株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

終焉と蘇生

私が渋谷No.1として認定していた、チャーリーハウスが今年末で閉店することになりました。会社からセンター街を抜けて公園通りまで、何度はるばる食べに行ったことでしょう。いつもやさしいおばあさんが迎えてくれ、そのあたたかな雰囲気に癒されたものです。芳醇な鶏ガラから取られた琥珀色のスープはいつもマイルドで、細いストレート麺と絶妙なバランスを奏でていました。


一方で私の尊敬するラーメン四天王の1人、東池袋大勝軒の山岸さんがお店を再開することになりました。言わずと知れたつけめんの開発者であり、数多くの弟子たちによってその味は全国へと展開している名店ですね。やっぱり長く愛される味はこのようなファンの声を大切にする親父さんの人柄に因る部分が大きいわけで、中本の例と同じくすでにファンの店になっているのですね。


チャーリーハウスも、いずれその味を受け継いであたたかい一杯を提供してくれる店が出てきてくれることでしょう。期待して待っていましょう。



スポンサーサイト

別窓 | 政治 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<記念日をリマインドする方法 | 株式会社エコブランド代表Blog | 会社は2年で辞めていい>>

この記事のコメント

あのカウンターの角席に、初めて座った日のことを思い出します。
ただ、大勝軒や中本のようにいわゆる「熱狂的ファン」というよりも、
「いわゆる玄人好みのシブイファン」が客層に多そうなので、
あとを継ぐ人が現れるか心配です。。。
2007-12-15 Sat 08:10 | URL | レッドシグ #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。