株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[真面目]世代間戦争がはじまった

世代間戦争
私の世代は払った以上の年金を受け取れるので、これはすばらしい制度だ。しかし若年世代は、私の世代の最大18倍の税金を負担する。本当は、若者は暴動を起して、フリードマンのいうように公的年金制度を廃止させるべきなのだが、幸い彼らはそれに気づかない。景気対策がどうとかいう話は、その目くらましである。リフレを賞賛して「世代間の負担は生じない」などとうそぶいている辻説法師は、ノンワーキング・リッチの既得権を代弁しているのだ。



現在31歳のオイラが、恐らくほとんど年金をもらえないであろうことは自明です。支給年齢が引き上げられたり、支給額が減らされたり、いずれにしても納めた分を取り返すことも困難でしょうね。そして政府は主にサラリーマンを狙ってこれら年金や所得税増税を画策しているわけですから、今後サラリーマンの家計がどんどん圧迫される一方で定年延長などによって働かざるを得ない状況に追い込まれることは目に見えています。


オイラはこんな持続不可能なサラリーマン生活を早々に見切って、納税額や年金制度を自身でコントロールできるようにしたわけですが、オイラの同年代の大半にとっては、この不況でサラリーマンを辞めて生きていく方法も分からず、このまま茹でガエルのように煮詰まっていくのを待つしかない状況だったりします。


そこで最近、注目?を集めているのがサイレント・テロです。

サイレント・テロとは―

現在の社会状況、または自らの置かれた社会的状況に対して悲観的観測を抱きながら、それを「現実」として受け入れようとするときに起こる人々の行動。

その「悲観的状況こそが「現実」なのだ」と諦観する、一種の「絶対観」的な「現実肯定」に基づいて、「スロー消費」「非婚・晩婚化」「少子化」「NEET」「ひきこもり」「自殺」などのように、さまざまな社会活動――消費行動や人間関係、ひいては自らの生存そのものを消極化、縮小、または消滅させていくこと。

これらの消極的かつ間接的な暴力によって、意図するとせざるとにかかわらず、「見えない社会の空洞化」が引き起こされる。現在の社会に対する消極的抵抗、あるいは沈黙の異議申し立てであるといえる。



本来、社会の労働力を担うべきである20-30代にこのような“静かな抵抗”が広がることによって、年金や税金のシステムが破たんする速度は加速します。我々が受給する年齢に達する前にこれら旧来の制度を破たんさせてしまえば、上手くいけば我々は社会システムの再構築というもっともエキサイティングな事業に従事することができます。


これらサイレント・テロの手口は、倫理的には間違っているでしょう。労働も恋愛も消費もせずに引きこもって何が楽しいのか、と思うでしょうが、逆説的には労働や恋愛、消費に楽しみを見出せないからこそ沈黙しているとも言えます。個人的には、農業による物々交換であるとか、ボランティアやオープンソースといったGDPには表れない労働が増加しているからこそ、言われるほどに景況感は悪化してないと思っています。


いずれにしてもオイラ個人としては、海外移住や半農半Xの暮らしを選択肢として用意していくつもりです。世代間戦争などといった不毛な争いに加わるつもりはありませんので、悪しからず。

半農半Xという生き方 (ソニー・マガジンズ新書 20)
塩見 直紀
ソニーマガジンズ ( 2008-08 )
ISBN: 9784789733137
おすすめ度:アマゾンおすすめ度



スポンサーサイト

別窓 | 真面目 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[LifeHacks]東京温泉物語 | 株式会社エコブランド代表Blog | [イベント]スマートな男を印象づける技術>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。