企業全般で採用が厳しい状況です。

株価低迷でチャンスを逸した上場予備軍の企業が、相場回復を身を低くして待っている。これが、IPO急減の背景にあると考えがち。しかし、実態は異なる。中小、ベンチャー企業の意識には明らかな変革が起きているのだ。



これらIPOに対するネガティブな印象は、ライブドアや村上ファンドから続く新興市場への不信とスティールパートナーズをはじめとした外資系ファンドの跳梁から来ていると考えられます。上場したところで「モノ言う株主」やらプロキシファイトによって経営の独立性が脅かされるのであれば、上場するメリットよりもデメリットの方が大きくなるという判断です。


実際の企業経営にとっては、配当などを求める短期的なリスクマネーというのは資本の流動性を高めることには繋がりますが、中長期的な戦略を実行していくための足かせになりかねません。本来であれば結果が出るのに2-3年かかるようなプロジェクトに対して短期的な結果が要求されるようになれば、大きく果実が実る前の青い段階で収穫してしまうことになってしまいます。また上場することによって義務づけられる内部統制や株式の電子化といったコストもバカになりません。


昨今のトレンドは明らかにスモールビジネスによる非上場モデルでの「自分の好きなことをやる」起業です。本業として企業に属しながら、副業としてスタートアップするケースも増えています。上場を目指すとなると、やはり“社会を変える”や“イノベーションを起こす”といった大上段からのアプローチになりがちですが、スモールビジネスであれば身の丈にあった日常的な不都合を解消するようなニッチな事業モデルが中心となります。


マクロ的に見れば、ニーズや価値観の多様化に伴ってスモールビジネス型のバラエティに富んだビジネスモデルが爆発的に増加していくことは明白です。単一のビジネスモデルによって規模を拡大するという大量生産大量消費モデルというのはリスクが高すぎて継続性が担保できないでしょう。


上場、もはや目標にあらず。株主から広く資本を集めてリスクを分散させるという本来の株式会社の仕組みが、変化の時代にあって逆に足かせとなりつつあります。資本主義を超えた企業のあり方が模索されている現在こそ、持続可能なアメーバ経営が必要なのでしょうね。


未来をつくる資本主義 世界の難問をビジネスは解決できるか [DIPシリーズ]
スチュアート・L・ハート
英治出版 ( 2008-03-18 )
ISBN: 9784862760210
おすすめ度:アマゾンおすすめ度
Powered by mediamarker




別窓 | ビジネス | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

長野聖火リレーに欽ちゃんを超える大物が

長野の聖火リレーにエガちゃん登場!
タイツ姿でフツーに溶け込んでます。

egashira.jpg



いつラジオのネタになるのか、楽しみです。



別窓 | 小ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

サービス・イノベーション

日本の製造業の生産性は世界一であり、自動車をはじめとした Made in Japan 製品の性能が海外から高く評価されているからこそ世界第二位のGDPを誇る経済規模を誇る国になれました。一方で第三次産業であるサービス業では、日本の生産性はアメリカに比べて60–70%程度と言われています。確かに、ホワイトカラーは毎日遅くまで残業しているのに何の成果を出しているのかと聞かれれば、特にアピールできる仕事がないというのがほとんどでしょう。


具体的な業種でいえば、第三次産業とは金融・証券・保険、医療、教育、小売り・流通、飲食、娯楽・観光、物流・運輸、交通、情報・通信・放送・出版、不動産・レンタル・リースが該当します。もちろん業種間にも違いはあるのですが、どの業界でも大規模な再編劇が起こっているところを見るとなかなか非効率な部分が多く残っているように思えます。


一方で第三次産業の中でも、非常に生産性の高い分野があったりします。例えば流通セクターではコンビニなどは、単品管理やドミナント方式といった独自の経営方式によって高い生産性を実現していますし、不動産セクターでも固定費を抑えたマンスリーマンションモデルなどが高い収益性を生んでいます。物を売る、住居を提供する、といった本質的価値は変わらなくても、サービス仕様を変えるだけで劇的に生産性が向上するといえます。そしてそれを、サービス・イノベーションと呼びます。


サービス・イノベーションの方向性としては、↑売価(対価)を上げるか、↓原価(固定費)を下げるかの2つしかありません。そしてそれぞれのファクターについて、ツリー構造で解析していき方策を示すというのはコンサルタントと呼ばれる人々が得意とするところですね。ただしそれが部分最適になると、1つの売価を上げるための方策が実は原価も上げていた、というようなジレンマに陥りがちです。レストランで凝ったメニューを出すために、調理に時間がかかるようになったというような例は多いですね。


サービスの対価というのは、基本的には原価から決まってきたという経緯が多いです。人件費などの固定費をざっくりと50%として、そこから売価を設定しているケースというのがほとんどなのではないでしょうか。そして人件費などは高い生産性を誇る第二次産業の所得水準がベースになっているわけですから、結果としてほとんどのサービスにおいて、サービスレベルと売価が釣り合っていないという状況が生まれています。自宅で作れば300円で出来るような料理が飲み屋で1,000円で売られているのもそんな理屈です。


今後サービス・イノベーションが起こる可能性が高いのは間違いなく第三次産業です。アップルのようにメーカーからデザイン/ソフトウェア開発へと第三次産業へ移行した例もありますが、第三次産業の発展なくして今後の経済成長はあり得ません。そうすると第二次産業の効率性を理解しつつ第三次産業にアドバイスできる経験を持っている人が希少価値が高くなることでしょう。だから第二次産業の雄であるトヨタの社員があちこちで引っ張りだこになっているわけです。もちろんトヨタ自身もリースやローンの金融セクターにシフトしてきているわけですが。


今後の国家戦略の順番としても、第三次産業の効率化(サービス・イノベーション)⇒第二次産業の高付加価値化(第三次産業シフト)⇒第三次産業の規模拡大(海外進出)という選択肢しかないと思うのです。やっぱり今の政府のやり方はずれているよなぁ。。



別窓 | ビジネス | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨

青少年ネット規制について

概ね青少年ネット規制法案が成立されない見通しとなったところで、この百害あって一利ない法案について一意見を述べてみたいと思います。

個人も含む全てのウェブサイトの管理者は、上記の有害コンテンツの基準に合致した場合、サイトを丸ごと未成年が入れない会員制にするか、フィルタリングソフトへ自らのサイトをフィルタ対象として申請することなどが、求められます。(3条1項)
全てのISP、ASP事業者などには、有害コンテンツの削除やサービスの停止が求められ、従わない場合の罰則も設けられます。結果としてウェブコンテンツの削除は行われることになります。(3条)


これは青少年や未成年といった枠組みに関わらず、既存のWebページ全体に規制が発生する形となります。このBlogなんかでもちょっと過激な表現があれば規制の対象になる可能性があり、FC2などの検閲が義務化されるというトンデモない法案なのです。


こんな道理が通ればコンテンツプロバイダーが自由な発想で表現する『表現の自由』が阻害されることは必須ですし、いちいち検閲を行なうコストもバカになりません。一生懸命アクセス数を増やす努力をしても、“不適切な表現”が1つでもあればたちまちアクセスできなくなってしまうなんて、1ブロガーとしても納得いく内容ではありません。


第2条の2(青少年有害情報の定義) この法律において「青少年有害情報」とは、次のいずれかの情報であって、青少年健全育成推進委員会規則で定める基準に該当するものをいう。

1. 青少年に対し性に関する価値観の形成に著しく悪影響を及ぼすもの
2. 青少年に対し著しく残虐性を助長するもの
3. 青少年に対し著しく犯罪、自殺又は売春等を誘発するもの
4. 青少年に対し著しく自らの心身の健康を害する行為を誘発するもの
5. 青少年に対するいじめに当たる情報であって、当該青少年に著しい心理的外傷を与えるおそれがあるもの
6. 青少年の非行又は児童買春等の犯罪を著しく誘発するもの


有害の定義も曖昧です。とにかくありとあらゆる過激な表現をシャットアウトできるように法律では包括的な表現になっているようですが、それは逆に適用範囲が広範に渡ることを意味します。というか、こんな無菌状態の環境を提供することが青少年の育成にとって本当に良いのでしょうか?そもそもその議論が成されていない段階でとりあえず規制しようというのも本末転倒な気がします。この内容は、とりあえず歌舞伎町は青少年の育成に悪影響を及ぼすので、新宿への青少年のアクセスは規制しようというようなモノです。


この悪法に対してネット業界側からも動きがありました。マイクロソフトヤフー楽天DeNA、そしてフィルタリングソフトを提供するネットスターが共同で『青少年インターネット規制法案に対する意見および保護者とともに行う自主的な取組みについて』という意見書を発表しました。要するに、法案という大上段からの規制は余計なお世話、業界の自主努力にまかせろというわけです。


もちろんネットユーザにもできることはあって、例えばこの法案を提出した高市早苗衆院議員の地盤である奈良2区において、反規制法案キャンペーンを大々的に行なえば、彼女も真っ青になって取り下げることでしょう。天理市なんかは特に宗教がらみの組織票が結果を左右するでしょうから、この法案が宗教活動にも制限を加える内容であることを示せばよいのです。


「ほんの少しの安心と引き換えにいちばん大切な自由を手放す人は、自由も安全も享受する資格がない」


我々にとって大切なのは、自由に情報にアクセスできてそこから取捨選択を行ない、自分に必要な価値観を築いていける環境を持つことです。インターネットはその可能性を飛躍的に拡げてくれるツールなのですから、そこに規制を加えることは我々の可能性を制限することに他なりません。形のないものなので見えにくいですが、とても大切なモノを失おうとしていた事実に、多くの人々にもっと気づいてほしいですね。



