株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ググレカス

ググレカス(Gugurecus, 生没年未詳)は、古代ローマの思想家。

帝政ローマの時代に現在のアルバニアあたりで生まれたといわれている。父は役人で、家の巨大な書斎にはあらゆる本が並べられていた。このため物心ついた頃から興味を持ったものは何でも検索する習慣がつき、13歳頃からはほぼ一日中図書館で過ごすようになった。それ以来さまざまな発見をしては、それを地元の図書館で検索するという日々を続けていた。

だが20代になると、故郷の図書館の蔵書はすべて制覇したのか、図書館通いに飽きてしまいローマに移住する。ローマでも毎日多くの事柄を発見しては図書館で検索しており、その探究心と教養を買われて役人として出世する。何でも知っていたググレカスは人々の注目を集めたが、やがて図書館で少し調べればわかるような事柄を質問されると即座に「ググれカス」という返答をすることが習慣となってしまった。このため人々の反感を買い、ググレカスはローマで孤独に一生を終えた。

当時の人々からは憎まれたが、人が多様な物事に興味関心を持つことの自然さや、それらの物事について検索する楽しみを見出した思想家として知られている。 なお、その祖父、モックーログ(mokuron 生没年未詳)は、脳の構造に目録がにていることを発見し、それが意志を持つのではないかと警戒した。




というわけで、Googleで調べる=ググる という行動が一般的になっている今日この頃ですが、この知識のコモディティ化をキチンと享受している人は必ずしも多くないというのが私の実感です。カオス状態になっている新聞の投稿欄やサーバ容量の無駄遣いとしか思えないポータルの質問ページなど、ググる以前レベルの質問が多いのが目につきます。


OECDでの日本人の学力低下は顕著であり、特に応用力分野でのゆとり教育の影響は深刻です。ググるという行動でいえば、検索するべきワードが思い浮かばないといったカンジでしょうか。つまり語彙力の欠如が根本原因であって、自分の感情を「スゴい」とか「ヤバい」といった一括りの言葉でしか表現できなくなってしまったわけです。


それをケータイ文化だとかTVの見過ぎだとか、訳知り顔で否定する気もありません。語彙力なんてものは毎日新聞を読むとか読書をするといった行動パターンを樹立すれば、すぐに増加するものだと考えていますので、生活時間でのプライオリティを変える必要性を感じれば解決する問題だといえます。


逆に言えば、これだけ金融市場が発達すれば数学的リテラシーを持っていた方が情報の非対称性において優位に立つことができますし、科学的リテラシーがあれば今後直面するであろうエネルギー問題やユビキタス社会の潮流に対応することができます。


とりあえず1日1語、新しい言葉を見つけたらググる という行動指針を立てれば、自ずと役に立つ情報が耳に入ってくるようになると思いますよ。



スポンサーサイト

別窓 | Private Eyes | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<人間の価値は賃金のみで決まる | 株式会社エコブランド代表Blog | さあ、才能に目覚めよう>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。