株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[IT]iPhoneがやってくる日

SoftBankから「iPhone発売」が発表されました。docomoとどちらになるのか、昨年辺りからずっと憶測が飛び交っていましたが、結局は孫社長の押しの強さがdocomoブランドに勝ったようですね。いずれにしても、アメリカではスマートフォンの約20%のシェアを誇るiPhoneが日本でどのくらい売れるのか、Appleファンならずとも気になるところではありますね。


現在の日本のケータイにおいて重要な機能は、以下の通りです。

■メール
 ⇒絵文字やデコメ等の装飾、テンキーでの入力

■カメラ
 ⇒静止画撮影で500万画素が主流、今後は動画撮影へ拡張か

■ワンセグ
 ⇒アンテナ内蔵で省電力化、録画機能を標準搭載へ

■モバゲー(CHTMLのモバイルWeb)
 ⇒PCブラウザとの互換はせずに、FLASHなど独自のリッチコンテンツへ

■Felica
 ⇒Edy、Suica、iDの規格争い、ICカードの用途多様化


iPhoneはこれらの日本のガラパゴス仕様のほとんどに非対応であり、音楽やYouTubeへのダイレクトアクセスといった機能がどこまでこれらに代替できるのかがポイントになります。実際のところ、ケータイとは別にiPodを持ち歩いているユーザもいるわけですから、別にケータイで音楽を聴く必要はないというユーザは意外と多いかもしれません。


恐らく、iPhoneは学生などエンタメ中心のユーザには売れないでしょう。10万円を超えるであろう本体価格や、1万円程度になりそうな月額費用負担は学生には現実的ではないでしょうし、メール作成が難しかったり、ワンセグやモバゲーを諦めてまで機種変更するメリットは薄いでしょう。それはGREEのCM「カネはない、ヒマはある」というコピーがウケてしまう辺りに象徴されています。


iPhoneが狙うべきユーザ層は、20-30代のビジネス用途でしょう。ブラウザベースでのグループウェアやスケジュール帳の普及により、外出先でのブラウジングやスケジュール管理が容易になっています。最近は業務PCの外部持ち出しを制限している企業も多いですから、カンタンな業務処理程度ならスマートフォンで済ましてしまおうというビジネスパーソンが増えていくことでしょう。


学生時代は結構こまめにメールしていた人でも、段々と仕事をしていくうちにケータイでメールを打つ動作が面倒になってくるという話は、オイラの周りでもよく聞きます。カメラやワンセグといった機能も、時間があるときでなければほとんど使わなくなっています。つまり、iPhoneの仕様は実はビジネス用途に向いているのではないかと思うわけです。


実際の発売まではまだ時間がありそうです。恐らく、3G対応はモデルチェンジした形で発表されることでしょう。ただAppleの方向性としては、MacBookAirのように無駄な機能を削ぎ落としてまでデザイン性を担保する形で表現するに違いありません。Steve Jobs と孫社長がどのようなプレゼンをするのか、楽しみですね。


スポンサーサイト

別窓 | IT | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[ネタ]破産チェッカー | 株式会社エコブランド代表Blog | [環境]シブカサ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。