別窓 | IT | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

なぜ被害者より加害者を助けるのか

この国ではなぜか、犯罪の被害者よりも加害者の方が手厚く保護されています。神戸での少年殺人事件で、被害者の兄(少年)は大変なショックを受け、医師による治療を必要としましたが莫大な治療費は自費です。一方、加害者の方は国の費用で医師団まで結成して対応し、数年後には釈放されています。こんな不条理なことが今まで行われてきていたのです。


なぜ被害者より加害者を助けるのか
後藤啓二
産経新聞出版 ( 2008-03-14 )
ISBN: 9784863060531
おすすめ度:アマゾンおすすめ度
Powered by mediamarker



実際に犯罪で被害者が死亡しているケースでは、被害者の遺族や近しい人は被害者ではないのでしょうか?そういった定義が曖昧な部分が、これまで被害者保障が進んでこなかった一因であり比較的特定しやすい加害者の人権は擁護されてきた経緯があります。


2004年に初めて「犯罪被害者等基本法」が制定され、『この法律において「犯罪被害者等」とは、犯罪等により害を被った者及びその家族又は遺族をいう。』(第二条2項)と犯罪被害者が定義されることになりました。光市母子殺害事件では夫の本村洋さんが犯罪被害者として認められ、その主張が司法判断に影響を与えたと考えられます。


もちろん裁判官も人の子ですから、加害者よりも被害者の方が悲惨であることは感覚的には理解できるでしょう。ただ法律の枠組みでいえば、犯罪被害者に対する配慮があまりにも欠けているのが現状であり、精神鑑定や執行猶予の仕組みが加害者の罪を軽減することに繋がっています。


犯罪被害者の情状を酌量すれば、今後は加害者に対する厳罰化が進むことでしょう。罪には罰を、という管理主義がよいのか、更生や性善説を信じる夜警国家がよいのか、もちろん議論が必要でしょう。裁判員制度の狙いは法律の文言に縛られずに個人個人の価値観に基づいた判断を要求されるということでしょうから、多面的に物事を考える能力が必要だと思います。光市母子殺害事件の判決が結果的に「死刑のハードルを下げる」ことに繋がるのか、それは我々自身の考え方にかかっていることを自覚しなければいけませんね。



別窓 | Books | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Sync, Sync

イーモンスターを導入したことで、イーモンスター上のスケジュールとPC上のOutlook上のスケジュールをSyncさせる必要が出てきました。ただ、オイラがいつも使っているのはWeb上のGoogleカレンダーなので、Googleカレンダー⇒OutlookにCSVでスケジュールをバックアップする作業がどうしても面倒臭くなっていたわけです。そしたらこんなツールが!

Google Calendar Sync (exeファイルが起動します!)
http://dl.google.com/googlecalendarsync/GoogleCalendarSync_Installer.exe

GoogleカレンダーとOutlookカレンダーが同期できるツールです。つまり、Googleカレンダーから自動的にスケジュールをダウンロードしてOutlookに反映してくれ、さらにイーモンスターへは付属のActiveSyncで同期できるという形で[Web]⇔[PC]⇔[Mobile]でのスケジュールが一元管理できるようになったのです!こいつはありがたい!!


Googleカレンダーの便利さは下記エントリのとおりですが、さらにこれをMobileで利用できるようになれば便利さ倍増です。何だか個人秘書を手に入れた気分です。おかげでプライベートの予定も関係なくOutlookに入れてしまっていますが…

<記念日をリマインドする方法>




別窓 | IT | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨

ゼンリン「みんなの地図3」を発売前にいじってきた

PSPソフト「みんなの地図3」のモニターをしてきました。「みんなの地図」「みんなの地図2」と大ヒットを記録したシリーズの最新版で、今回はUMD2枚組で全国の詳細地図が利用用途に応じて使える形になっています。2枚組にしたおかげで、「みんなの地図2」に比べてレスポンスが早くなり、PSPの操作性と相まってカンタンに目的地検索し地図を表示できるようになっています。


GoodDesign.jpg

PSP.jpg




地図データベースについては、あのGoogleマップにも採用されているゼンリンの詳細な地図が使われています。またPetaMapと連携することにより、マッシュアップ型のスポット情報を地図上にアップロードすることができます。個人的に、PSPやNintendoDSといったインターフェースを使うサービスに興味があるのですが、PlaceEngineの仕組みはなかなか面白そうだと感じています。(PlaceEngine=WiFiに関する話は別エントリにて)

PetaMap.jpg

Peta2.jpg


「みんなの地図3」で想起される利用シーンとしては、
・子どもに地理の勉強ツールとして、自由に目的地を設定させて一緒に散歩
・ウォーキングのルート探索に使い、距離を測定
・訪問先への最寄り駅からのルート検索(屋根付きかどうかなど)

といった使い方が考えられます。PSPなんで持ち運びは便利ですし、子どもやお年寄りでも使いやすいでしょう。恐らくビジネス用途にはあまりマッチしない形態ですので、下手にNAVITIMEなどと競合するよりは思いっきりエンタメ路線に傾注する方がよさそうです。

Scene.jpg

…というようなコンセプトイメージをお話した中で、いくつかアイデア出しも行ないました。例えばウォーキングに使うのであれば、マピオンのキョリ測のように消費カロリー計算までできた方が便利です。また、ある程度その道でアルファな人の情報(ラーメンなら石神さん大崎さん、スイーツなどグルメ中心に)をプリインストールしておけば、食べ歩きなどの用途に使えるツールになりそうです。


さらにあまりディスクの中に情報を貯め込んでも重くなるだけですので、QRコードなどを仕込んでケータイからPetaMapの情報に飛べるような仕組みにした方が、ユーザが“あちら側”を意識できるので情報のアップロードを考えても有効だと思います。


いずれにしてもゼンリンがこれまで培ってきた地図に関するデータベースやノウハウを一般の人もカンタンに利用できるようにしたこのPSPソフト「みんなの地図3」はまた売れそうですね。みんなで出かけよう!という気分にさせてくれる、ヒキコモリ撲滅ツールとして広めていければ良いですね。


みんなの地図3
ゼンリン ( 2008-04-24 )
おすすめ度:アマゾンおすすめ度
Powered by mediamarker


別窓 | New! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ライフネット生命保険

ライフネット生命保険副社長の岩瀬大輔さんの講演を聴く機会がありました。東大在学時に司法試験合格、外資コンサルからハーバードMBA留学し、日本人で4人目の成績上位5%で卒業した経歴を持つ、学歴ヒエラルキーにおいて頂点を極めたといえる方です。本来であれば法曹や官僚となっていたであろう優秀な方が、ゼロからインターネットでマーケティングを行なう生命保険会社を立ち上げるということで、注目していました。


許認可制の規制業種である保険業界は、日本で最後まで残った護送船団の1つです。40兆円超という市場規模に加え、保険料の50%以上が販管費の非効率な経営が行なわれている企業が大半を占めています。1年間で半数が入れ替わるような保険のおばちゃんによる営業部隊や昨今問題になった不払い事件など、傍目から見てもマズい経営についてはインターネットを利用すればかなり効率化できるのではないかと思います。


そんなわけでライフネット生命保険は成功する確率が非常に高いベンチャーです。参入障壁である免許も無事クリアし、40兆円の巨大な市場にインターネットを使った効率化を提案するのですから、少なくともベンチャーが成功する"参入障壁""市場性""効率性"という三大条件は満たしているといえます。


このような日本一優秀な人が日本市場の閉鎖性を打破するために起業するということは、非常にインパクトが大きいことだと感じます。少なくとも10年前であれば、個人の選択としても新規ビジネスとしても考えられなかった挑戦です。もちろん生命保険としても、掛け金が安くて保障内容がシンプル、透明性の高いサービスを提供してもらえれば、私も含めた既存の保険ビジネスへの不信を根底から変えることに繋がるはずです。


是非成功してもらいたいですね。期待しましょう。



別窓 | ビジネス | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨

吉幾三 × Perfume

こいつは神すぎるコラボ!


