株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[Books]「つらぬく」経営-世界で評価される小さな会社

「風で織るタオル」で、一躍有名になった池内タオル社長の自伝的書籍です。IKTタオルのブランディングやオーガニックコットンを使った赤ちゃんにもやさしいタオルなど、衰退産業と言われたタオル業界でどのようにして民事再生から立ち直ったのか、とてもパワフルな池内社長の人柄が感じられる本です。



本を読む【Before】
・主に中小企業向けに、環境面でのブランドづくりを行なうために必要なことは何だろう?
・タオル産業という成熟産業のパラダイムを変えるために、どんなマーケティングを行なったのか?

本を読んだ【After】
・タオルが主に贈答用で、選択の余地がなく使われているという実態。
・そこに対して“IKTマニア”を生み出し、選ばれるタオルによるダイレクトマーケティング。
・グリーン電力やオーガニックコットンなどの原価高は、流通を工夫することによって抑える。


今はどんな業界でも、閉塞感に包まれています。少子化でマーケットが縮小するなかで、どのように売上げや利益を確保すればよいのか、そこに対するヒントは薄利多売ではなく、徹底的に顧客が幸せになる価値を提供することにあります。そしてその価値にこそ、売上げや利益は付いてくるのです。


確かに『「つらぬく」経営』なんて本のタイトルはイケてないので修正すべきでしょうが、竹繊維で編んだ戦略商品の開発など、池内タオルの軸は今年もまったくブレていません。これこそが、多くの中小企業が目指すべき、「つらぬく」経営ということなのでしょう。

スポンサーサイト

別窓 | Books | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[ビジネス]MBAケーススタディをやってみた | 株式会社エコブランド代表Blog | [動画]14年前の悲劇>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。