株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ワールドカップ考

サッカーのワールドカップ一色になっている今日この頃,ほぼ興味のない私にとってはスポーツイベントビジネスの実態を探る絶好の機会となります.日本での放映権は某広告代理店が全て掌握しておりますが,上手くいっていないという実態があります.前回の日韓共催では全国での試合をカバーし切れないという失態を犯し,結果合弁会社が倒産に追い込まれるという何とも儲からないイベントになってしまったのでした.

今回は他国開催ということで,メディアは日本戦を中心に放映すればよいですから運営自体はラクそうです.ただ時差があること,日本代表の活躍度合いが微妙だということで広告枠自体はそれほど高騰しているわけではなさそうです.

そもそもサッカーの試合は試合途中で中断するわけにはいかないためCMを入れづらく,ハーフタイムに集中して投入してもザッピングされてしまう恐れがあります.試合自体の視聴率が高くても広告到達率はさほど高くないわけで,投資対効果が得られないと判断する企業が大半です.

だからこそJリーグなどではユニフォームに企業広告を掲載したりしているわけですが,ワールドカップはナショナルユニフォームなのでそれも出来なかったりして,採算が取れなくなってしまうわけです.

とはいえ豊富なノウハウを蓄積しているプロ野球や世界で最も成功しているNFLなど,スポーツビジネスを展開する上での参考事例はたくさんありそうです.むしろサッカーのような冗長になりがちなスポーツは,録画再放送によるモーションコントロールが有効でしょう.

IP放送のモデルケースとして利用しがいのあるコンテンツですね.
ワールドカップ 巨大ビジネスの裏側 ワールドカップ 巨大ビジネスの裏側
ジャック・K.坂崎 (2002/05)
角川書店
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
別窓 | スポーツ | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。