オラCrusing東京さLove行くダ<テクノバージョン>


吉幾三が時代の先を行き過ぎていたということか。。




別窓 | 小ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

代理母問題について、そろそろ一言。

「人の夢摘むなら根拠示して」
代理出産報告書で向井亜紀さんインタビュー


向井さんは報告書について、「自分と血のつながった赤ちゃんを抱きたいと思う人の夢を摘み取るなら、摘み取るだけの根拠をきちんと示してもらいたい」と反発する。そして「立法化に向けては当事者の声を十分に吸い上げて議論してもらい、救済する道をつくってほしい」と訴えた。



??
よく分からないんですが、法的に親子と認められたいのであれば養子縁組すればよいだけの話なのではないでしょうか。代理母をしてくれたアメリカ人シンディと契約に則って届け出をすればよいだけで、血縁も繋がっていることが分かっているのであれば子供が大きくなったときに説明すれば良いじゃないですか。


もちろん一般的に不妊に悩む夫婦が、向井亜紀さんのように経済的負担をして海外に代理母出産を求めることは難しいでしょう。ただこの出産という行為をビジネスの道具にしてしまうようなことがあってはならないために、日本では代理母制度が認められていないわけです。


「私が国内で代理出産をしなかったのは、代理母が自分の実子に、大きくなっていくおなかのことについて正直に話せないから。人に隠してする治療であるうちは、逆に広く認められない方がいいのかもしれない」




このコメントも支離滅裂というか、「人に隠してする治療」という表現は不妊治療全般の話ですよね。不妊⇒代理母という短絡的なロジックというのは、そりゃ説得力に欠けますよ。自分が代理母を既成事実化しようとしている部分について、不妊に関する総論でまとめようとするのはどうもいけません。


代理母はウラを返せば、女性の子宮を商品化するものです。もちろん中には血縁者が無償で代理母を行なうケースも考えられます。いずれにしても、妊娠中絶と同じくらい出産という行為を軽視することに繋がるような気がします。もし代理母が合法化されれば、それこそ途上国の女性が自らの子宮を生活の糧にすることが容易に考えられますし、キャリアウーマンが妊娠することを避けて代理母に子供を生んでもらうような世の中になる可能性もあります。


個人の感情とはレベルが違う、日本人のライフスタイルにも影響を与えかねない問題について、もっと議論が必要でしょう。少なくとも男性にとっては反証しずらい話題でもあり、マスコミを通して発言すれば世論が変えられると考えているのかもしれませんが、出産=神聖な行為 という価値観が支配する限りは難しいと思いますよ。



別窓 | Private Eyes | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

怠惰な社会人

新人におくる、怠惰な社会人になるための7の方法

1:やたらと努力でカバーしない
2:楽するための勉強への投資を惜しまない
3:常に「もっと楽にならないか」を考える
4:自己満足に気をつける
5:自分の意志に頼らない
6:記憶力に頼らない
7:なんでも仕組み化する



オイラは自慢ではないですがかなり怠惰な人間です。「がんばります」とか「気合と根性で何とかします」といった精神論からは最も遠い場所に位置する人間であると自負しており、日々どうやってめんどくさいことをラクにしていこうか、なるべく自分の時間を確保するためにどのように工夫していくべきかを考えている奴です。


そんなオイラですから怠惰になるための小手先テクはいくつかご紹介できます。もちろん、価値観の問題にはなるんですが、時給2,000円程度の残業代と自由な時間のトレードオフについて意識するとより有効に使えるテクニックになるかと思います。


・ショートカットキー
ホリエモンの「100億稼ぐ仕事術」の中で、唯一参考になるのがこのショートカットキーです。いちいちマウスでクリックするよりも作業効率が3倍にはなりますので、秒単位での効率化が最終的には1-2時間の差に繋がることでしょう。


・Excelの関数
世間一般のデータ計算のプラットフォームがExcelである限り、このソフトでの効率化は避けて通れません。関数はデータを素早く適切に処理するために存在するものですから、上手く使って一気に処理できるよう、全ての機能をとりあえず使ってみましょう。もちろん応用編として、複数の関数を組み合わせてデータを処理するシーンが出てくると思いますので、少ない桁数でも手計算ではなくて関数を使ってみるクセをつけましょう。


・会った人にはとりあえずすぐにメールを送る
名刺なんてものはすぐに増えてごちゃごちゃになるので、顔と話した内容を覚えているうちにメールを送る方がよいです。メールを送ると、自分のメールソフトのアドレス帳に登録することができますし、相手にも自分のメールアドレスをすぐに登録してもらえるので親切です。メール文面の中に、話した内容を深堀りするようなネタを散りばめておくと、さらに印象がよくなりますのでその後の関係がスムーズになります。オイラの場合は、相手の職場近くのラーメン屋をネタにするというキラーコンテンツを持っています。


・メールのテンプレート
メールでよく使う文面はテンプレでいくつか保存しておくと作成スピードが変わります。署名には「お世話になっております、○○です。以上、よろしくお願いいたします」というコメントも付け加えておくと、それだけでメール作成スピードが10秒は違います。またよく使う言葉はユーザ辞書に登録しておくとよいです。オイラの場合、"もうし"で変換すると「申し訳ございません。」が出てきますし、"いた"で「いただきます。」や"あり"で「ありがとうございます。」といったカンジで定型化をしています。


・ToDoをメールボックスで管理
昨今ではメールがビジネスの基本になっており、依頼内容などもメールで送られてくるケースが多いです。メールボックスを仕掛け中の業務フォルダにすると、アクションアイテムの管理がスムーズにできます。対応が完了したものについては、改めてそのプロジェクトや顧客用のフォルダに移すことで、ログが蓄積できます。また電話の口頭で言われたもの、社内での依頼なども改めて自分宛にメールを送信するなど、窓口を一本化するようにすれば漏れがなくなります。Gmailなどはスレッド表示できるので、さらに便利ですね。


まぁつらつらと書いてみましたが、やっぱり睡眠時間とかボーっとする時間は大切ですよ。1日は24時間しかないわけで、会社でセコセコ働いている時間をなるべく減らせば、豊かに過ごせる時間が増すのです。そのことに早く気づけるように5月病でもきっかけにして怠惰になってみてくださいね。



別窓 | ビジネス | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

せんとくん-平城遷都1300年キャラクターの名前決定!

ひこにゃんを超える?認知度を誇る地域キャラクター、
平城遷都1300年祭マスコットキャラクターの名前が決定しました!

その名も  せんとくん  !!...まんまやん。



sento.jpg



悩むせんとくん。何だかバカっぽい。
sento_P.jpg



歩くせんとくん。聖火持たせたい。
sento_W.jpg



衝撃の悩殺ポーズ。
sento_S.jpg



超一流のネタが完成しました。
ちなみにDQNameにもちゃんとエントリーされてますね。


別窓 | 小ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

[書評]小飼弾のアルファギークに逢ってきた

運よく404 Blog Not Foundの小飼弾氏が監修した「小飼弾のアルファギークに逢ってきた」の初回献本をいただきました。早速読んでみたので下記書評をご参照ください。





結論から言うと、日本のIT業界にとって小飼弾という存在はとても貴重なのではないかと感じました。本来であればオン・ザ・エッヂのIPOで得たストックオプションで悠々自適に暮らしていける人であり、欧米のIT長者のように early retirement をしたり、慈善活動に精を出すなどの立場にあって然るべき方です。(実際にlivedoor系では宇宙旅行に行ったりする人がいますね。。)たぶんご本人はプログラムやBlogが最高の娯楽だと感じているのだと思いますが。


そんな人が404 Blog Not Foundで誰でも観られるような形でBlogを書いていたり、IT業界で注目を集めるアルファギークの本音を対談で聞きだしてこのような本を出してくれたりすることは、IT土方や貧乏くじ世代と揶揄される20代後半-30代の漠然たる不安に対してカンダダの蜘蛛の糸を垂らしてくれている印象がします。実際、インタビューにおける小飼弾氏の切り返しや対談者への深堀りは見識と地頭力がなければ不可能ですから、学歴ヒエラルキーや雇用形態とはまったく違う星から来ている小飼弾氏の存在が今後の日本社会がブレークスルーするロールモデルになり得ると感じます。


その意味では、P.44の「どれだけ持っているかではなく、どれだけ与えることができるかというのが金持ちの定義」というLarry Wall氏の言葉は、アルファギークたる条件を明示しているといえます。日本に居を構える小飼弾氏も、シリコンバレーから風を送る梅田望夫氏も、自身が持っているものを惜しみなく提供してくれている部分で真の金持ちなのであり、相続税なんていらないと豪語する辺りの論拠もたぶんこの辺りにあると思うのです。


世の中一般的には必ずしも小飼弾氏はメジャーではないとは思いますので、もしかしたら怪しげな風貌とlivedoor出身という経歴からは誤解を与えてしまう恐れがあります。その意味では本書を一般の方が読む場合には最後の「きたみりゅうじの小飼弾に逢ってきた」という部分からアプローチした方がよさそうですね。実際にプログラムの話を離れた仕事論や社会への提言といった大きな話題についても、小飼弾氏の"弾言"は1つの見識として必要だと感じます。


是非今後も同様の「小飼弾のアルファミシュラン料理人に逢ってきた」や「小飼弾のアルファグラビアアイドルに逢ってきた」みたいな形でシリーズ化してもらいたいものです。



別窓 | Books | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨

エクストリーム・聖火リレーの経過

◇競技結果

3/24 アテネ(ギリシャ:首都)
採火式・式典乱入で3名拘束。リレー6人拘束。

3/27 テッサロニキ(ギリシャ)
30人以上が警察と揉み合い。

3/28 ボロス、ラリッサ(ギリシャ)
1人逮捕。数十人が警官と揉み合い。抗議集会。

3/30 アテネ(ギリシャ:首都)
コースを大幅に短縮。引き渡し式典で13人拘束。

4/2 アルマトイ(カザフスタン共和国)[棄権]
妨害チーム現れず、棄権とみなされる。

4/3 イスタンブール(トルコ)
6人拘束。大規模抗議集会。

4/5 サンクトペテルブルク(ロシア)
横断幕を掲げ1人拘束。

4/6 ロンドン(イギリス:首都)
37人拘束。大規模抗議集会。ロンドンのイギリスチームはさすが紳士の国らしく、自転車で突貫をかます者や消火器を持って突貫ぶちかます者が続出。トーチをテムズ川に投げ込めば芸術点の加算で優勝は確実だったが残念ながら行われることは無かった。

4/7 パリ(フランス:首都)
28人拘束。リレーチームは総勢400名によるパンツァーカイル(Panzer Keil)にて突破を図るも 、関係者が3回も火を消すと言う空気を読んだ事態を起こし優勝候補の一角である(一部では関係者が火を消すのはルール上問題ないのかという意見もある)。
リレー中止という審査員が事前に想定していなかった華麗なプレーも飛び出した。しかしながらこれは妨害チームのプレーを阻むものであるため加点を行うべきであるとの声もある。
また、国境なき記者団のメンバーらがノートルダム寺院とエッフェル塔に手錠五輪の旗を掲げるというパフォーマンスを見せ、拍手喝采を浴びた。

