株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

競馬と株式投資

今でこそ少なくなりましたが,一昔前はギャンブルという名の下に競馬と株式投資を一括りしていたように思えます.やるのはオヤジばかり,意味不明な専門用語の飛び交う異質な世界として,日常生活からは敬遠されていたイメージです.

競馬についてはオグリキャップ号の登場から急速に一般認知度が高くなり,現在のヒーロー・ディープインパクト号は小学生でも知っているような状況です.ギャンブルからスポーツの一種として若い人でも楽しめる娯楽となり,競馬場には家族連れが目立つようになりました.

株式投資は政府の直接金融推進施策が奏功し,オンライン取引を中心として個人投資家が大量に出現しました.デイトレードと呼ばれる投機的な短期売り買いを繰り返しによって,東証のシステムがパンクする事態にまで発展しました.

競馬にも株式投資にもプロを自称する予想や情報が氾濫していますが,その取引の性質を考えると情報の捉え方が違ってきます.

競馬の場合“自称よく当る人”が自分の予想を他人に教えることにより,その配当が下がる恐れがあります.JRAという胴元がいて全体の購入金額の相対倍率で算出されるので,特定の買い目に買いが集中すれば配当が下がります.もちろん当らなければ戻ってこないわけで,ずっと当らなければ信用が落ちるリスクがあります.

一方で株式投資の場合,ある特定銘柄の情報を意図的に喧伝して買い注文を集中させ,株価を上昇させる手法があります.村上ファンドのやり方もそうだったんですが,このように株価を上昇させて売り抜けることにより,利益確定させることができます.しかもこの場合,株価上昇という成果が付いてくるので,信用度が落ちるリスクも低いわけです.

そんなわけで競馬の場合,自分の買い目を教える意味というのはあまりありません.一方で株式投資の場合,自分の保有銘柄を公開することは意外とメリットがあったりします.もちろんそんな駆け引きを繰り返していればいずれ限界が来ることは,村上ファンドが証明したとおりですが.


金持ち父さんの学校では教えてくれないお金の秘密 金持ち父さんの学校では教えてくれないお金の秘密
ロバート・キヨサキ、シャロン・レクター 他 (2006/03/24)
筑摩書房

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
別窓 | Private Eyes | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。