株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[政治]オバマ大統領が当選した理由

2008年の世界最大の話題といえば、初の黒人大統領オバマ氏の誕生でしょう。全米がこの新しいヒーローの登場に歓喜し、世界中から祝福の言葉が舞い込みました。「Yes, we can」は流行語になりましたね。



そんなオバマ氏の大統領選挙戦に密着取材した方々とお話しする機会がありました。47歳、上院議員として1年目のダークホースに過ぎなかったオバマ氏を民主党での指名獲得、そして大統領選挙での勝利に導いたものは何だったのか、現地取材を通して感じたナマの声に、新しいアメリカの誕生を実感しました。


アメリカ大統領選挙では、Facebookを中心としたネット選挙が大きな成果を挙げました。オバマ・サポーターと言われる学生たちが各大学でロビー活動を行ない、若者たちに投票を呼びかけます。Facebookの仕組みでは、フレンドがオバマ氏のサポーターになるとフィードが送られてきて誘われる仕組みとなっています。若きカリスマが登場したことを知った学生たちは歓喜し、オバマ・サポーターは急速に拡大していきます。


実はこのオバマ氏のネット選挙の参謀となった人は、Facebookのファウンダーであるマーク・ザッカーバーグ氏です。Webインターフェースの開発に熟知した彼は、オバマ氏の魅力を伝えるコンテンツを創り上げ、サポーターとしてのコミットと献金を求めるWebページを作成しました。少しの行動でサポーターになることができ、献金しやすくする仕組みというのは学生たちが主体的に支援活動する理由となり、こうして若者を中心とした熱狂的なオバマ・フィーバーが形成されていったのでした。

生声CD付き [対訳] オバマ演説集

朝日出版社 ( 2008-11-20 )
ISBN: 9784255004518
おすすめ度:アマゾンおすすめ度



もはや選挙とネットは切り離せなくなっています。次期衆院選でも、ネット選挙の解禁を巡っての議論がまた噴出してくることでしょう。日本の政局においては、自民党も民主党もイマイチ信頼に足る政党ではありませんが、ことネット選挙解禁という争点にフォーカスすることが重要である気がします。若者が政治影響力を発揮するラストチャンスにおいて、他の政策に目をつぶってもネット選挙解禁をマニフェストに謳う政党に投票することが、若者たちにとっての正義に繋がることでしょう。


スポンサーサイト

別窓 | 政治 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[イベント]著者と読書会をする、ということ | 株式会社エコブランド代表Blog | [Books]女はなぜキャバクラ嬢になりたいのか?>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。