株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

生き急ぐ人たち

日本一有名な会計士・山田真哉氏のインタビューを読んで思いました.
彼のインタビューの中に「生き急ぐ」という表現が出てくるのですが,なるほどなぁという部分があったわけです.

ライブドアサイバーエージェントの社長さんを見ていると,この生き急ぐという表現が思い浮かんでしまいます.20代で代表取締役社長になることが,余計なお世話かもしれませんがその人の人生に良い影響をもたらすのかどうか分からないからです.

私自身も人格の未熟さを感じる場面が結構あります.もちろんただ漠然と時間を過ごしていけばよいということでもありませんが,この年齢で他人の人生まで背負って立つということは考えられません.論語で「四十にして惑わず」というように,40歳くらいが経営者として最も適した年齢なのではないかと思います.

若い人々の間でも,起業という選択肢が現実になってきました.確認株式会社やLLPなど,会社法改正によって法人は作り易い状況にあります.むしろ大企業というビジネスモデルが高度成長期における,資本と労働の集約によって誕生しただけであって,それ以前は個人商店が中心だったハズです.つまり,低成長時代はフレキシブルな組織が求められることが必然なのでしょう.

2-30代はまだまだ勉強の時期であり,利己的に物事を吸収していく必要があると思います.40代になって初めて私心と社会貢献のバランスを考え始めて,60代以降は余裕を持ってアウトプットしていくというイメージが個人的にはベストだと思うんですが…
スポンサーサイト

別窓 | Private Eyes | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<昼食文化 | 株式会社エコブランド代表Blog | Next YES! Project>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。