株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

屋上緑化と太陽光発電

ガイアの夜明けで“ヒートアイランド現象”に関する特集がやっていました。
東邦レオという会社では、屋上緑化に対する注目度の拡大を商機と捉え、
駅ビルや個人宅の屋上などの遊休空間を緑化する提案を行なっています。


具体的には屋上用の軽量土を入れて芝生を張り、さらに何本かの樹木を
植えることによって視覚的にもリラックスできる緑のオアシスとなります。
場所によっては野菜の栽培なども行なっていたりして、無味乾燥した
コンクリートの空間が生まれ変わる様は圧巻の印象です。


一方でこのようなビルの屋上には太陽光発電パネルを設置することも
選択肢としてはあるわけで、太陽光による放射エネルギーを電気に変換できれば
分散型エネルギーによるピークシフトにも繋がります。


現在の太陽光パネルの発電効率は15%ほどですが、それは短波長の
紫に近い光に対してのみシリコンモジュールが反応しないためです。
現在、この太陽光発電効率の向上については技術開発が進められており、
将来的には発電効率が85%程度まで上がるといわれています。


現在はコストメリットが出にくい太陽光発電ですが、発電効率が上がれば
当然初期投資を早期に回収することができるようになるわけで、
そうすれば屋上緑化に対する強力なライバルとなり得ます。


もちろん、屋上緑化と太陽光発電を同時に導入するハイブリッドモデルも
十分考えられるわけで、民生部門での温暖化ガス排出抑制の大本命として
今後普及が進んでいくことは確実でしょう。


将来、自分が家を建てる際にどのようなハイテクハウスが出来上がるのか、
今から楽しみにして技術動向を探っていきたいと思います。


スポンサーサイト

別窓 | 真面目 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<おっぱっぴー | 株式会社エコブランド代表Blog | 左利きの日>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。