株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[政治]福田政権の狙い

大前研一さんのコラムで、福田政権の真意が分析されていて面白いです。

内閣改造で見えた福田首相の「恐ろしさ」
福田改造内閣の特徴の一つは「小泉改革の否定」だ。小泉元首相がやろうとしていたことを全部否定してしまおうという、一種狂的な気迫のようなものすら感じる。それは例えば、郵政民営化反対議員であった野田聖子氏が消費者行政推進の特命担当大臣になっていることからも読み取れる。彼女は小泉改革の柱である郵政民営化に反対したために自民党から追放された、典型的な「アンチ小泉」だったからだ。


小泉改革・スモールガバメントの象徴であった大田経済財政担当大臣に取って代わったのが与謝野さんだということも象徴的な出来事だ。与謝野馨氏は小泉元首相とはまったく逆の、対局にある考え方をする人物だ。財政が不足しているとなれば、普通の感覚を持った人間であれば「ムダを減らそう」と考えるものだろう。しかし与謝野氏は真逆の判断をする。すなわち「税金を集めよう、消費税を上げよう」とするタイプだ。そしてラージガバメントを志向し、官僚と仲良くすることが国にとって良いことだと公言してはばからない。


公務員改革の法律を通した渡辺喜美 行政改革担当大臣も消えた。有り体に言うと、今回の組閣で否定されたことは「スモールガバメント」「小泉改革」「民でできることは民に」の三つなのである。


福田首相を退任に追い込むとしたら、その役を担うのは麻生氏である。麻生氏を抑えないと「福田さん、早く禅譲して選挙をしなさい」という声が、自民党からも世論からも聞こえてくることは十分に考えられる。だから福田首相にとって一番怖いのは麻生氏だ。麻生氏が勝手には動けないようにしたい。では、どうするか。その答えが自民党幹事長というポストを与えることだったわけだ。



つまり、今回の閣僚人事からは小泉首相以前の保守路線に先祖返りしていると言え、改革の旗頭であったはずの麻生氏すら取り込むことによって自らの反対勢力を押さえ込んだという図式が見えてきます。もはや衆院選敗北前の消費税増税は規定路線化されたとも言え、巨大な官僚機構の維持と公共事業による景気拡大という“大きな政府”志向での政策が行なわれようとしています。


そもそも現在、大多数を維持している衆院の議席数は小泉内閣時の郵政民営化に対する民意の表われであったハズです。無駄の大きな政府機関としての郵政事業は民営化し、“小さな政府”として必要最低限な公共サービスを志向することが受け入れられたからこその圧勝だったと記憶しています。


そんなネオリベラリズムの下にある程度の格差と痛みを受け入れたハズの国民が、マスコミを通じた巧みなプロパガンダによって格差反対、社会保障などの既得権益は守れ、といった論調に変容していったことで、小泉―安倍路線を継承した第一次福田内閣の役目が終わったわけです。まったく、こんなにコントロールしやすい国民も他にはいないのではないでしょうか。


オイラが福田さんだったら、まずは法人に対して環境税の名目で特定財源での税収を確保し国民に環境分野での財政政策をアピールした後に、消費税の増税やむなしといった論調を作り上げて一般財源を確保し、ウラで法人税を下げて法人からの税収を相殺するといった動きをするでしょうね。結果的には 国民=考えない労働者 から搾取する方向で増税を行なうといった流れです。


現在のインフレが消費税増税の予防接種であるならば、福田政権はホントに恐ろしいですね。。


スポンサーサイト

別窓 | 政治 | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<[Books]オンライン書店を選ぶ | 株式会社エコブランド代表Blog | [LifeHacks]デキる奴の条件>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

原油先物価格の急落がはじまってますね。7月には1バレル150ドルを突破していたのが、直近の10月先物市場では1バレル120ドルと約20%の下落、一時... …
2008-08-30 Sat 16:04 TOKYO HUNGRY GO AROUND
∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。