4/9 サンフランシスコ(アメリカ)
開始前、市議会は「聖火を警戒と抗議をもって迎える」ことを決議。開催の二日前に金門橋にて男女3人がよじ登り、「チベットに自由を」と書かれた横断幕を掲げ逮捕されるという華麗なプレイベントが行われたがルール上「前夜祭」に当たる為、残念ながら加点対象とはなっていない。同じ理由で開催数時間前に妨害チームセスナの「San Francisco supports Tibet」の横断幕vsリレーチームセスナの北京オリンピックを賞賛する横断幕(内容は不明)というセスナ機合戦、妨害チームによるダンボール戦車での天安門寸劇という芸術性高いプレーも今のところ加点対象には含めていない。戦車自体は美術点に加算。
開始直後、聖火ランナーが倉庫へ消える(トーチハイド)というエクストリーム・マジックショーを披露し、芸術点を稼ぐ。偽の船や車を出し攪乱させた隙にバスで聖火を輸送するトーチドライブというトリックプレイを使用。高度な戦術を見せつける。
直前に短縮修正して発表し直したルートと全く別のルートで攻めるプレイ(サプライズ・チェンジ)に妨害チームは混乱。しかし、後半妨害チームの猛烈な追い上げで、横断幕展開や突撃などが行われたが、鉄壁の守りによって阻まれた。その後、一般人が立ち入れない高速道路へと移動し(トーチハイウェイ)、妨害チームの裏をかく作戦に出る。さらに、閉会式を中止し空港直行、強制送還(トーチ・直帰)というウルトラCをも成功させた。
リレーチームのエンターテインメント性と戦略性は高く評価される反面、資金力によってここまでの戦力差がでるのは公正ではないとの声もあり、また、リレーチームが棄権したとみることもできるため、さらなる追加点も見込めるかもしれない。
また、リレーチーム側にチベット国旗を隠し持っていたランナーが2名おり、もっとも聖火に近づいた妨害チームであるといえるだろう。
結果的に中国人との衝突やリレーに乱入を試みたりしたが1人の拘束者で済んでいる。実にフェアプレイである。

4/11 ブエノスアイレス(アルゼンチン:首都)
世界一フットボールがうまいDQNが出走を取りやめるという、審判員、一般観客をがっかりさせるくらいの常識的な行動でスタートした。
今回はリレーチーム側の本気度が目立った戦いとなった。リレーチーム側は禁断の技と見られており、長野で使用されると見られていた、Media controlを使用。おかげで審判員はその大技のすごさにがっかりすると共に、妨害側の採点に苦慮する羽目に陥る。
妨害チーム側は水爆弾を使用、消防車の噂はブラフだった模様。偽聖火リレー、乱闘も敢行されたものの、大魔法Media controlの前には審判員の目に留まらなかったり、著しい不利を受ける。
リレーチーム側は手を抜くことなく、トーチバスガード(Torch bus guard) nice boat.ならぬnice canoe.妨害チームホイホイ、狂騒曲(Loud Concert)などを使用した。
もはや妨害チームの抵抗もないと見たのか、リレーチームはついに、華僑動員兵を投入して、戦勝軍事パレード(Torch Victory military affairs parade)を敢行。ここは赤の広場か、天安門か・・・。
そのまま一気に閉会式まで押し切り、ロンドン以来の勝利の美酒に酔う事となった。
閉会式最後に妨害チームが旗を持って現れていたが、時既に遅し。リレーチームは、余裕とばかりにガン無視を決め込むのであった。
また、現在未確定情報ではあるが聖火護衛部隊、所謂青服の1名がサンフランシスコ→ブエノスアイレスの道程で行方をくらましたという情報も流れている。
ちなみに審判員がMedia controlのおかげで貧乳ねーちゃんとエロ親父の記者会見に目がいっていたのについてはお察し下さい。

4/13 ダルエスサラーム(タンザニア)
試合前にケニアの環境活動家でノーベル平和賞受賞者のワンガリ・マータイ氏がリレー辞退を表明。
世界中のメディアがタンザニアの更に南にあるジンバブエで行われている大統領選挙による予想の斜め上を逝きすぎた黒い奴の去就を注目する中、想像以上に誰にも注目されない状況でスタート。
一応地元警備担当による「抗議、妨害などがあればすぐに逮捕する」という通常ルールの再確認がなされたものの妨害チーム自体が現れなかったらしく、棄権扱いらしいよ。
だって世界中ジンバブエの情報ばっかりで聖火到着の映像しかないんだもん。(Natural Media Control?)
当日のひどい悪天候(土砂降り)は、妨害チームの祈祷師による雨乞いとの説があるが、本則ルールの「事前に宣言」がなかったため得点にはならない見込み。


◇今後の競技予定・見どころ

4/15 マスカット(オマーン:首都)
現時点では特筆すべき情報は明らかにされていない。
なお、国際空港は想像上の空港であり、実在するあわびやバターとは一切関係ありません。

4/16 イスラマバード(パキスタン:首都)
数年前からイスラム武装勢力らによる在留中国人を狙った拉致や爆弾テロが相次いでおり、一方で3月末には対話路線を掲げるパキスタン新内閣が発足。警備はさらに強化されると見られる。

4/17 ニューデリー(インド:首都)
注目度はアジアNo1。数日前から特殊部隊が送り込まれる見込み。また亡命したチベット人が最も多く住むと言われているため、高得点の期待がかかるが、ダライ・ラマが非暴力を掲げているため、派手なパフォーマンスは見られないとの見方もある。ランナー二人(サッカーインド代表主将と元国家警察高官)が既に辞退。妨害チームが生物兵器として牛や象の大群を繰り出すのではないか、という期待が高まっている。リレーチームはすでに、距離を 2~3kmに縮めたり、走者と観衆を隔離するフェンスを2重に設置し文字通りの鉄壁(Iron-Block)によるガードの展開を予定している。

4/19 バンコク(タイ:首都)
「微笑みの国」にふさわしい笑顔での演技が期待される。得意技は「水掛祭」。またセレモニーにて首都バンコクの正式名称を言わせる事による「時間稼ぎ」にも期待。ランナー一人(タイ王室関係者)が既に辞退。

4/21 クアラルンプール(マレーシア:首都)
大会ホスト国がコースの非公表や短縮を要請。

4/22 ジャカルタ(インドネシア:首都)
大会ホスト国がコースの非公表や短縮を要請。また、一般客による聖火リレーの見物が禁止されたようである。これにより得点が大幅ダウンとなり、インドネシアにとっては不利な状況となった。さらに、中国側がスポーツ施設内の周回ルート(Torch in home)に変更するよう要求し実施される模様。

4/24 キャンベラ(オーストラリア:首都)
政府がコース縮小を検討と伝えられる。また、未確認情報であるが中国の警備隊との並走を認めないという一報がある。

4/26 長野(日本)
中国から競技を鎮圧するよう得意の内政干渉で指示されるも当局はニヤニヤとどうともとれない表情で右から左に受け流した。
これを受けて両陣営の気合が高まる中、ロンドン、パリの競技を見たリレーチーム側が「バカなことをやってるよなと思いますね」と早くも妨害チーム側を挑発。しかしこれは「日本ではあんな安易な実力行使では済まない筈」という意味だとする見解もあり、実際リレーチーム側は先の発言の後に「もっと違うやり方があると思います」と、より衝撃的な抗議手段に対する警戒も滲ませている。
しかし、2008年4月10日にこの発言はエクストリーム・オリンピック第24回大会のエクストリーム・謝罪予選競技の一環であったということが判明した。
中国側は、小日本など余裕とばかりにMEN IN BLUEを2人しか投入しないことを発表し、妨害チーム側を挑発、さらに地元リレーチーム警備担当はそのMEN IN BLUEに実力行使をさせない旨発表し妨害チーム側を焚きつけている。
さらに、地元リレーチームは「コースの変更はありえない、たとえ日本のリレーチーム本部の要請があったとしても変更しない」と漏らしており、リレーチームはここ長野で乾坤一擲の大勝負にでる模様である。
ロンドン、パリ、サンフランシスコと明確な違いを見せる為、スタート地点の善光寺自体が世界初の「出発地点のボイコット」という異例の展開を見せる可能性が示唆されている。
サンフランシスコでの文字通りの離れ業「トーチハイド」に対しては、本来のコースを偽者が適当なトーチを持ってフリーチベット、チャイナフリーを掲げて観衆の前をソレらしく走って見せるという、コスプレや影武者のような日本の色を出した大胆な対応策が提案されている。
応用として、偽の開会式、偽のキャスト、偽の聖火にて、本物よりも早く予定のコースをフリーチベット、チャイナフリーを掲げたランナーに走らせる、というエキセントリックな抗議方法も提案されている。この場合、厳戒態勢の中、どこまでソレらしく紛れ込むかが鍵となっているが、トーチを奪うような直接的な乱入でない為当局の目を盗みやすい利点がある。
なお第一走者は当日まで非公表であるが、プリンセス・テンコーの起用が有力視されており、金正日絶賛のイリュージョンでここまで押され気味のリレーチーム側が一発逆転を狙う模様である。またそのまま平壌へ現れ、北朝鮮の失格を取消にするとの情報もある。
また、競技開催数ヶ月前から広範囲な地域で中国製の一部加工食品が店頭から姿を消した。これは妨害チームの買占めによるものであり、何らかのパフォーマンスの材料に使われるのではないかと期待されている。
日本当局は華僑防衛軍の上陸を拒否。妨害チームの良心次第の面も。
フランスのパフォーマンスチーム「国境なき記者団」が日本においても、妨害チームに加わることが決定した。これにより、日本チームの点数の底上げが期待される。
なお、自然現象による消火は加点の対象とならない。

