株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

おバカタレント

最近テレビで、おバカタレントというのが人気らしいです。里田まいスザンヌ木下優樹菜という"バカワイイ"女性タレントや、つるの剛士上地雄輔野久保直樹といった男性タレントが画面を賑わしています。私はTV、特にバラエティはほとんど観ないので知りませんでしたが、かなり面白いらしいですね。


このようなおバカタレントがウケる理由を探ると、そのルーツには彼が思い当たります。そう、世界ふしぎ発見!の野々村真くんですね。黒柳さんの老練な回答と真くんの珍回答、そして草野さんの冷静なツッコミが長寿番組を形成しています。番組の進行も心得ていて、まずは野々村くんの回答でボケを期待して、黒柳さんの回答に正解への道筋を示してもらうフローが確立しています。


視聴者はこのおバカタレントを観て何が楽しいかといえば、優越感を感じることができることが大きいと思います。日本人というのは、よくも悪くも他人と自分を比較することで幸福を感じる生き物です。子供の頃から偏差値教育で自分の学力を相対化され、仕事でも競争を求められ、主婦コミュニティですらカーストを形成するような社会に生きています。


つまり視聴者は画面を通して自分よりバカな人間を観ることで安心し、嘲笑することによって自分自身を肯定できる仕組みです。基本的にはお笑いのドッキリやクイズ番組も同様に視聴者にささやかな優越感を与えることによって番組が成り立っているわけで、最近は特にそんなタレントキャラ頼みの番組が目立ちますね。


まぁ私自身も、こんなバラエティを観ないことについて自分のスタイルを持っている部分にささやかな優越感を持っているわけであって、そこに費やす時間をBlogの執筆などに使っている、自己認識のプロセスの違いというわけですね。

スポンサーサイト

別窓 | New! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<猫を飼うと心臓発作にならない | 株式会社エコブランド代表Blog | ピトケアン諸島>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。