株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

年収1億か、魂焦がせる仕事か

書名はイマイチですが、内容は若手ビジネスパーソンには是非読んでもらいたいです。


デキる人は皆やっている 一流のキャリアメイク術


外資系投資銀行 ⇒ 起業 ⇒ ベンチャーキャピタル ⇒ 独立 と独特のキャリアを重ねる著者が33歳の現在で書いた、等身大のキャリア論です。投資銀行で黙って10年も勤めていれば年収1億円を達成できたハズなのに、どうして敢えてその予定調和の道を外れて自分自身でキャリアを形成する道を選んだのか、試行錯誤の軌跡が感じられる内容となっています。


一般的なキャリア本といえば、

①明らかに仕事や人生に成功した年配の方の回顧録

②人材キャリアコンサルトなどのプロフェッショナル

③自己啓発セミナーを生業としている人

といったバックグラウンドを持っている人々がほとんどです。そこにはあくまで客観でしかない、ともすれば説教じみた内容が並びがちですが、この本には主観を交えて現在進行形でこれから30年のキャリアをどうしていこうかという、著者の思いが込められているので同じくキャリア形成に悩む仲間として、20-30代の若手ビジネスパーソンに響きます。


・今の瞬間が一番若い

・先が見えていないことの不安と次に何が起こるんだろうというワクワク感

・「何を社会にしたいのか」を考える

といった部分について、私自身も非常に共鳴した考えを持っています。年収1億円よりも価値のあるこれらの感覚について、考えさせられるきっかけを与えてくれる良書です。


スポンサーサイト

別窓 | Books | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<相思相愛2 | 株式会社エコブランド代表Blog | スティーブ・ジョブスからのメッセージ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。