株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[イベント]生命保険の秘密、公開します

ライフネット生命主催の「生命保険、保険料の秘密公開ブロガーミーティング」に参加しました。出口社長自ら生命保険について、その収益モデルの仕組みを大公開するという、業界的にある意味タブーでもあることを教えていただきました。


生命保険は、加入する際に比較検討することがありません。基本的に営業される際には1社専属の生保レディさんなどが来て、他社との比較もしないままにおススメのプランに加入させられるというのが主流ですね。実際、オイラが勤めていた会社でも専属の生保レディさんがいたりして、そこで勧誘されて入る人も多かった記憶があります。


生命保険料は月8,000円~15,000円と、サラリーマン所得の5%程度を占める大きなものです。互助の仕組みが何かあったときのためのセーフティネットの役割をする、というのがよく言われるセールストークです。とはいえ実際の生命保険は複雑になりすぎていて、いざ病気になったときに自分の症状が保険適用となるかどうか、分かる人はほとんどいないのではないでしょうか。


はっきり言ってそれは異常です。顧客に対して理解が困難な商品を、他の保健商品と比較検討することなく加入させているわけですから、この生命保険という競争環境のない仕組みの利益率は相当高いのではないかと思われます。


そこでライフネット生命では昨年、「生命保険の原価」である付加保険料の開示に踏み切りました。付加保険料とは、保険金支払いの原資=純保険料 以外の、保険会社が生命保険を販売・運用管理するために掛かる費用です。つまり、会社としてこの付加保険料から従業員の給与や広告宣伝費、販売管理費を捻出しているわけです。もちろん、金融資産運用であったり企業としての利益もこの付加保険料のなかに含まれます。


この付加保険料を開示したことは、業界に少なからず衝撃を与えました。上場企業などでは財務情報を開示することは常識ですが、相互会社が大半の生命保険会社がその財務情報を開示するのは業界的にはタブーだったわけです。そのなかで付加保険料が純保険料と同等だったり、一部では付加保険料が純保険料の2倍に達しているところもありました。


加入者から見れば、月々の支払金額=純保険料+付加保険料 なのですが、実際に保険金として還ってくるのは 純保険料 のみとなります。つまり、付加保険料の割合が大きければ大きいほど、受け取れる保険金額が小さくなるのです。よく満期になると還ってくるタイプの生命保険もありますが、あれはあれでキチンと原価=付加保険料 を計算していますから、お得ということはありません。


この生命保険の純保険料に関しては、標準生命表という日本アクチュアリー会が出している年齢男女別の死亡率が使われています。この標準生命表を見るとまたビックリなんですが、男性の死亡率って女性の倍だったりするんですね。だから女性の保険料が安かったりするわけです。標準生命表の死亡率自体は、結構バッファーを持って設定されていますから、実際の死亡率というのはこの標準生命表のものよりも低くなります。この差分は死差益と呼ばれ、生命保険会社の主な収益源となっているのです。


これら生命保険の仕組みについて、我々はあまりにも知らないことが多すぎます。それは、保険業界が情報を開示してこなかったということもあるのですが、生命保険は税金と同じく加入して保険料を徴収されるのが当たり前だという、我々の無知にも問題があると思います。そんな旧態然とした生命保険業界に風穴を空けるライフネット生命の取組み、岩瀬副社長とも再びお会いすることができましたし、今後も応援していきたいものですね。





<参考>

1. ライフネット生命保険株式会社オフィシャルサイト
http://www.lifenet-seimei.co.jp/

2. 現在展開中の中山きんに君出演特別コント講座
http://www.lifenet-seimei.co.jp/special/

3. 出口社長の保険トレンドブログ「デグチがWatch」
http://www.lifenet-seimei.co.jp/deguchi_watch/

4. 岩瀬副社長のブログ「生命保険立ち上げ日誌」
http://totodaisuke.weblogs.jp/blog/

5. ライフネット生命保険社員ブログ
http://staff-blog.lifenet-seimei.co.jp/
スポンサーサイト

別窓 | イベント | コメント:1 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<[Books]ハーバード・ケネディスクールからのメッセージ | 株式会社エコブランド代表Blog | [イベント]ナマ勝間和代を観てきた>>

この記事のコメント

TBありがとうございました。
生命保険業界に真っ向勝負していく熱い語り口に私も熱くなってしまいました。日本の効率化にもなりますし、応援していきたい会社です。
2009-02-01 Sun 09:52 | URL | stanaka #j6Tq.Odo[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

前著『生命保険入門』のアップデート&口語版 より良質な入門書に進化 生命保険はだれのものか―消費者が知るべきこと、業界が正すべきこと出口 治明ダイヤモンド社 2008-11売り上げランキング : 23,830おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools A5横書きからB6縦書... …
2009-04-15 Wed 22:36 The企業年金BLOG
∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。