株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[環境]東京湾が死の海になっている

死の海だった東京湾! 身近な海の“今”を知る
東京湾は死の海だった?! 多摩川にアユが戻ってきたり、江戸前アナゴが店頭に並んだり、東京湾にはキレイになりつつあるイメージを持っていいた。しかし現実はまったく違っていた。東京湾の生態系について長年調査を進めている東邦大学理学部東京湾生態系研究センター長の風呂田利夫教授に衝撃的な現実を教えられた。



いま、東京湾が死にかけています。護岸には生物の生息している様子はまったくなく、ただただ淀んだ水と砂の死の世界が広がっているのが現状です。その原因というのが富栄養化による赤潮の発生、増えすぎたプランクトンによって貧酸素状態が引き起こされ、周辺海域の生物が死滅するのです。


それではどうして富栄養化するのでしょうか?それは、東京の下水道システムにカギがあります。東京の下水道は、東京オリンピック前の突貫工事で造られました。オリンピックを開催するような都市が、下水道も整備されていない不衛生なところだと思われたくなかったのでしょうね。ただし予算や工期の都合上、この下水道は合流式下水道という方式で造られました。


合流式下水道は、雨水と汚水を同じ配管で処理する下水道です。効率的ですが、一たび雨が降ると下水道では処理しきれない水量が溢れるようになります。すると、溢れ出た下水は都内を流れる河川を通じて、そのまま海へと放流されます。下水にはキッチンやトイレから出た栄養分豊富な有機成分がたくさん含まれていますから、それが海の富栄養化へと繋がるわけですね。

gouryuu.jpg

なので、国土交通省は合流式下水道の改善を進めています。しかし都内の下水道の大半は未だに手つかずであり、最近はさらにゲリラ豪雨なんてものまで発生していますから、家庭からの生活排水がダイレクトに海に流れてしまうケースが増えています。海の生き物は死滅し、海藻すらも生えない海が広がります。そして東京湾が死の海であるために対流が起こりにくく、ヒートアイランド現象の遠因となっているとも言われています。


東京湾はもともと、江戸前と言われるように豊かな生物多様性をもった遠浅の海でした。それが、護岸はコンクリートで埋め立てられ、人口増加に伴って生活排水が流入することで汚染が進み、生き物が住めない海になってしまいつつあります。東京都も現状ではマズイことに気づいており、湾にせり出した埋立地に港湾やコンビナートを設置して、本来の海岸線は干潟や自然の海岸を復活させるためにアクションプランを設定しています。


今ならばギリギリ間に合うのでしょうか。少なくともこの合流式下水道を分流式に変える公共事業であれば、政府紙幣を発行してすぐにでも取り組むべきだと思います。未来に豊かな生態系を残すことに投資をするのが、本来の景気対策になるはずなのですから。

スポンサーサイト

別窓 | 環境 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[動画]夢のカタチ | 株式会社エコブランド代表Blog | [真面目]大人になってから“知り合い”をつくるのは簡単だけど、“友人”をつくるのは難しい>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。