株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[真面目]自分棚卸しのススメ

オイラはちょうど1年ちょっと前の年末年始に、福島県いわき市で1人合宿をしていました。30歳という年齢の節目において、いったい今後の人生をどのようにしていきたいかをじっくり考える時間を取りたいと考え、わざわざ東京を離れていわきの温泉まで行ったわけです。


いわきではアクアマリンふくしまや初日の出など、観光気分で盛り上がってしまいましたが、あくまで目的は自分の人生のベクトルを決めるということでスケッチブックとペンを持ってひたすら人生の設計図を書いていました。40歳、50歳、60歳、70歳と10年刻みでの“こうありたい自分の姿”を下手な絵なりに明らかにして、そこに付随する要素としてどんなことが必要なのかをどんどん書いていきました。


その結果オイラ自身の人生において、40歳も50歳もサラリーマンであり続ける人生は存在しませんでした。ワークライフバランスとかいう家庭と仕事の両立なんて甘ちょろいもんではなくて、完全に家庭と仕事のベクトルが一致している人生でした。だから、自分でビジネスを立ち上げるしかないという選択肢を選びました。1年間じっくりと時間をかけて準備して、自分の人生を賭けるに値するビジネスを立ち上げようと決意しました。


果たしてこんな人生あり得るのか、と最初は不安でした。でも、同様の考え方を持っているメンターの方と知り合い、また起業に向かって進んでいくに連れて応援してくれる仲間たちが増えていき、オイラ自身の不安は次第に確信へと変貌していきました。これだけ友達がたくさんいれば、起業しても何とかやっていけるだろうと思ったときに、前職でもちょうど仕事上の役割が変わり始めていたので退職しました。


いま、また世の中の景気が悪くなってきて、旧友などと話をするといろいろ閉塞感に悩んでいるケースが多いです。このまま会社にしがみついてもビジネスが拡大していく見通しが持てず、結局給料も上がらず大した仕事もできずに年老いていってしまうのではないかという焦燥や、部下ができ始めて口では偉そうなことを言うのだけれど、実際は自分自身が迷っているのに部下の分まで責任を取れるのかといった不安が顕在化しています。


だから、そんな彼らに対してオイラは1人合宿して自分の棚卸しをすることをおススメしています。自分の棚卸しをすると、サラリーマンを続けるにしても起業するにしても、自分の人生を主体的に生きようとする意欲が湧いてきます。その結果、個人としてのパフォーマンスも上がって家庭も仕事もハッピーになるのではないでしょうか。


最近では、そんな自分自身の棚卸ししたネタをストーリーに仕立てて、起業したあいさつ回りでのトークにも利用しています。そうするとみんな応援したいと言ってくれたり、仕事をもらえるものなんですよね。是非、時間を無理矢理に作ってでもやってみてください!


スポンサーサイト

別窓 | 真面目 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[ビジネス]日本企業トップへの提言 | 株式会社エコブランド代表Blog | [環境]ギャルが農業をする時代>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。