株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

仕事なんてしょせんヒマつぶしだ

いかにも話題性を狙ったマッチポンプ的なビジネス啓蒙書のにおいがプンプンしますが、立ち読みでパラパラめくってみたら(私にとっての)正論がきちんと述べられていたので思わず購入してしまいました。


汗をかかずにトップを奪え!『ドラゴン桜』流ビジネス突破塾


―汗をかく自分、いつも忙しく走り回ってる自分に酔ってはいけない。にやにやしながら「また終電まで残業しちゃったよ」なんて自慢してはいけない。そんなもの、自分は要領の悪い無能な男だと公言しているようなものだ。汗なんか、美徳でも勲章でもない。ただの老廃物である。ほんとうに仕事ができるやつ、勉強ができるやつは、無駄な汗なんか流さないし、自分の汗に酔ったりしないのである。(著者コメントより)


つまり、格差社会においてもっとも割を食っているのは企業の若手正社員であり、この現状を打破するためには転職or独立or残留の選択肢しかありません。ただしどの選択にも条件がつくわけで、ルールを作る側に回るためにはただ今の職場がイヤだから、という理由で行動しているだけでは状況が好転するはずがありません。


そう公言して憚らない桜木(ドラゴン桜の主人公)が主張しているのは以下のこと。


* 「好き」を仕事にするな!
* 資格バカになるな!
* 長期計画なんて時間と労力のムダだ!
* 会社の「地盤、看板、カバン」を使いこなせ
* 「タテ・ヨコ・ナナメ」の人間関係を築け
* 仕事は「HIGHとLOW」で考えろ!!
* 手帳は「休み」からつけていけ
* 健全な「先送りを考えろ
* 仕事の王道を制してルールをつくる側に回れ!


この辺のエッセンスは私自身が 好き=ラーメン を仕事に選んだことや、TOEICやら簿記やらの資格を勉強しまくっていたこと、自分が所属する会社が置かれている立場を客観的に分析できなかったこと、最速・最短で仕事を仕上げることに執着、、、といった自分のこれまでの経験からも納得できる部分で、そのようなわけである程度のビジネス経験を蓄積した段階で読むべき本とも言えます。


そういう意味では漫画チックにする必要はまったくなくて、むしろ骨太な新書として出版してもらいたかった内容でした。なぜならこの本を読まなければならない層は、たぶん新書などをかじり読みして自己啓発しているつもりになっているようなサラリーマンでしょうから…



スポンサーサイト

別窓 | Books | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<浮気解消 | 株式会社エコブランド代表Blog | 賞味期限切れ食品に対する提言>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。