株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[政治]幕末自由民主党

自由民主党の崩壊が近づいていますね。戦後日本の復興を支え、共産主義への対抗を党是としてきた保守自民党にとって、冷戦崩壊が党としての役割を終えることになるのは自明であり、むしろここまで延命処置を施しながら生き長らえてきたことこそが政治の低迷を招いているといえます。


本来であれば、次期衆院選で自民党が大敗することによって野党民主党が政権奪取するという形で盛り上がりそうなものですが、この民主党に対しても果たして政権担当能力があるのか、疑問があります。小沢首相というのも何だか想像しにくいですし、民主党内も一枚岩ではない以上、円滑に政策を展開できる状況ではなさそうです。


そこで現在の政局で話題になっているのが、自民党、民主党それぞれの反乱分子が飛び出して第三極の政党を立ち上げ、二大政党制を打破するのではないかという期待です。その第三極の中心人物になりそうな田中秀征氏のコラムを読んでいると、2009年はその大きな流れが来る予感がしてきます。


実際、渡辺喜美元行革相が実質的に離党宣言するなど、低い内閣支持率を見限って自身の主張を明確にする自民党議員も出始めています。経済政策に関しては、中川秀直元幹事長なども現政権とは距離を置いていますから、今後の政局如何ではもっと多くの自民党議員が離党する流れに発展するかもしれません。


一方で、YKKK=山崎拓、加藤紘一、亀井静香、菅直人といったすでに「終わった」感のある政治家たちも、独自の動きをしています。この辺りが自民党、民主党といった枠組みから脱することができないことは容易に想像できるわけですが、一方で自公連立政権への「毒を以って毒を制す」役割としては、一定の効果は期待できそうです。特に公明党周りの処理は、長年争ってきた彼らの出番でしょうね。


今は首相に適任な人材が思い当たらないという異常な状況になっていますが、このようなときに混迷を救うヒーローが登場するのも歴史が証明しています。麻生政権は戦後60年続いた自民党幕藩体制の最後の将軍として、これまた歴史に名を刻まれることでしょうね。



スポンサーサイト

別窓 | 政治 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[真面目]誰かのせいで不幸になった人たち | 株式会社エコブランド代表Blog | [LifeHacks]夢をかなえる方法>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。