4/27 ソウル(大韓民国:首都)
チベット問題で全く存在感の無い潘基文国連事務総長に代わって、ウリナラ(わが国)としてのプライドを見せるべきとの声が、多数のネチズンから上がっている模様。とりあえずの目標は「チョッパリに負けるな!」である。また、同国のとある筋からは聖火や中国とは無関係な「日帝36年の植民地支配」、「独島は我が領土」、「五輪の起源は韓国」といったいつものデモと放火が便乗して行われるのではという期待も高まっている。

4/28 平壌(朝鮮民主主義人民共和国:首都)[失格]
国連、職員らの参加取り止めを決議。これにより競技失格処分。

5/1 台北(台湾)[棄権]
聖火の受け入れを拒否(理由は上述)。走行を拒否することによる加点が検討されたが、競技およびパフォーマンスが行われないため棄権扱いとすることが事務局により決定されたようである。だってつまんないじゃん。

5/2 香港
事前の練習試合の結果、消火される危険の高い地点が判明。ルートの短縮検討はもちろんのこと、次の開催地マカオへの聖火輸送を船舶から空輸に切り替えるなど、熾烈な情報戦が早くも開始されている。

5/3 マカオ
現地では去年けが人を多く出した大規模なメーデー集会が5/1に予定されており、警官隊の体力が心配される。
試合後聖火は一旦中国国内へ入り、特別試合を除いてはオフシーズン、文字通りストーブリーグに突入する。チョモランマ登山での聖火の活躍が期待される。

6/19-6/21 ラサ(チベット)
リレーチームが「容赦なく厳罰を下す。手加減は一切しない」と抱負を発表。各種ぺナルティの発生による高得点が期待される。

6/25-6/27 新疆ウイグル自治区
前哨として、4月に警察当局が聖火リレーを妨害する恐れがあるとして、ウイグル族住民70人を逮捕した。


別窓 | 小ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

プレゼンってやっぱり内容だよな。

どうでもいいことをプレゼン資料にする

こんなことをされてしまうと、テクニックばかりで中身がないプレゼンがいかに多いかって分かりますよね。内容が大したことがなくても、pptにフォーマットすると何だかそれなりに見えてしまう好例です。


003.gif

昼食をサバの味噌煮にする思考プロセス


005.gif

昼食に対する逡巡もプロセスマネジメント


007.gif

ココまで来るとこじつけですな


企画書はホントにシンプルでよい。体裁ばっかり気にしているヒマがあったら中身を磨きましょう。まぁ企画のみならず、人間にも言えるのかもしれませんが。


別窓 | LifeHacks | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Blog過去記事を整理

ブログ過去ログを整理してみました。
反響のあった記事を抽出したので、よかったらご覧ください。


Re:Birth 

性格診断 

クリスマスについて本気出して考えてみた。 

世界七不思議 

やさしさライセンス 

ラーメン相対性理論 

フリーター 

究極の血液型心理検査 

「社会を変える」という選択




別窓 | Private Eyes | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

発狂小町

最近お気に入りなのが、発狂小町というブログです。読売新聞の発言小町のスレッドをまとめたサイトなんですが、世の中にはなんてスゴイ人たちがいるんだろうと事実は小説よりも奇であることが分かります。特に[驚くしかない]というタグで検索すると、次々と驚愕の非常識な人たちが登場してきます。街を普通に歩いている人でもこんなことを考えている人がいるんだと、若干世界の見方が変わること請け合いです。


個人的に好きなのが、「結婚式の二次会を頼まれた凄腕な女性」のスレッドです。もともとのトピはこんなカンジ。

2007年7月5日 11:02

先月、職場結婚をする同僚の2次会幹事をお願いされました。

依頼人(会社が一緒)とはそこまで仲が良い訳でもなく、ここ1年位連絡も取っていませんでした。
しかし、「○○と○○結婚するらしいよ」と友人経由で聞き「結婚おめでとう、ご主人ににもよろしく」とメールを送ったところ「2次会の幹事をお願いしたい」といきなり返信がきました。

その時点で「あれ?そんな大事なことメールで簡単にお願いするの?」「親しい人に頼むものではないの?」と違和感を覚えましたが、祝福したい気持ちがあったのと、他にも幹事いるだろうから(自分が新婦側で新郎側もいると思い込んだ)と安請け合いしてしまいました。ところが、いつまでたっても参加者リストはおろか、新郎側の幹事との顔合わせの日程すら言ってこないのです。(もう2ヶ月切りました)

疑問に思い、「ねぇ、会場とか他の幹事とかどうなってるの?」と聞くと「友人の結婚式がそうだったから、全部やってくれると思ってた」とのこと。唖然としました。安請け合いした私も悪いとは思いますが、正直、全部やる時間的余裕も無いです。気持ちも萎えてしまいました。私は心が狭いのでしょうか?


という弱気な相談が以下のようなエンディングに収束するまでのプロセスは圧巻です!

昨日、全て終わりました。勿論、いろんな意味で…

遅くなりましたが、結果から言わせてください。

2次会、私たちとしては95点の出来で、ゲストからも大絶賛を受けました。会社の友人たちからは「さすがファーラだ」とも。

そして皆さんの予想通り(?)新郎新婦には感謝の言葉の前に文句を言われましたが、絶縁状を幹事+事情を幹事全員で突きつけました。

新生活の門出にはかわいそうな気もしたのですが、これも新郎新婦の為なんだと思うようにしました。


楽しく読みながらも何だか身につまされるような内容で、人生の縮図がたくさんつまっているような発言小町、それをまとめてくれるなんて感謝ですね。これからもどんなトンデモトピックが出てくるのか、期待しましょう。


別窓 | 小ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

eモンスター

イー・モバイルの新スマートフォン「EMONSTER」を導入しました。もともとデータカードは持っていたのですが、買い増ししてもあまり月額費用が変わらないということで、この際先行者便益に乗った方がよいだろうと判断しました。


20080411160648.jpg



ところが致命的なミスを犯していました…。EMONSTERでWebサービスを利用するためにはEMnetという付帯サービス(DoCoMoのiモードみたいなもの)を申込む必要があったわけですが、うっかり申込書を記入する際にチェックしていなかったみたいです。というわけで急いでサポートセンターに電話して、導入申込みを行ないましたが今日一日は使えないということでWeb閲覧はお預けになったのでした。


あまりイジッてもいないので使い方とかは把握していないのですが、デザインやスペックはなかなか満足しています。カメラも付いてますし、ビジネス用途でのボイスレコーダや手書きメモ保存機能なども使いやすそうです。そして何よりも、顧客のところに行ったときに胸ポケットからおもむろに取り出してみたりしたら、絶対にネタにできますしちょっと優越感にも浸れそうですね。


これで外でもBlog更新ができてしまいます。もっと使い倒して正式なレビューでも上げてみますかね。



別窓 | IT | コメント:1 | トラックバック:1
∧top | under∨

知のオープンソース化

京都大学オープンコースウェアにおいて、講義内容のYouTubeでの公開が始まりました。国公立大学では初の試みであり、インターネット動画を視聴できる環境と学ぶ意志さえあれば、日本いや世界のドコからでも老若男女問わず日本最高学府の講義を受講できるのです。


かのSteve Jobsも、大学の聴講生として無料で講義を受講した中から、現在のAppleの基盤であるデザインやアイコンに関する知識を得たと言われるとおり、経済的・地理的制約を超えて学べる環境が存在することは、社会の潜在的な素質を飛躍的に開花させるプラットフォームとしての可能性を秘めています。


それは学術機関のみならず、一般企業にもいえることで、早速新人研修をWebに動画公開している企業なんかもあります。恐らく公開することによって、受講する側も指導する側もある程度緊張感を持って研修に臨めるといった作用もあるのでしょうね。


そうすると個人情報やら機密情報といった過剰コンプライアンスの部分で騒ぎ出す輩は必ず出てきます。会社の研修をネットに公開するなんてノウハウの流出じゃないか!なんて頭の固い会社の研修に限って、全く箸にも棒にもかからないような研修内容だったりしますね。というか、普段から外部の視点を意識する訓練をしていないからこそ、不用意な内容に不適切な対応をして結果炎上するんだと思ってしまいますが。


京都で国公立大学合格者数を30倍にした堀川高校においても、授業を他の先生からも観られる環境にしたからこそ各教師の指導方法が洗練され、それぞれのよいところをフィードバックできたそうです。他者の長所を盗むことこそが上達の近道なわけで、自分からノウハウが流出するなんていうネガティヴ思考はオープンな環境においては成果を享受できないわけです。




これらの流れが京都の教育機関から生まれてきていることは偶然ではないでしょう。「知の高速道路」を通ってどんな化け物な若者が出てくるのか、楽しみですね。



別窓 | New! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

市民参加型オリンピック

エクストリーム・聖火リレー


「紳士はこういうときに聖火を消すものです!」
イギリス人

「聖火を消さないで下さい!」
フランス人

「上官から聖火を消せとの命令です!」
ドイツ人

「聖火を消せば英雄になれますよ!」
アメリカ人

「セニョリータは聖火を消す強い男を求めてます!」
アルゼンチン人

「他の人はみんな聖火を消してますよ!」
日本人

「日本人が聖火を消してるのに!」
韓国人



エクストリーム・聖火リレー(もしくはエクストリーム・消火リレー)とは、夏季オリンピック2008年大会(北京オリンピック)において、通常はセレモニーとされる聖火リレーをエクストリームスポーツとして競技まで発展させた新しいスポーツである。

