株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[環境]カーシェアリングの普及

カーシェアリング事業への参画
三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:槍田松瑩)は、会員が同一の車を共同利用するカーシェアリングのサービス事業を開始するため、カーシェアリング・ジャパン株式会社(以下CSJ、本社:東京都渋谷区)を設立しました。
CSJは、2009年1月より会員募集、並びに東京都内でのサービスを開始し、順次、事業規模を拡大していく予定です。



大手商社の参入によって、カーシェアリングの普及に弾みがつきそうですね。昨今の自動車の売れ行き低迷を考えると、カーシェアリングのように固定費を抑えた形での自動車利用は個人のみならず法人にとってもメリットがありそうです。


実際、オイラの前職でも社用車は1台ありましたが、営業先が都内ということもありほとんど利用されていませんでした。むしろテナントビル全体で共用できるような共益の仕組みがあれば、テナントビルにとっても駐車場スペースを削減したり、テナントビル自体の売りとしてアピールできるメリットがありますね。


現在、カーシェアリング事業は、オリックスレンタカーマツダレンタカーといったレンタカー事業の延長として展開されています。もちろんレンタカー事業者にとっても安定的な収益が見込める事業としてのメリットがある一方で、レンタカー事業者のオーナーである自動車メーカーにとっては新車が売れなくなるリスクに繋がります。


だからこそ自動車メーカーとの利害関係が比較的少ない三井物産がカーシェアリング事業を開始することは、これまでの自動車の利用方法が変わる可能性が高いです。恐らく、プラグインハイブリッドや燃料電池車といった新しいエコカーの導入も進むに違いありません。そうすると既存のガソリン元売りを中心としたエネルギー供給インフラも、水素ステーションなどに置き換わっていくことに繋がります。


ニュースとしては小さいことかもしれませんが、バリューは非常に大きい内容ですね。
スポンサーサイト

別窓 | 環境 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[イベント]忘年会議2008に行ってきた | 株式会社エコブランド代表Blog | [イベント]StarBrand×BusinessBank Thanks Xmas Party>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。