株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[IT]No Net Day

最近、意識的に夜はネットに繋がないようにしています。イーモンスターを導入したことで、メールはリアルタイムにチェックできるようになりましたし、軽いSNSのやり取り程度ならばこなせてしまうので、わざわざPCを立ち上げてネットサーフィンをするということがなくなりました。


そうすると読書する時間が増えました。積読になっている本がそれこそ100冊ぐらいあるわけですが、それをだんだんと読み進めるうちに良いカンジで眠くなってくるので(ときどき頭が冴えてしまう本もありますが)その流れで睡眠に入っていくことができ、生活リズムが安定したように感じます。


休日なんかは特に外出していたりすると、1日中ネットに繋がないこともざらにあったりします。以前はノートPC+イーモバイルみたいなカンジで片時も手放せない状況だったわけですが、それよりもなるべくいろいろなモノを見てそれによるインスピレーションをケータイメールなどで飛ばすといった部分の方が重要であることに気づき、後日まとめて休日の間に貯め込んだネタを編集するようなカンジで処理しています。


ネットの利便性といえば、Google先生に聞けば何でも分かるという知識面と、その知識を無料で誰でもアクセスできるようにしているところにあります。つまり知識のコモディティ化によって、「●●を知っている」「○○が分かる」といった暗記的な学問にはそれほど価値を見出されなくなっているのではないでしょうか。


自分で考える前にググっていませんか?
問題は、上に書いたように自分で考える前にググって「手っ取り早く答えを見つけてくる」ことを習慣的にやってきた学生が社会に出た時に、ちゃんと自分で考えることができるのだろうか、ということ。自分で考える努力をせず、ネットで見つけた情報を頭から信じて行動することは、聖書に書いてあることを頭から信じ込んで思考停止をしてしまった中世ヨーロッパの人たちの行動と同じだ。



個人的には、この知識に対する絶対的な安心感を獲得したことによって、本当に自分が望んでいるニーズを探すことに注力したいと思えるようになりました。ネットサーフィンで“なんとなく”見つけたネタではなく、街を歩いていて思い浮かんだ“本当に知りたい”ネタを深堀りするためにネットを利用するというパラダイムシフトが最近起こりました。


誰が言ったか「机の上にはアイディアはない」、Webを捨てて、街に出よう。


スポンサーサイト

別窓 | IT | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[ビジネス]コンプライアンス不況 | 株式会社エコブランド代表Blog | [小ネタ]サバを読む人たち>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。