株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[真面目]選択と集中

いろいろBlogのネタ考えていたりすると、様々な分野の情報が入ってきます。自分自身にも少なからず関連する話題であったり、いかにも好奇心をそそるようなテーマであったり、あちらこちらに誘惑されているうちに思考も拡散して、他人の意見をなぞるだけで実は何も考えられていなかった。。なんてこともあったりします。


最近は敢えて特定分野の話題に関して立ち入らないようにしています。代表的なものでいえば、「格差社会」とそれに付随する学歴論争やジェンダーといった話について、特に議論したからといって生産性があるものでもないのであまり深く立ち入らないようにしています。


没落エリートの出現―ビジネス社会から疎外される高学歴就職難民たち
主要な企業における2009年新卒採用活動はほぼ終了し、2010年新卒採用の動きが活発化している今日、就職活動は一生懸命しているにもかかわらず、就職先が見つからない、あるいは、希望の就職先に内定をもらえず不本意な企業に内定し悶々とした日々を過ごしている高学歴大学生がここ京都大学に存在する。

超売り手市場と言わる新卒就職市場においても、就職するのに四苦八苦する高学歴就職難民たち。これは、個人の問題ではない社会の問題である。


学校ってバカを治療してくれんのか
そもそもこの21世紀に「高学歴=エリート」と思い込んでいるのがイタい。京大には毎年3000人も入学する。東大はそれより少し多い。他の大学も比べれば、仮に「学力=就職力」と見なしても、自分と同程度の「力」を持つ奴は1万人程度はいるということになる。少なくとも学校を出た時点では、君たちは「その他大勢」に過ぎないんだよ。



↑この辺の論争もふ~んと斜め読みはしても、まったく自分とは関係ない部分での話だと思ってしまうようになりました。そーいや新卒で入った会社では●大卒だとかもてはやされてたなーと遠い目をしながら、それ以上に社会人生活で発生したネタの方がより強烈だったりするので、正直この辺の話題に付き合っているリソースがなかったりするのですよ。


まぁ一般的なレールに乗ったエリートと呼ばれる人たちは、学歴から大過ない就職をして、すべて予定調和によるあまり変化のない生活を好むからこそ何歳になっても学生時代の序列とかを振り返るのでしょう。そういう意味では18歳の時点での選択によってほぼ視点の軸が決まったと言えるのかもしれません。


それに比べてオイラなんて、毎日同じ日がないというようなネタライフを送っているせいで、アンテナに引っかかる情報が多すぎて四苦八苦しているぐらいです。たぶん情報過多なので、学校教育の延長で几帳面に精査してたりしたらパンクしてしまうに違いありません。視点も論点もブレまくりますし、朝令暮改マンセーくらいの勢いでなるべく思考を柔軟にするように心がけています。だからこそ生産性が低そうな分野に対してリソースを使うことはしませんし、集中してクリエイティブなことを考えていきたいというのが目下の希望ですね。


文明が進歩するということは、考えなくても出来ることが増えていくことを意味する。
―アルフレッド・ノース・ホワイトヘッド


考えるべきか、考えないでいるべきかで言ったら、考えて生きていきたいです。そうですよね、パスカルさん。


スポンサーサイト

別窓 | 真面目 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[グルメ]ストレート果汁概論 | 株式会社エコブランド代表Blog | [小ネタ]オジサンという名前の魚>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。