株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

大きな石

『シブヤ大学の教科書』に心に残る言葉がありました。






ある大学でこんな授業があった。

「クイズの時間だ」

教授はそう言って大きな壷を取り出し、教壇に置いた。その壷に、彼は一つ一つ石を詰めた。壷がいっぱいになるまで石を詰めて、彼は学生に聞いた。

「この壷は満杯か?」

教室中の学生が「はい」と答えた。「ほんとうに?」と言いながら、教授は教壇の下からバケツいっぱいの砂利を取り出した。そして、砂利を壷のなかに流し込み、壷を揺すりながら、石と石との間を砂利で埋めていく。そしてもう一度聞いた。

「この壷は満杯か?」

学生は答えられない。ひとりの学生が「たぶん違うだろう」と答えた。教授は「そうだ!」と笑い、今度は教壇の下から砂の入ったバケツを取り出した。それを石と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。

「この壷はこれでいっぱいになったのか?」

学生は声をそろえて「いいや」と答えた。教授は水差しを取り出し、壷のふちまでなみなみと水を注いだ。

「僕が何を言いたいか、わかるだろう」

ひとりの学生が手をあげた。「どんなにスケジュールが厳しいときでも、最大限の努力をすればいつも予定を詰め込むことが可能だということです」

「それは違う」と教授。「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私たちに示してくれている真実は、大きな石を先に入れない限り、それが入る余地は、そのあと二度とないということだなんだ」

「君たちの人生において、大きな石とはなんだろうか?」教授は話し始める。

「それは仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家族であったり、自分の夢であったり。ここで言う大きな石とは、君たちにとっていちばん大切なものだ。それを最初に壷のなかに入れなさい。さもないと君たちは、それを永遠に失うことになる。もし君たちが小さな砂利や砂、つまり自分にとって重要度の低いものから次部の壷を満たしたならば、君たちの人生は重要でない何かに満たされたものになるだろう。そして、大きな石、つまり自分にとっていちばん大切なものに割く時間を失い、その結果、それ自体を失うだろう。

あなたにとっての大きな石は、なんですか?





スポンサーサイト

別窓 | Books | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<一万年と二千年前から | 株式会社エコブランド代表Blog | 郵便と通信の融合>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。