株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[News]タクシー居酒屋

タクシー接待、13省502人が受ける 処分検討
中央省庁の公務員が深夜、公費でタクシーを利用した際に運転手から金品やビールを提供されていた問題で、関係閣僚は6日、謝罪するとともに、提供を受けた職員を処分する方針を示した。金品を受け取っていた職員は、502人に及ぶこともわかった。



官僚がタクシーで帰宅する際に、金品やビールを授受していた問題が連日ニュースになっています。あの省庁も、この官庁も、次から次へと明らかになっていく官僚への利益供与に対して追及が行なわれています。それでも報道ステーションなどの古館伊知郎キャスターのコメントなどを聞いてると、マスコミもタカリ体質は大して変わらないのに何言ってんの?という感じで白けてしまいます。

町村官房長官は6日の記者会見で「特にお金や図書券を受け取っていたのは誠にあるまじき行為。実態を調べ、厳正なる対処をしてもらう」と述べた。一方で、公務員の深夜帰宅の理由について「一端は国会待機にある」と指摘。「質問(内容の事前通告)が出てくるのは夜中の12時、1時ということもある。よそでは考えられないような実態もひとつの原因」と述べ、野党側の国会対応にも問題があるとの考えを暗に示唆した。



問題の本質はまさしく「官僚の国会待機」にあります。国会での政治家の答弁が予定調和になっているのも、すべて官僚が原稿を書いて都合の悪い部分は政治家の検閲が行なわれ、何かあったら困るので国会期間中は官僚を待機させておく=残業をさせる ことが原因です。つまり、国会のセンセイ方が無意味な業務指示によって官僚に残業を強いているのがこの国の実態であって、町村官房長官はさすが官僚出身だけに問題点が分かっているようです。


悪いことを悪いというのは、マスコミじゃなくても新橋の居酒屋で飲んでるオヤジでもできます。特に公務員や政治家は既得権益だと目の敵にされる傾向がありますが、キャリア官僚の激務を知ってビールの1本でも差し出したくなるのは、タクシー運転手の人情なのではないでしょうか。別に国会待機なんてする必要ないから終電前に帰ればいいですよ。偉いセンセイ方は分かんないことあったら自分で調べれば良いんです。


まぁ国会に限らず、大企業や硬直化した組織には、何かしらの非合理的・非効率な業務はあるもんです。ルールのためのルールとか、形式的な縛りのために仕事漬けになって、鬱になって家庭崩壊して、そんなもんが優先順位なのかって話ですよね。タクシー接待ではなく、税金でタクシー券を使わせるような残業を強いている状況が問題なんです。少なくとも国家権力を非難して上手いセリフを言うことに一生懸命になっている一方で、しょーもないミスを連発している報道番組レベルのマスコミに、問題提起を期待するのは無理でしょうけど。

スポンサーサイト

別窓 | New! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[Private]母校凱旋 | 株式会社エコブランド代表Blog | [ネタ]破産チェッカー>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。