株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[真面目]恐竜はなぜ滅びたのか?

恐竜はなぜ滅んだのか、大隕石落下説や植生変化説など様々な説が考えられていますが、いずれにしろ何らかの大規模な環境変動があったことは事実でしょう。恐竜が滅んだ外的要因に関してはまだまだ未解明な部分が多く、またそこに滅びの美学みたいなロマンもあるために、個人的にはあまり明らかになってほしくないと思っています。


恐竜が滅びた内的要因としては、やはり「身体が巨大化したこと」と「寿命が伸びたこと」が大きく関係していると思います。もともと身体が巨大化した原因としては、地球の重力が今よりも弱かったとか、巨大化できるだけの食料があったといった要素が考えられます。そして巨大化することによって食物連鎖では優位に立つことができますし、体表面積辺りの質量を増やすことによって体温を安定させることができます。


巨大化すると当然、長寿化します。ネズミの心臓の鼓動とゾウの心臓の鼓動ではその速さにかなり差があるように、体温を保つために絶えず鼓動させる頻度が巨大化することによって低下するのです。身体の機能というのはそれぞれ消耗品ですから、巨大化すれば消耗がゆっくりとなり、結果として長寿になるのです。恐竜は最も巨大なブラキオサウルスで150年、ティラノサウルスでも50年は生きたと言われています。


このように巨大化・長寿化して当時の地球環境に適応した恐竜たちは、大規模な環境変化に戸惑い始めます。巨大化するということはそれを維持するための食料や資源が必要ですし、長寿化は世代交代による進化のスピードを緩めます。そうすると、急激な環境変化に対しては対応できずに餓死したり凍死したりする恐竜が増えていくというわけです。


本来は既存環境での最適な選択であった巨大化と長寿化、それが環境変化に伴ってリスクとなり、恐竜は滅びてしまった…何だか他のことにも当てはまりそうな話ですね。恐竜を企業に置き換え、巨大化=大企業での分業制、長寿化=終身雇用とすれば、自ずとその行く末は…?まぁ考えすぎならばよいんですが。


スポンサーサイト

別窓 | 真面目 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[グルメ]30代から始める世界一のグルメ | 株式会社エコブランド代表Blog | [Private]母校凱旋>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。