基本ルールは「聖火を運び終えたら、リレーチームの勝ち」「聖火を奪い取ったり消火すれば、妨害チームの勝ち」である。今回は通常の聖火リレーとは異なり、護送車や船舶、自転車の使用が特例として認められた。リレーチームはIOCおよびオリンピック委員会の選定した選手、各国オリンピック協会の推薦する選手、および各国の警官から構成される。妨害チームは自由参加となっているが、妨害チームに参加する理由をあらかじめ宣言しなければならない。

今回の競技では、妨害チームは3/24のスタート地点で行われた採火式典の最中に国境なき記者団代表選手がいきなり登場し、試合開始前のアタックで新競技の開幕に花を添えた。今大会ではイギリス(4/6)、フランス(4/7)、アメリカ(4/9)が有力チームとされているが、媚中派と見られている日本チームも、一部の関係者筋では、意外なダークホースかもしれぬと世界の注目の的となっており、過去のメダリスト陣を擁するリレーチームとの間での熱戦が期待される。


■開催要件

エクストリーム・聖火リレーはオリンピック開催時に必ず開催されるとは限らない。開催されるか否かは開催国の情勢に左右される。以下のような国でオリンピックが開催される場合、エクストリーム・聖火リレーが競技に採用される可能性が高い。

* 独裁国家である
* テロ支援国家である
* 言論の自由が認められていない
* 民族浄化を行っている
* 核兵器を保有している
* 地球に悪影響を及ぼしている

なお、以上のような開催要件を満たす国でオリンピックが開催される確率は非常に低く、次回のエクストリーム・聖火リレーが催行される可能性はきわめて低い。


■特徴

* 公式競技としてはまだ認定されていないエキシビジョン競技ではあるが、一般人の参加(ただし妨害チームに限る)が認められたオリンピック史上初の競技であり、近代オリンピックの精神である「参加することに意義がある」を具現化した競技とも言える。
* 競技あたりの参加者数が2008年4月7日現在、既に史上最高をマークしている。
* 車両に搭乗しての参加が認められた(ただしリレーチームに限る)史上初の競技である。
* 競技場が開催国内に限らない、極めて異例の競技の一つである。

以上のような類を見ない特徴を有する競技であるため、世界中から注目を集めている。


■ルール

リレーチームが聖火を目的地まで無事に運び終えた場合、リレーチームの勝利となるというルールであった。しかし、消火されたにもかかわらず再点火してそこから再スタートするというルール変更に伴い、国別順位をつけるために妨害チームの行動を得点に換算して評価する方式が採用された。以下の得点リストは暫定版であり、採点方法は継続して議論されている。また、車椅子走者の時に妨害行為をした場合はその場で失格となる。


■技術点

抗議(1人あたり1点)
抗議により得られる得点が妨害チームの基本点となる。それゆえに以下で述べる技によって得られる得点にも大きな影響を与える。
高得点を狙うためには政府やマスコミの協力が欠かせないが、路上でのビラ配りや呼びかけ、インターネット等を利用した広報等の草の根活動を欠かしてはならない。そのため、競技に参加できない人も事前の活動で自国の得点アップに貢献することが可能である。
妨害(一人あたり10点)
エクストリーム・聖火リレーに何らか影響を与えたものに点数を与えられる。
水鉄砲攻撃や自転車などの特殊装備を伴った、秀逸な妨害に対しては別途追加点が与えられる。
乱入(1人あたり50点)
走者の進行を阻むことに成功した場合に与えられる。乱入者がリレーチーム側の関係者である場合、特殊な職業についている場合、マスコミに晒された場合には別途追加点が与えられる。
消火(1回あたり1500点、種火9000点)
競技中に聖火が消えた場合、1回ごとに妨害チームに与えられる得点。アメフトでいうタッチダウンにあたるものであり、妨害チーム側は常にこれを目指すことになる。非常に高いポイントが加算され,暫定総合1位=消火・消火未遂数1位であることが多い。消火無くして勝利無し。
聖火はいくつかの予備が用意されているため、同時消しによって高得点を稼ぎ出すことが出来る。
種火を消火した場合、ボーナス点として9000点が与えられるが、これを決めることができる状態とは麻雀でいうところの国士13面待ち状態である。
鎮火
火種を含む全ての聖火を同時に消火し、競技の続行が不可能になった場合、その時点で優勝を決めることが可能である。

また、火種を含む全ての聖火を別の由来の火にすりかえた場合も同様。日本では「原爆の火」とすりかえる計画が準備中。

乱闘(100点~)
妨害チームとリレーチーム間で乱闘が発生した場合に与えられる得点である。乱闘の規模に応じて得られる点数は変動する。次に述べる逮捕との組み合わせで高い得点を得ることが期待できる。
逮捕・拘束(1人あたり50点)
妨害チームに逮捕者が発生した場合に与えられる得点。状況によっては一発逆転が可能な要素と言えるが、やりすぎは禁物である。


■美術点

旗(1点~)
妨害チームが持ち寄った旗やプラカード等に与えられる芸術点。参加者が多ければ多いほど高得点が得られる可能性が高くなる。
ピカチ○ウやナ○ト等の人気キャラクターを使用することで絶大なアピールをすることができるものの、これは反則行為にあたるため本大会での使用はペナルティが課せられると思われる。
なお、本大会では特別ルールとして、チベット国旗には高い美術点が与えられるという規定が設けられている。
衣装(1点~)
デモ隊の衣装に与えられる芸術点。ただし、民族衣装や僧衣、奇抜な衣装のみに加算される。一般市民が着るような洋服では加算されない。そのため、まだ加算された国がなく、日本に期待が高まっている。このため日本の一部の一般選手団では、着物や侍姿でのデモ参加を予定している。


■構成点

警備(1点~)
リレーチームにどれほどの警備体制を築かせたかどうかが評価される。高得点を得るためには政府の協力が不可欠であるが、国によってはマジで危険な目にあうため、妨害チームは高い得点を得たからといって油断をしてはならない。
フランスチームは走者1名に対して装甲車48両、警官(ローラースケート装備)100人、消防隊員100人、白バイ65台という総勢 400人を超える警備体制をリレーチーム側から引き出すことに成功した。また、競技の後半で更なる警備の強化を余儀なくさせるなど、他の追随を許さない圧倒的な構成力を世界に見せ付けた。
ルート変更(50点~)
予定されていたルートが変更された場合、ルート変更の程度に応じた得点が与えられる。走者が護送車に乗って移動した場合や、リレー国の拒否によりその国での走行がなくなった場合にも得点が与えられる。
中断(3000点)
リレーチームを競技続行不可能まで追い詰めた場合に与えられる得点である。本大会では優勝候補のフランスチームが期待に背くことなく中断点を獲得し、優勝候補の意地を世界に見せ付けた。
リレー国政府による遺憾の意(150点)
IOCによる遺憾の意(200点)
オリンピック開催国による遺憾の意(300点)
今期におけるエクストリーム・聖火リレーにおいては中国への遺憾の意が対象となるが、これに関する得点は極めて困難である。
そもそもにこれの得点は競技の開催に異議を見出すことと同意のことであるため、これに関しては点数の変更が現在協議されている。
現段階(4月8日現在)において、これを獲得した国は皆無である。
オリンピック開催国による謝罪と賠償の要求(300点~)
上記の「オリンピック開催国による遺憾の意」に対する加点法の見直しで追加された項目。要求の度合いにより点数が増える。これにより日本チームが俄然有利になるとの観測がある。


■ペナルティー

死者 (-3000点)
重傷 (-50点)
軽傷 (-1点)


■ルート

* 本大会ではスタート地点はオリンピック発祥の地であり、前回開催地であるギリシャのオリンピアである。
* 競技期間は公開種目だった過去の開催を超え最長で、2008年3月31日から8月8日の130日間に渡って行われる。リレー距離は13万7000km(エクストリーム・聖火リレー最長記録)。ルートには標高8848mのチョモランマも含まれる。
* 2007年4月、五輪組織委員会はリレー経路について、香港から中国と対立している台湾に渡る(下記表の21番と22番の順番を逆転させる)ルートへ変更を行った。このことについて台湾のオリンピック委員会は、「中国が台北を自国内の路線と位置づけようとしている」として抗議、聖火の受け入れを拒否し、台湾はリレーのルートから外れることになった。
* Relay Route


■競技結果 (妨害チーム側)

* 3/24 アテネ(ギリシャ:首都)…採火式・式典乱入で3名拘束。リレー6人拘束。
* 3/27 テッサロニキ(ギリシャ)…30人以上が警察と揉み合い。
* 3/28 ボロス、ラリッサ(ギリシャ)…1人逮捕。数十人が警官と揉み合い。抗議集会。
* 3/30 アテネ(ギリシャ:首都)…コースを大幅に短縮。引き渡し式典で13人拘束。
* 4/3 イスタンブール(トルコ)…6人拘束。大規模抗議集会。
* 4/5 サンクトペテルブルク(ロシア)…横断幕を掲げ1人拘束。
* 4/6 ロンドン(イギリス:首都)…35人拘束。大規模抗議集会。ロンドンのイギリスチームはさすが紳士の国らしく、自転車で突貫をかます者や消火器を持って突貫ぶちかます者が続出。トーチをテムズ川に投げ込めば芸術点の加算で優勝は確実だったが残念ながら行われることは無かった。
* 4/7 パリ(フランス:首都)…総勢400名の包囲網を敷くも、関係者が火を消すと言う空気を読んだ事態を起こし優勝候補の一角である(一部では関係者が火を消すのはルール上問題ないのかという意見もある)。リレー中止という審査員が事前に想定していなかった華麗なプレーも飛び出した。しかしながらこれは妨害チームのプレーを阻むものであるため加点を行うべきであるとの声もある。


現在の暫定順位(拘束者1名につき1pt、華麗な演技にはその都度技術に応じてポイントを加算)
1位 France フランス 拘束28名 ☆トーチ自主消火3回+300pt ルート変更+100pt
      聖火リレーキャンセル約3分の1+421.95/3pt(140.65pt)  ★568.95pt.
2位 Britain イギリス 拘束36名 ☆消火器噴霧+100pt 聖火強奪未遂+30pt ★166pt.
3位 Greece ギリシャ 拘束計23名 ☆採火妨害+100pt ★123pt.
4位 Turkey トルコ 拘束計6名 ★6pt.
5位 Russia ロシア 拘束1名 ★1pt.



