株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

アルカセット

今日はジャパンカップということで,勇躍東京競馬場に乗り込みました.
晴天の中,天高く馬肥ゆる秋といった風情の府中の杜には10万人を超えるファンが集結し,世界の強豪と我らがスターホースの対決に胸を熱くしたわけです.

レースは壮絶な叩き合いを制し,イギリスのアルカセット号が栄冠を手にしました.勝ちタイムは驚異的な2400mの世界レコード2分22秒1で,1989年にホーリックス号とオグリキャップ号がたたき出したタイムを更新しました.思えば,私が競馬にのめりこんだのもこのときのレースでの衝撃が焼きついたからであり,ついにこの記録が破られるとは隔世の感があります.

レース内容としては,古豪タップダンスシチー号がハイラップで逃げ,4コーナーでも4馬身程度の差を付けて直線に入りました.並みのGIならばこのまま逃げ切ってしまう展開ですが,そこから横一線の叩き合い持久戦となった結果,前年の覇者ゼンノロブロイ号が脱落し,鋭く差してきたハーツクライ号を抑え,アルカセット号がしのぎ切りました.

土曜日に行なわれたジャパンカップダートでも,ゴール前壮絶な叩き合いの末カネヒキリ号がレコードタイムで優勝しました.まだ3歳だけに,今後は逆に海外に出て行って活躍してもらいたいですね.

さて強い3歳馬といえば,あの馬がいますね.そう,三冠馬ディープインパクト号が暮れの有馬記念に出走します.陣営はこのジャパンカップの結果をどう見ているんでしょうね?日本ダービーを凌駕するタイムでの結果に驚いているのか,それとも日本の古馬陣のふがいなさにほくそ笑んでいるのか…
スポンサーサイト

別窓 | スポーツ | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。