株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[真面目]自殺報道の是非

アナウンサーの自殺報道が連日マスコミを賑わしています。自殺に至った経緯は分かりませんが、その経緯を無理矢理明らかにしようとしたり、誰が悪いといった犯人探しをする論調が多くて辟易しています。


自殺したことは事実ですが、その後の憶測に基づいた報道はまったく必要ないです。公共の電波を使って垂れ流すべき話題ではありません。そんなことは遺族や関係者がひっそりと行なえば良いものであり、興味本位でワイドショーや週刊誌の紙面を使って深堀りする意味はないのです。自殺者が増加する原因としては、このような報道がトリガーとなって潜在的な自殺願望が顕在化するケースが多いのです。


偏向報道はマスコミの常として存在しています。例えば三浦雄一郎さんが75歳でエベレストに登頂したケース。

やっぱり客観報道なんてありえないよね?
三浦さんが登頂する直前に、76歳のネパール人男性シェルチャンさんが登頂に成功した。

その時の朝日新聞の見出しが、こうだった。

***引用開始***
『76歳男性エベレスト登頂、75歳三浦さん先越された』

76 歳のネパール人男性ミン・バハドゥール・シェルチャンさんが25日、世界最高峰エベレスト(標高8,848メートル)の登頂に成功し、最高齢登頂記録を更新した。これまでの記録保持者は昨年5月に71歳で登頂した長野県出身の柳沢勝輔さん(72)。75歳の三浦雄一郎さんが26日にも登頂を目指しており、成功すれば世界記録を更新するところだったが先を越された。
***引用終了***

この見出しを読んだ時に、僕の頭に浮かんだのは「三浦さんが悔しがっている姿」だった。

でも、事実は、違った。

三浦氏は、旧知の友人でもあるシェルチャンさんに
「おめでとうございます。私も苦しんで苦しんでC5まで来ております。
頑張って山頂を目指します」と祝辞のコメントを発表されたというじゃないですか。

  三浦さんにとっては、最高齢記録がどうのなんて二の次三の次のことだったんだよね。
  事実、ご自身もつづいて登頂成功された後、
  一点曇りのない素晴らしいメッセージを出されている。

記者が記事を書く場合、記事を読んでもらいたいから、どうしても煽りの気持ちが入る。
とくに見出しに。記録って言うのは注目を集めやすいから、見出しに使う。
その現われが「先越された」の一文なんだね。



つまりマスコミは視聴率が、部数が取れれば個人の感情を表現によってすり替えることは容易に行なえるわけで、とくに自殺というトピックは死者に口なし、なんとでも書けると考えているのでしょうか。少なくとも自殺するくらいの苦悩に辿り着くことは容易ではないし、それを殊更悲劇のように騒ぎ立てるのは悪趣味です。


自殺を肯定も否定もせず、話題にする必要はないのです。その意味ではこのエントリも自己矛盾しているので、今後一切話題にはいたしません。

スポンサーサイト

別窓 | 真面目 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[Sports]Derby Day | 株式会社エコブランド代表Blog | [Private]ゴルフに興味>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。