別窓 | 小ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

佐々木希

佐々木希やっぱりかわいいなぁ。さすがポスト沢尻。ポストエビちゃん。







*YouTubeのURLに「&fmt=24」を加えると、さらに高画質で観られます。



別窓 | 小ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

不動産神話を超えて

なぜ、「購入 VS 賃貸」 という比較がナンセンスなのか?
新築価格が 4000万円のマンションを 35年ローンで買ってもいいのは、
ローン完済時に 5214万円以上で売却することが期待できる場合に限られる。


というわけで、5214万円÷35≒年平均150万円 の不動産ローンに代わる住宅に関するお金の使い方を提案するこのコーナー、時間がないのでどしどし行ってみましょう!


a. 田舎に一戸建てを購入し、家族はそこに住む。金土日+1日在宅勤務で平日3日だけ都内のマンスリー
⇒田舎ならば、1000万円もあれば結構な豪邸に住めるようです。子どもが都会の毒に汚染される心配もないですしね。週末LOHASライフは理想的です。あとはなるべく平日の仕事量を減らしていくことに集中すればよいだけです。

b.両親の住む実家を二世帯住宅にリフォーム。両親の生活を心づくしの家賃で補助。
⇒実家なのでもともと自分たちが育った場所は住みやすいですし、子どもの世話もしてもらえます。また、両親にも経済メリットを提示すれば年金不安なども解消できますね。注意点は嫁姑関係だけか。

c.ニュージーランドで住宅を購入、家賃収入で日本の賃貸を借りる。老後は移住。
⇒不動産に係る税金がほとんどなく、しかも不動産価格が上昇し続けている海外に不動産資産を求めるのは合理的ですね。時差もあまりないですから、在宅勤務したとしても日本でのビジネスにもあまり支障はありません。


というわけで、マンションを購入することによるローン金利や中間マージンを省くことによって、意外と豊かな暮らしができそうですね。個人的にはcパターンに激しく惹かれますが…羊と暮らしたい。



別窓 | 真面目 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「初音ミク」オンライン版登場!

idea×idea主催の『音楽会議3 sponsored by YAMAHA』に参加してきました。
最近話題になった「初音ミク」には、YAMAHAのVOCALOIDという技術が使われています。そのVOCALOIDの仕組みについて、開発秘話などを交えながら今後どのようにYAMAHAさんが音楽業界に対して“仕掛け”をしていくのか、伺って参りました。


結論としては、今後は間違いなくユーザ参加型の音楽クリエイティブが盛んになります。楽曲を構成する要素としては「歌詞」と「メロディ」と「歌い手」が存在するわけですが、それぞれを得意とするアーティストが組み合わされば、より質の高い楽曲が誕生することになります。そんな音楽業界でのオープンソースを促進するために、YAMAHAさんはIT技術を使った戦略的な取り組みを行なっています。そしてそれがYAMAHAさんの企業理念である、『感動を・ともに・創る』に繋がるわけですね。


YAMAHAさんとしても、どちらかといえばアキバ系な雰囲気になってしまった「初音ミク」の流れを是正するために、より戦略的な商品開発をオンラインで行なっていく方針です。具体的にはオタ系の人たちが凝りまくって編集するような使い方ではなく、いろいろな人がライトにアクセスしてブラッシュアップできるサービスを志向しているカンジがしました。


まず紹介されたのが、「On-Line PC VOCALOID」です。

DSC00175.jpg


これまでの「初音ミク」のクライアント型VOCALOIDが、一人でじっくりと納得いくまで創り込む用途であるのに対して、今後リリース予定のオンライン型VOCALOIDではWeb上で楽曲データの共有ができるために、例えばある歌手の楽曲の歌詞をちょっとオリジナルにしたり(デモでは「夜空のムコウ」の歌詞を個人名に変えたりしてました)、歌い手を男性女性で使い分けたり、カラオケみたいな軽い気分で遊ぶことができます。


そして one more thing... ということで「オートボコーダーボックス」なる驚愕のサービスもお披露目されました。こちらは他の参加者の方がデモを動画に収めてくれていたので、百聞は一見に如かずということでご覧いただければ幸いです。



もしこれが使えるようになったら、歌うのが下手だからとカラオケを敬遠していた人にも勧められますね。子供に歌う楽しさを教える教材としても面白いかもしれません。オイラ自身も歌いたい曲が山ほどあるので、サービスインが待ち遠しいですね。


その後は全体会議で、音楽を使ったアイデアをみんなで考えました。お題は音楽とはまったく関係ないあるものを使って画期的なサービスを考えようという内容で、オイラの考えたアイデアがうっかり3位にノミネートされてしまい、「初音ミク」のソフトをゲットしてしまいました。そのアイデアとは、みんなが普通に使う箸にビートを刻む機能を持たせ、美味しさをビートで表現してオンラインのレビューサイトで共有しようというアイデアです。どうやら箸という思いもつかない分野からアイデアを引っ張ってきた部分が評価されたようでした。


オイラ自身も美味しさを表現するボキャブラリーの少なさについて、常日頃から感じているのでそれをアイデアにしてみたわけですが、箸でビートを刻むのってあまりお行儀がよくないから、その辺りの詰めが1位を取れなかった理由ですかね。ちなみに1位の景品はYAMAHAのキーボードでした。うらやましいはうらやましいけど、オイラがもらっても宝の持ち腐れになっていたな。。


というわけで、音楽を身近に感じられるようなサービスの実現が早くも楽しみです。この辺りのサービスはどんなに要素技術が素晴らしくても、ユーザインタフェースがしょぼいとまったく使われませんから優秀なFLASH職人をYAMAHAさんは募集しているようですよ。


VOCALOID2 キャラクターボーカルシリーズ01 初音ミク HATSUNE MIKU
クリプトン・フューチャー・メディア ( 2007-08-31 )
おすすめ度:アマゾンおすすめ度
Powered by mediamarker



別窓 | New! | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨

夢をかなえるゾウ

ずっと積ん読になっていたんですが、ようやく読みました。


夢をかなえるゾウ
水野敬也
飛鳥新社 ( 2007-08-11 )
ISBN: 9784870318052
おすすめ度:アマゾンおすすめ度
Powered by mediamarker



基本的には何をやっても長続きせず、日々惰性で過ごしているうだつの上がらないサラリーマンの前に、ガネーシャと名乗るヒンズーの偉い神様が突然現れます。この辺の話の展開は、ウケる技術やLOVE理論を書いた著者の面目躍如といったカンジですね。






すでに60万部を売り上げており、さらにドラマ化することが決定したそうなので恐らく100万部も突破しそうですね。特集サイトにも様々なコンテンツが用意されているので、バイラル効果も相当ありそうです。ドラマの主人公は恐らく大泉洋とかになるんでしょうか?


肝心の内容ですが、さまざまな自己啓発本のエッセンスを抽出したようなカンジで、そんなガネーシャのアドバイスだけを目的にしても十分買うに値します。しかしそれ以上に、“実践”することに対して繰り返しリマインドがかけられるので、読者自身がこれまでの自己啓発への失敗を振り返りながら読むことができる仕掛けになっています。


惜しむらくは、ほぼ男性向けの内容となっているので女性にとってはあまり馴染みのないシチュエーションが多かったりします。恐らく「毎朝、全身鏡を見て身なりを整える」なんて女性にとっては当たり前のことでしょうし、ホメたり人にプレゼントをするなんて行為も男性にとっては恥ずかしくても女性にとってはあまり改めて意識することがないことでしょう。


そんなカンジで恐らく、二匹目のドジョウを狙って女性向けのダイエットに関するバージョンが出てくるのではないかと予想しているわけです。21世紀のヒットメーカーの代表作として、一読の価値がある本だと思いますよ。



夢をかなえるゾウ
Amazonで購入
書評/ライフスタイル


別窓 | Books | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ソニーがつくったブランコ

brancoという、SONYの「デスクトップに貼るTV」のサービスが始まりました。
早速Bloger向けの説明会が開かれたので行って参りました。

branco.jpg




概要は、
・ブラウザではなく、専用ソフトをDLして視聴するWMPのようなイメージ
・画質は非常によく、フル画面にしてもまったく劣化しない
・VODのようにユーザがオンデマンド再生するのではなく、地上波と同様に垂れ流し
・地上波と同様、途中でCMが入り、画面の下にスポンサーサイトへのリンクが表示
・当面は昔のTVコンテンツの再利用、いずれは独自の放送局となりたい
・番組ごとにチャットボックスを設置、最大15名まで同時入室できる

