株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

勝ち馬に乗れ

会社は3年働いてみなければ分からないと言います.
私は3年未満で新卒で入社した会社を辞めてしまったんですが,上司や先輩などには「見切りが早すぎる」と言われた記憶があります.少なくとも3年働かなくては仕事の本質が見えてこないというのです.

至極もっともなことを言っていると思います.3年もすればある程度社内人脈もできて,自分の提案などをスムーズに上層部に通すことも可能となるでしょう.ただ前提条件として,それは大企業の理屈なのです.成熟した企業風土においての時間概念であって,年長者のモノの考え方を理解するのに3年程度かかるということなのです.

正直言って小手先のビジネススキルなどは,私はすでに学生時代にフィールドワークやインターンなどを繰り返して身に付けていました.会社に入ってからも上司が指示するや否や報告書を完成させていたりして,そのうちに通常業務では勤務時間を持て余してしまうほどになりました.

何を贅沢なことを言っているんだといえばその通りでしょう.ただ実際に成熟産業の大企業の仕事は少なくとも私にとっては退屈だったのです.大企業ブランドを支えているのは1人辺りの作業分担を細分化した,単純作業の繰り返しなのです.縦割り社会で他の人や部署がやっている仕事は知らなくても回ってしまうのです.

大企業を辞めた私は成長産業のベンチャーで,隅から隅まで自分のブランドで働く道を選びました.キャリアというのは,いったん実績を作ってしまえばどんどんと高次の仕事が舞い込んでくるということに気付きました.大企業で成長の機会を失う方がよほどリスクが高いということを身を以って体験しました.

成長産業というのは自分のチカラ以上に実績が作りやすい世界です.それ故にクライアントなどからの期待もかなり大きくなります.この世界で3年も働けば,こんなプレッシャーも楽しんで働けるようになるのでしょう.

意思決定のスピードが重要視される時代に必要なのは「見切り」の能力であることは間違いありません.
スポンサーサイト

別窓 | ビジネス | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<大惨事(TxT) | 株式会社エコブランド代表Blog | サイレントウィットネス>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。