株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[政治]借りパンダ

石原都知事が「上野にパンダなんていらん」と発言して以降、レンタルパンダの1億円の費用を巡ってパンダ外交を非難する声が挙がっています。どうやら朝日新聞の記事のこの辺りに噛み付いているようです。

借りパンダ1億円 人工授精中リンリンの子来るかも?
契約内容は各動物園によって違う。王子動物園によると、野生動物保護を支援する寄付として、つがいでの貸与で年間100万ドル(約1億円)を中国側に払う。年に2回、中国から来るスタッフの滞在費と旅費も負担する。入園者の約6割は無料の小学生以下の子ども。純粋な増収効果では1億円はないという。



…妥当じゃね?野生動物保護という特定目的ならば、むしろ安すぎるくらい。もちろんそれが中国共産党の懐に入ったり官僚の裏金に使われたりするのであれば問題になりますが、それはパンダ貸与の本質とずれるのでココでは問題にはなりません。


むしろ石原都知事にもはや死に体の新銀行東京に400億円突っ込んだ件とか、東京都は東京メトロの大株主なのになんで都営地下鉄とダブルスタンダードになってんのとか、小一時間問い詰めたいポイントがたくさんあるのですが、なんとなく中国ネタを出すことでそこへの追求をかわしているようなカンジもしますね。


世界の動物園の機能は、見世物というよりも種の保存のための公共機関になりつつあります。パンダなんか観に行かない、動物園にパンダは必要ないという意見も何だか見世物前提の価値観であって、種の保存という観点からみれば、様々な国の公共機関で保護を行なうことはリスク分散になるので有効な保護政策だと思うのです。首都の首長にこのような公共益の視点を求めるのは難しいんですかね??


スポンサーサイト

別窓 | 政治 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[Private]しゃけのすけ | 株式会社エコブランド代表Blog | [書評]最後のプルチネッラ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。