弱点は、
・WindowsXP以降、Macには非対応、メモリは1GB以上必要?
・フレッツ光の有線での接続が必要、無線LANは今のところNG



YouTubeやニコニコ動画の流行により、インターネットで動画コンテンツを楽しむシーンというのは確実にユーザに浸透してきています。一方でこれら動画コンテンツをどうやって営利活動に結び付けるのかという課題については、まだまだ試行錯誤が続いており現在のところは広告での収益モデルが中心となっています。


天下のソニーが作っただけあり、その画質やスペック的な部分は申し分ないわけですが、やはりどうしてもサービスとしての中途半端さは感じてしまいます。つまり、インターネットの世界にどうして旧来の地上波と同様の視聴スタイルを持ち込んだのか?という違和感です。単純な視聴者の行動パターンでいえば、地上波はリモコンでTVを付けるというシンプルな動作で視聴できるわけですが、brancoはPCを立ち上げてソフトウェアを立ち上げてチャンネルを選ぶという、3倍もの大きな手間が発生するのです。


ここからはオイラの勝手な分析になりますが、恐らくソニーはその辺のユーザインタフェースについても視聴者の導線を変更することを狙っているのです。ソニーは新たにデジタルフォトフレームという市場を活性化させるべく、製品を投入しました。この分野はもともとソニーのお家芸であり、ロケーションフリーテレビサイドPCというコンセプトもいち早く取り入れてきています。もちろんPSPMyloといった個人メディアもあり、さらに当然今後は有機ELを使った製品開発が行なわれていくことでしょう。


つまり、ソニーはユーザのPCという限られたインターフェースをリビングや屋外までに開放する製品を開発するために、そこに流すコンテンツビジネスをいち早く立ち上げる必要があったのではないかと思います。CMなどの広告モデルを確立させれば、単なる製品の売上げだけではない新しい収益が生まれるわけですし、逆にbrancoで収益を上げることに固執する必要がなくなります。


もちろんbranco自体は画面下のリンクからキャンペーンのWebサイトにダイレクトに飛べるので、「続きはWebで」とか「この言葉を検索!」みたいなCMと親和性が非常に高いです。広告主から見れば、インプレッションではなくコンバージョンで効果測定できますし、リスティング広告やSEOといった面倒くさい作業を行なう必要もないですから、もしかしたら広告代理店潰しのビジネスモデルになるかもしれませんね。むしろWebサイト自体のCMなんかもアリかもしれません。


brancoの可能性は「デスクトップに貼る」どころではありません!WiFi対応や圧縮技術をもうちょっと開発していただいて、気軽に使えるサービスにブラッシュアップしてもらいたいですね。あ、オイラのPCはMacだからインストールできないや。。


別窓 | IT | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

アサヒ新聞で出世する方法

昨日の朝日新聞夕刊にこんな記事が。
いくらシニカルなコラムとはいえ、全国紙にこんなの載せるべきなのか…?

20080403191302.jpg



1.保身と無責任を肝に銘ずべし
2.失敗は全て他人のせいにせよ
3.偽なくば会社立たずと考えよ
    ×     ×
4.闇の圧力にとことん屈すべし
5.法や裁判所の命令は無視せよ
6.他の客の迷惑を第一と考えよ
7.世間の批判に馬耳東風であれ
    ×     ×
8.正義感や気骨、見識は捨てよ
9.悪事には見て見ぬふりをせよ
10.つねに尻尾を振るポチであれ


さすが、2007年流行語大賞!
2008年度も絶好調でアサヒってます。

「ネット流行語大賞 2007」の結果

順位 単語
1 アサヒる
2 スイーツ(笑)
3 ゆとり
4 ニコニコ動画
5 Nice Boat
6 初音ミク
7 自宅警備員
8 アッー!
9 KY
10 ニコ厨
11 そんなの関係ねぇ
12 自重
13 CLANNADは人生
14 どんだけ~
15 でっていう
16 やらないか
17 常考
18 オザワる
19 滝川ルネッサンス
20 なんぞこれ
21 リア充
22 購入厨
23 オプーナ
24 アベする
25 はたけフリーズ

別窓 | 小ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

GmailのインターフェースをCoolにする

Gmailのインターフェースを黒っぽいCoolなデザインに変更できるFirefoxのアドオンを見つけたのでご紹介。

Gmail_Cool.jpg


1.まずStylishという、Firefoxアドオンをインストールします。

2.続いて、Gmail Redesignedというメールスキンをダウンロードします。
  (中ほどの画像の下辺りにダウンロードボタンがあります)

3.最後に、Gmailの言語設定を[English(US)]に変えると、
   Coolなインターフェースに早や変わり!


FirefoxでGmailをよく使う人ならば、是非試してみてくださいね。


別窓 | IT | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

新社会人に贈る3つのキホン

新社会人を始められた皆さん、おめでとうございます。新しい出会いや発見がたくさん待っているのは楽しみでもあり、不安でもあるのでしょうね。そんな新人の皆さんにエールを贈る意味で、とりあえず3ヶ月の間でマスターしておいた方がよいことをご紹介。


1.ブラインドタッチ
どんな職場でもPCくらいはすでに当たり前のものとして存在しています。メールを打つのにも、レポートを作成するのも、Webで検索するのも、すべて文字入力のスピードが律速となります。ブラインドタッチはすべてのPC作業の基本、これまで携帯電話の親指で入力していたことを、是非キーボードを使って表現してみてくださいね。この基礎さえしっかりしていれば、さらにショートカットキーやプレゼン作成などに発展していけますよ。


2.名前を覚える
まずは部署の上司や先輩、同僚みんなの名前を完璧に覚えてください。座席表などがあれば、それを丸暗記するぐらい頭に叩き込むこと。もしあなたが分からないことがあって質問したいとき、「すみません、これ分からないんですけど。。」とつぶやいても、みんな忙しいから相手してもらえないケースが多いです。そんなとき、「○○さん、これ教えてください!」と指名して教えを乞う方が積極的に評価されます。もちろん、新人の仕事として電話の取り次ぎなどに発展していきますから、顧客の会社名と担当者、そして社内の担当者を把握することで自分の部署がどんな仕事をしているのか理解できるようになりますよ。


3.Blogを書く
前述2つを包括しつつ、新人という貴重な期間の経験談を業務日報とは別にBlogという形で残しておくことをオススメします。別に外部に公開する必要はないので、mixi日記でもなんでも構いません。自分が感じたこと、経験したことを自由に表現してください。input⇒outputのサイクルが最も身に付くコツです。初心忘れるべからず、自分が新人のときにどのように考えて何に悩んでいたのかを振り返ることは、2-3年経ったら非常に参考になります。未来の自分だけではなくて、離れた友達などへの近況報告代わりにもなるので、面倒でも習慣にした方がよいですよ。


以上、私が新人に贈る3つの基本です。簿記をやれとか本を読めとか、座学の知識 は仕事をしていく中で自然と身に付くものです。先輩諸氏も、魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えるようにサポートしてあげてくださいね。



別窓 | ビジネス | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

エイプリルフール笑撃ランキング



新着情報30件→RSS
goo ランキング
Webのエイプリルフールネタで衝撃的だったものランキング
1ゴーン氏、日本に帰化
2エイプリルフール中止のお知らせ
32ちゃんねら向けの新ドメイン「.orz」が運用開始
4渋谷にいた平成の忠犬がDNA鑑定の結果、ハチ公の子孫だと分かった
5沖縄に『幻の新島』 地震頻発で再浮上
6巨大台風が日本上陸!
7マウスをくるくる回すことで発電を行う「Yahoo! エコ発電」の参加者募集中
8脳の記憶メカニズムに関する特許権取得。ヒトの記憶を閲覧できるヘッドセット発売へ。
9ドラえもん公式サイト「ドラえもんチャンネル」が「スネ夫チャンネル」に変更
10ひろゆき氏と電車男の対談。電車男の素顔が見れる。
もっと見る
(C) NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.





個人的にはガッツ石松がOKWaveの顧問に就任がツボ。
http://www.okwave.co.jp/news/press_log/2005/0401.html



別窓 | 小ネタ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

エイプリルフール

今日はエイプリルフール,1年に1度の嘘をついて良い日です.

そもそもこのエイプリルフールの習慣は17世紀のイギリスが起源と言われており,当時の王侯貴族たちがエリザベス女王から叙勲を受ける日が4月1日でした.

そのため4月1日には○○が勲章を受けるとか,▲▲の位が上がるとか,様々な憶測や噂話が飛び交うようになり,それらのプロセスを楽しんでいくウチに半ば冗談で嘘をついても良い日という風になったらしいです.

つまり「あなたはこの1年間こんなに頑張ったから絶対に勲章もらえますよ」とか,「あなたぐらいあの大臣の座に相応しい人は他にはいない」とか,あからさまなおべっかとも思えるような嘘ホメ作戦があちらこちらで行なわれて,その結果いろいろな人々との結束を固める意図がありました.

ですからいくらエイプリルフールとはいっても,悪意のある嘘をつくことは許されません.なんだか騙された人がほっこり幸せになるような,笑いが伴う嘘である必要があります.














...というわけで,この話も真っ赤な嘘だったり.
別窓 | 小ネタ | トラックバック:0
∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。