株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

3つの座標軸

7月末に、個人/仕事/社会 において特徴的な節目を迎えました。
この3つの座標軸において、現状から中期的な将来を予測したいと思います。


◆個人
ついに30歳を迎えました。論語においては「三十にして立つ」と言われるように、
自分らしい基礎を確立できて独自の立場から思想を語れる年齢だということです。
周囲には結婚や出産といった話題に事欠かない状況ですが、本人にはまったく
その気はなく、自由気ままにマイペースで過ごしています。

恐らく30代半ばまではこのままのカンジで流れていくと思われ、相変わらず
可処分所得を食や服飾、趣味に費やす消費生活を続けていくことでしょう。
酒についてはもうほとんど飲むメリットを感じないので付き合い程度で舐めるくらい、
車についても所有するほど乗ることもないのでしばらく買わないと思います。
経済的には結構余裕が出るので、キッチリ投資と貯蓄も行ないたいですね。


◆仕事
まさか自分の会社がM&Aを行ない、TOBを実施するとは思いませんでした。。
3月の東証上場以来、業務的にも規模やステージが急拡大している実感があり、
社内的にも非常に盛り上がっているので非常に面白い状況ですね。

とはいえ俗にヒルズ族と呼ばれるネット系ベンチャーとは一線を画して、
インターネット回線を中心とした足回りを広げていくどちらかといえば地味な
業務内容だったりするので、金儲けというよりは粛々と働くようなイメージです。

近未来的にはテレワークやWiMAXといった、働き方の多様性を増大させる
通信インフラの整備を通じて、通勤や物流の環境負荷を軽減させ、
精神的にも時間的にもゆとりのあるライフスタイルの実現に向けて
事業アイデアをブラッシュアップしていきたいと考えています。


◆社会
参院選が行なわれ、与党が大敗して自民党・民主党による二大政党制が
到来しようとしています。2008年からは京都議定書の第一約束期間が始まり、
本格的に温暖化ガスの削減が行なわれることになります。
気候変動による台風や異常気象の被害は全世界で顕在化してきており、
省エネルギーと技術革新分野で日本がイニシアティブを取れるようになります。

アメリカ型の大量生産大量消費社会は限界を迎え、日本型の高効率合理的な
国際競争力が世界中から求められるようになります。
「日本を世界のモデルケースにすること」、それが2020年の日本の姿です。

政局の一時的な混乱によってしばらく景気は停滞するでしょうが、
古いしがらみを断ち切った政治と低迷から立ち直った経済、そしてゆとりのある
ライフスタイルを実現した国民の姿がガッチリかみ合えばよりよい社会を
形成していけることでしょう。


以上のように、環境と情報通信の面から割と楽観的な考え方で、
30歳の私は個人と仕事、社会を捉えています。立ち止まることはしませんが、
かといって20代のように焦ることもなく、自分の足が社会に繋がっていることを
実感しながら過ごしていければ充実した毎日が送れるのではないかと思っています。




スポンサーサイト

別窓 | ビジネス | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<動画にハマる。 | 株式会社エコブランド代表Blog | Take Action! 7.29>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。