株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ゼンリン「みんなの地図3」を発売前にいじってきた

PSPソフト「みんなの地図3」のモニターをしてきました。「みんなの地図」「みんなの地図2」と大ヒットを記録したシリーズの最新版で、今回はUMD2枚組で全国の詳細地図が利用用途に応じて使える形になっています。2枚組にしたおかげで、「みんなの地図2」に比べてレスポンスが早くなり、PSPの操作性と相まってカンタンに目的地検索し地図を表示できるようになっています。


GoodDesign.jpg

PSP.jpg




地図データベースについては、あのGoogleマップにも採用されているゼンリンの詳細な地図が使われています。またPetaMapと連携することにより、マッシュアップ型のスポット情報を地図上にアップロードすることができます。個人的に、PSPやNintendoDSといったインターフェースを使うサービスに興味があるのですが、PlaceEngineの仕組みはなかなか面白そうだと感じています。(PlaceEngine=WiFiに関する話は別エントリにて)

PetaMap.jpg

Peta2.jpg


「みんなの地図3」で想起される利用シーンとしては、
・子どもに地理の勉強ツールとして、自由に目的地を設定させて一緒に散歩
・ウォーキングのルート探索に使い、距離を測定
・訪問先への最寄り駅からのルート検索(屋根付きかどうかなど)

といった使い方が考えられます。PSPなんで持ち運びは便利ですし、子どもやお年寄りでも使いやすいでしょう。恐らくビジネス用途にはあまりマッチしない形態ですので、下手にNAVITIMEなどと競合するよりは思いっきりエンタメ路線に傾注する方がよさそうです。

Scene.jpg

…というようなコンセプトイメージをお話した中で、いくつかアイデア出しも行ないました。例えばウォーキングに使うのであれば、マピオンのキョリ測のように消費カロリー計算までできた方が便利です。また、ある程度その道でアルファな人の情報(ラーメンなら石神さん大崎さん、スイーツなどグルメ中心に)をプリインストールしておけば、食べ歩きなどの用途に使えるツールになりそうです。


さらにあまりディスクの中に情報を貯め込んでも重くなるだけですので、QRコードなどを仕込んでケータイからPetaMapの情報に飛べるような仕組みにした方が、ユーザが“あちら側”を意識できるので情報のアップロードを考えても有効だと思います。


いずれにしてもゼンリンがこれまで培ってきた地図に関するデータベースやノウハウを一般の人もカンタンに利用できるようにしたこのPSPソフト「みんなの地図3」はまた売れそうですね。みんなで出かけよう!という気分にさせてくれる、ヒキコモリ撲滅ツールとして広めていければ良いですね。


みんなの地図3
ゼンリン ( 2008-04-24 )
おすすめ度:アマゾンおすすめ度
Powered by mediamarker

スポンサーサイト

別窓 | New! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Sync, Sync | 株式会社エコブランド代表Blog | ライフネット生命保険>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。