株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[環境]ギャルが農業をする時代

ギャル社長・藤田志穂さんが農業をやるニュースがいろいろと話題になってますね。若い人を中心に応援するメッセージだったり、Yahoo!知恵袋では相変わらず批判的なコメントが多かったり、とにかく農業に興味を持つきっかけとなる話題を提供していることは事実です。まぁネットの書き込みだけで行動しない人が97%なんでしょうが、それでもこのようなトレンドで終わらせない仕組みを構築できれば、ギャルを中心とした若者が農業に飛び込んでいくことでしょう。


実際、オイラも発起人として参画している「農家のこせがれネットワーク」では、すでに500人以上の若者がこの農業と都会を結ぶ取り組みに関心を寄せており、田舎で働き隊!という農水省の取組みにも多くの若者が参加しそうな勢いですね。そう、時代は農業なのです。エライ学者さんが食品の安全性がどうとか、政治家さんが食料自給率が何とかとか、眠たいことを言っている間にも若者たちは何が必要とされているかに気づいているのです。


農業にはとんでもない可能性があります。カロリーベースでの食料自給率の欺瞞など、いろいろと教えてあげたいことはたくさんあるのですが、それよりもまずは関心を持ったことには飛び込む行動力、それこそが若い人たちの魅力ですね。農業は甘いもんじゃないとか、とにかくできない理由を探す大人たちは放っておけばよいのです。何しろ彼らも、食べ物がなければ生きていけないのですから。


オイラは、農業をやろうとしている若者たちを全面的に支持します。


スポンサーサイト

別窓 | 環境 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[真面目]自分棚卸しのススメ | 株式会社エコブランド代表Blog | [イベント]建築家・隈研吾の原点>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。