株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

説教

どうも昔から叱ることが苦手です.自分自身悪ガキで子供の頃から叱られまくったということもあり,基本的に叱るという行為に対して有意性を見出していません.感情をぶつけたところで何も変わらないですし,叱るよりもすぐに対処法を考えた方が生産的であると考え,結局何とかなるという楽観的な性格が原因のようです.

それでも会社組織の中においては時に叱ることも必要だったりします.部下や後輩がミスした場合には悪気はないことは分かっているのですが,立場的に説教をしなければならないシーンも出てきて,何とも居心地が悪くなってしまうわけです.

とりあえずそんなときには,なるべく個室に呼んで最小限の注意事項を伝えて,その後のフォロー対処の方法を見せるようにしています.そのことが対処法のノウハウになりますし,あまりこのような苦労をかけたくない,と感じてくれたら本人も失敗を糧に工夫するようになってくれるのではないかと考えています.

私を叱ってくれた上司や先輩もこんなカンジだったのでしょうか.叱っても聞いてない,全く応えないと常々迷惑をかけていたような記憶しかありませんが…


怒る技術 怒る技術
中島 義道 (2006/03)
角川書店

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
別窓 | スポーツ | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。