株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[動画]14年前の悲劇

今から14年前の1995年1月17日、阪神淡路大震災が起きました。当時高校生だったオイラは、朝からテレビ画面にくぎ付けになっていたことを思い出します。5時46分に発生した地震から、第一報が入ったのは5時50分頃。当然、その時間はオイラはまだ寝ていました。




そこから母親にたたき起こされ寝ぼけながら居間に行ってみると、TVのなかでは崩壊して煙を上げる神戸の街並みが映っていました。眠気も吹き飛び、食い入るように画面を観ているうちにどんどん被害状況が判明していきます。これは大変な震災だ、、それまで平和にのほほんと暮らしてきたオイラにとっては衝撃的な映像でした。







学校に行っても授業はせずに、先生と一緒にずっとTVを観ていました。授業なんかよりも、現実で起こっているリアリティの方がよほどに教育になりました。








その後に社会人となって関西に赴任したオイラは、先輩などから当時の様子をたびたび聴く機会がありました。当たり前だった日常が突如崩壊する恐怖、全国から集まった支援の温かい輪、想像以上に早かった復興、、このような極限状態にあって、人間は驚くほどに強くなれたのだそうです。


そう、我々日本人には、敗戦や数々の自然災害から立ち直ってきた強さがあります。だから、単なる金融のちょっとしたミステイクによって社会が崩壊するわけがないのです。阪神大震災は忘れないでしょう。我々の強さの証として。


スポンサーサイト

別窓 | 動画 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[Books]「つらぬく」経営-世界で評価される小さな会社 | 株式会社エコブランド代表Blog | [Private]また1つの、永遠の別れ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。