株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

過剰適応

薄型TVやDVDレコーダの革新は凄まじいモノがあります.
液晶やプラズマに加え,SED(表面電界ディスプレイ)という新たな投影方法のTVが開発されています.また,DVDも次世代規格としてブルーレイHD-DVDという2つの陣営が普及に鎬を削っています.

個人的にこれらの普及競争や最近のケータイの高機能化を見るにつけ,果たしてこんなに差別化が必要なのかな?と思うことがあります.新しい機能性を付加しなければ市場で生き残ることができない,そんな成熟社会の消費環境によってマーケティングが最重要視されるようになりました.

新しい技術の開発にはコストも労働力も加速度的に増大します.競争環境は技術発展に寄与する面もありますが,一方で企業やそこで働く人々にとって多くの負担を強います.これらの技術もいづれかの方向性にデファクトスタンダードが固まれば他の陣営の努力は水泡に帰すワケで,負け組の喪失感は想像以上でしょう.

実際にケータイ業界ではVodafoneが撤退する方針です.欧州型の効率経営も日本市場の高機能信奉には対応できなかったようです.果たしてケータイで音楽が聴けたり物が買えたりする必要があるのかどうか,個人的にはあまりニーズを感じないんですよね.

まぁ広告業界の端くれにいる人間に有るまじき意見でしょうが.
スポンサーサイト

別窓 | IT | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。