株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

訃報

愛猫モカが亡くなりました.享年7歳,元気盛りの死の影も全く見えないところに,神様は非情な仕打ちを下しました.

ココに書こうかどうかも迷ったんですが,モカという存在がいたこと,どれだけ愛し,その死をどれだけ悼んでいるか,ずっと忘れないために敢えて現在の心境で書かせてもらいます.

P1020016.jpg


モカは母が拾ってきた猫です.他の猫を探しにいったところ偶然見つかり,以後同時期に家族となったチャイとともに,兄弟のように育ちました.
最初は先に我が家で飼っていた犬のシナモンなどを怖がっていましたが,成長するに従って性格も丸くなり,すっかりと身体は大きいのに気弱な猫になりました.

初めのウチは外出させていたんですが,我が家から半径5mも離れられない縄張りの狭さに加え,ある日他の猫と喧嘩して顔が倍に膨れ上がるほどの傷を負って帰って来て,獣医さんに「顔を噛まれるような猫はよっぽど弱い猫ですね」と言われ,それから室内で飼うようになりました.

それでも外に出る習性が残っていたせいか,外に出たいと喚いたり,ときどき脱走を図ったりして,でもすぐに捕まるトロい猫でした.その日も2階の屋根から脱走を図り,そのまま地面に転落して
息絶えるというあっけない最期でした.

呼ぶと「にゃあ」と返事をしたり,撫でるとゴロゴロ言ったり,身体の一部をくっつけて寝そべっていたり,ポンポンでふわふわなお腹に顔を埋めたり,そんな記憶が甦る度に堪らなく悲しくなります.もう2度と逢えないかと思うと,どうしてもっと一緒に居られなかったのか,悔やんでも悔やみきれません.

別れは必ず来るとはいえ,何の心の準備もしていない,生きていて当たり前の存在を奪われ,ようやくその大切さに気付きました.亡くなったものを悔やんでも戻ってきません.モカへの一番の供養は,他の動物たちやこれから出会う全ての小さな命たちを大切にすることです.

モカは幸せだったのか?
いつも機嫌よさそうにピンと尻尾を立て歩く姿,なんだか笑っているような表情,モカが幸せでなければこの世の全ての猫が不幸である,と信じられるような愛情に満ち溢れた一生でした.ありがとう.
スポンサーサイト
別窓 | Private Eyes | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<勝ち負け | 株式会社エコブランド代表Blog | 愛猫>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。