株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

汝の隣人を愛せよ

再び小泉首相の公人としての靖国参拝問題が論議を呼び始めています.今やほとんどの人が忘れていると思いますが,小泉首相はこの靖国神社参拝を公約に掲げて総理大臣になったわけで,このパフォーマンスを頑なに守り続ける理由も分かります.

この問題に対し,“青年社長”=渡辺美樹ワタミ社長が面白いことを言っていました.以前に私のブログでも書いている『負けるが勝ち』の論理に近いことです.
このような場合,日本は中国に対してスキを与えてはいけない,つまりいちゃもんをつける口実を与えてはいけないということです.

『中国が「靖国神社への参拝はやめてほしい」と言っているのであれば,やめればよい.本当に参拝したいのならば,夜中に1人でこっそりと私人として参拝すればよい』と言っています.

例えば「タバコを吸うのは俺の勝手だ,俺の嗜好と健康の問題だ」と言って隣人がそのにおいを迷惑がっているのに吸っているのは多くの人が間違っていると思うことでしょう.それよりは相手を気遣って長い目でよい関係を築く方が得策ではないでしょうか.

日本には常任理事国入りという目標があります.また,東アジア経済圏の確立のために,中国との協調は欠かせません.そして,そのようなレベルまで両国関係が成熟すれば,靖国神社に対する中国側の見方も変わってくることでしょう.

小泉首相の1個人としてのプライドが問題なのであれば,公人としてそのようなプライドは捨てるべきです.
スポンサーサイト
別窓 | 政治 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<球界の迷主 | 株式会社エコブランド代表Blog | 焦燥>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。