株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

株式配当

個人投資家にとって配当はうれしいモノです.保有している銘柄の業績が良いからこその配当であり,景気回復基調を受けて多くの企業が配当を増やしているようです.

ところで本当に配当をすることは企業にとって良い事なのでしょうか?単純にキャッシュフローは減少するわけですし,余剰資金は事業に投資した方が発展に繋がることは明白です.配当をしていながらさらに銀行からの借入金を増やす,なんてアリエナイ経営をしている企業も散見しますが,今後の金利上昇局面においては自らの首を絞めることに繋がりかねません.

もっとシンプルに考えると,個人投資家が配当を受け取る際には所得税が掛かります.つまり配当金の一部が国によって棄損されるわけですから,喜ぶのは国税庁だけです.これは短期取引における手数料も同様で,配当金を目的に株式を保有していればこのような“余計な”コストが増えることに繋がります.

むしろ新たな事業に投資するなり,自社株買いを実施するなり,自社の株価を高める方向に余剰資金を使う方がよっぽど株主価値は増大します.配当は手軽に現金が手に入る方法ですが,株主価値増大によって株価を上昇させた方がリターンが大きいのは賢明な経営者なら分かることでしょう.

村上ファンドが配当の増額を要求していたことは,結局は株主価値を低下させることに繋がります.村上銘柄の最近の値動きを見れば自明ですね.


内藤忍の人生を豊かにするお金のルール 内藤忍の人生を豊かにするお金のルール
内藤 忍 (2006/07)
アスペクト

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
別窓 | Books | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。