株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

高い買い物

ソフトバンクグループがVodafone日本法人の買収を発表しました.その買収金額はといえば,実に1兆7千億円と想像もできないような金額です.

この1兆7千億円という金額は,株式時価総額でいえば富士通やキリンビール,三菱重工といった巨大企業と同水準であり,花王やNEC,電通といった一流と呼ばれる企業よりも上です.もちろんソフトバンク自身が3兆円,傘下のYahoo!が4兆円という評価だからこそ可能な買収なんですが,そもそもVodafone日本法人に1兆7千億円の価値があるのか?ということが問題となります.

ケータイ事業には多大な設備投資が必要であり,もともと事業基盤が乏しかったJ-PHONEを外資のVodafoneが買収したという経緯があります.ところがケータイの競争環境はすでにコンテンツ勝負に移ってきており,着うたや電話機の高性能化でauやNTTdocomoに主導権を奪われてしまいました.結局料金プランの割引という独自路線でしか勝負することが出来ずに,収益構造の悪化という悪循環に陥ったわけです.

ソフトバンク孫社長は「時間を買った」と言っているように,このような設備投資までの時間を買収によって短縮化したことを強調しています.もちろんYahoo!やホークスのコンテンツと連動させることも狙っているのでしょう.ただそれはVodafone自体にはあまり価値が無いと言っているようなモノであり,やはり1兆7千億円の買収金額は高く感じてしまうのです.

ナンバーポータビリティ導入によってケータイユーザの流動化が進むといわれていますが,3,000円程度の手数料を払ってどれだけキャリアを移る人がいるのか,そもそもメールアドレスのドメインを変更しなければいけないのはどうするのか,何だかユーザ心理とかけ離れたところで経営判断が行なわれているような気がします.
スポンサーサイト
別窓 | Books | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。