株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[イベント]近未来テレビ会議 sponsored by SONY に参加

百式主催の「近未来テレビ会議 sponsored by SONY」に参加しました。

tv_kaigi_top.gif


内容としては、BRAVIAのアプリキャストという新サービスについての概要、「みんなのテレビ」としての今後の方向性、そして近未来テレビを指向する上での企画アイデア出しという三部構成にて、ソニーさんの開発担当者の方々と膝を突き合わせて会議してきました。

DSC00227.jpg


オイラ自身も普段はあまりテレビを観ることがなくなったと自覚しています。観るとしても滝川クリステルを観賞する程度で、ネットをやりながら、本を読みながら、、といった“ながら観”が主流になっていますね。そしてこのような視聴スタイルというのはほとんどの生活者に当てはまるようで、それじゃネットのコンテンツもテレビ画面の中に入れちゃえっということで作ったのがアプリキャストということです。

DSC00228.jpg


実際にアプリキャストのウィジェットはRSSを読み込んで表示できる仕様になっており、オイラが普段使っているiGoogleと同じような形でWebコンテンツのアーカイブ一覧を表示します。その中で興味を持った部分についてリモコン操作でテキストを表示することが可能で、テレビを観ながらYahoo!トピックスやexciteブログの人気記事などをチェックすることができます。さらにWeb上のフォトアルバムに保存した画像を表示したり、占いやカンタンなゲームといった軽いアプリも動かすことができるのです。実際の操作感も軽快で、チャンネルをザッピングする感覚でアプリを操作することが可能です。

DSC00229.jpg


そうすると当然、このアプリを自作できないのか?という疑問が生まれますね。このアプリキャストのウィジェットはSDK(開発ツール)が公開されており、外部のエンジニアが独自のウィジェットを作成することが可能です。今後は個人向けにも仕様を公開する見込みで、オープンソースでの新しいウィジェットがどんどん増えていくことが期待できます。


DSC00230.jpg


開発環境としては、エミュレータを使ってどんどんコーディングしていくイメージです。ソニーさんの社内で開発コンテストを行なったところテトリスを作った人もいたみたいで、かなり様々な取組みができそうな予感がしますね。実際、BRAVIAの市場規模としては年間2-300万台の出荷が見込める商品であり、しかもこれまであまりネットについてヘビーな使い方をしてこなかった層に対して訴求できるというのが非常に魅力的です。


そんなカンジで、それじゃ近未来のテレビにどんな機能を求めるか、というテーマでディスカッションを行ないました。ちょっとその場では上手くアイデアが出ずに無理やりな企画を出してしまったんですが、その後また考えてすごいシンプルな機能を付加できないかと思い至りました。


それは、「プリントスクリーン機能」です。


PCならば当たり前に付いているこの機能、コレはむしろテレビにあった方が便利じゃね?と考えました。例えば料理番組を観ていてレシピが映し出されたらそのキャプチャを撮れる、あるいは次の日の学校や会社での話題のために番組の画像を持ち出したい、なんて用途が考えられます。デジタルハイビジョンになって画質も大幅に向上していますし、切り取った画像はケータイやUSBメモリに保存できるようにすれば、案外カンタンに実現できてしまう機能でしょう。


もちろんタレントの肖像権(ジャニーズなんかは特に)や放送局のコンテンツ再利用に抵触する可能性はありますが、あくまで個人利用の範囲であれば、録画と同義で処理できる気もします。最近のソニーさんの取組みは、brancoといい既存のマスメディアに対して挑戦的とも思える展開を積極的に行なっています。
[参考記事]テレビ局の広告モデルに一石投じたソニーの「ブランコ」


テレビが「みんなのテレビ」として、一家団らんやコミュニケーションの中心であり続けるためには、コンテンツの二次利用を逆に仕掛けていくような仕組みが必要でしょう。アプリキャストにしても、ドラマの内容をWebの掲示板でリアルタイム共有したり、もっといろいろな使い方があるはずです。そしてそれは日本の、自由闊達な文化を持った企業が担っていくべき価値なのでしょうね。

スポンサーサイト

別窓 | IT | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[ビジネス]冷静と情熱のあいだ | 株式会社エコブランド代表Blog | [ビジネス]ベンチャービジネスの幻想に対する処方箋>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。