株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

センセイ

ちょっと前に高校時代の友人と飲んだときに話題になったのですが、最近またセンセーショナルな事件があったので改めて覚書きとして記載しておきます。


個人的な持論として、教師や政治家といった公共サービス業(いわゆるセンセイ業)は一般企業などを定年退職したアクティブシニア層が担うべきだと考えています。
今回の新任教師の自殺やアベシンゾーの辞任といった問題の背景には、公共サービスに伴う責任のストレスの大きさがあるわけで、ある程度の社会における業務経験やストレス対処法を会得しなければ潰されてしまうと思います。
一方で団塊世代の大量引退などによって、50-70歳のアクティブシニア層はかなりの人口がいるわけで、それがごっそりと労働生産層から脱落することは日本経済への損失となります。


自分の経験からも、教師という職業は社会からは隔絶された特殊な世界であり、生徒と保護者という限定された利害関係の下に成績や人格形成といった不明確な責任を負わされるという印象です。
生徒からはナメられて、保護者からは無理難題を押し付けられて、その板ばさみを打破するようなパワフルさというのはやはりおっさんおばちゃんの出番なのではないでしょうか。
クソ生意気なガキには豊富な人生経験による老獪な対応を、ウザイ気ちがい保護者には年長者としての一喝を下すことができれば、今回のような悲劇は起こらなかったことでしょう。


もちろん現在の教員制度についても自主改善機能がないことは明白であり、無気力教師や犯罪が絶えないのも人格的に生徒を指導する資格のない人間が教壇に立っている証左です。
政治の舞台でも同様であり、領収書は1円単位とか民間での常識が通用しない永田町という世界に庶民感覚を期待する方が難しい現状です。


年金の横領なんかも、自分が年金をもらう立場だったらあまりする気になれませんよね。



スポンサーサイト

別窓 | ビジネス | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<働きマン | 株式会社エコブランド代表Blog | 日本企業の負債>>

この記事のコメント


確かに同感ですな。。

でも、やっぱり、医者や学校の教師というものは、皆が同じ試験を受けて、受かってる人ばかりであって、選定する側の価値観が同じなら、同じような人間しかそういう職業に付けないということになる。
安易な考えだが、もう少し個性を重視した選定方法にかえるべきではないだろうか?
ただ、医者が個性集団で、知識の無い人間ばかりになることには抵抗もあるし、塾講師などが問題を起こしていることもあるので、正しい意見とは言えないかも。。。

潜在的な人間性を判断する方法を、もう少し考えるべきだよね!

難しいかな?
2007-10-10 Wed 01:38 | URL | 通りすがりの広島ファン #-[ 内容変更] | top↑
子供の人格形成にはあくまで親が責任を持つべきであり、
学力向上と社会性の訓練という機能だけが学校には求められるかな。

そういう意味で教師に個性はいらない、むしろ企業で定年まで勤めるような
個を主張しないタイプの方が向いているかな。
2007-10-10 Wed 14:05 | URL | 住職 #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。