株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[ビジネス]中田英寿の選択

元サッカー日本代表の中田英寿氏が大株主となっている、PR会社の株式会社サニーサイドアップが大証ヘラクレスに上場することになりました。公開されている目論見書に拠れば、中田氏は52,000株を保有していますね。公募価格ベースでは1株約2,500円ですから、約1億3千万円の評価額となります。

nakatajoujou3.jpg


まぁ中田氏にとってはこんな金銭的な勘定はどーでもよいのかもしれません。それよりも住所が Monte-Carlo, MONACO になっているところ、ココ注目ですよ!長い旅に出ると言っていた中田氏ですが、さすがに住所不定というわけにもいかずにモナコに定住権を得たようですね。

中田ヒデ、旅の最終章 「セレブの国」モナコに居住
元サッカー日本代表の中田英寿さん(30) が現役引退を表明してから1年が経つ。引退後は「世界で旅を続けている」とされてきたが、フランスに囲まれた小国「モナコ」に家を構え、居住権を取得したことが明らかになった。そろそろ旅を終えて腰を落ち着けそうな雰囲気だが、この「モナコ」とは、どんな国なのか。



モナコといえば、タックスヘイブン=租税回避地として有名です。つまり、中田氏はこのIPOによって得た所得について、日本に税金を払う必要がないということなんですね。いやー、スポーツ選手の中ではとても賢い人だと思っていましたが、ココまでちゃんとやっているとはもはや尊敬してしまいます!優秀なフィナンシャルアドバイザーがいるのでしょうが、それにしても彼自身にも才覚があるからこそ名誉も財産も集まるのでしょう。


黄金の扉を開ける賢者の海外投資術
橘 玲
ダイヤモンド社 ( 2008-03-07 )
ISBN: 9784478003848
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


■タックスヘイブンの国から、増え続ける税金に困窮する日本人に貧困国を助けろと語る中田氏
日本人からチャリティーで金を集めるけど、
俺は日本に税金払う気はないですよー
という事ですね…



そんな中田氏の姿勢をやっかみ半分で否定するような声も聞かれます。なるほど、これまで中田氏を育ててくれた日本サッカー界に対して、恩返しを望むのも当然でしょう。でも、税金を払うことが果たして日本サッカー界の発展に寄与するのでしょうか?


先日、サッカージャーナリストの小谷泰介さんにお話を伺ったときもまだ日本にはスポーツビジネスが根付いていないとおっしゃっていました。恐らく、中田氏がこの株式会社サニーサイドアップに出資しているのも、日本にスポーツビジネスを成立させようという狙いが含まれているに違いありません。日本のプロ野球のようなワケ分からない権力構造にスポーツが翻弄されない、ファンからの支持によってプロチームの経営が成り立つ欧州のサッカービジネスのような体系の整備を考えていることでしょう。


個人的には、税金を払うことは決して社会貢献には結びつかないと考えています。税金というのは収めた時点で“意志”のあるカネではなくなり、国家という枠組みのなかで予算が組まれさまざまな用途に使われます。一般会計予算歳出を見れば分かりますが、だいたい1/4が社会保障、1/4が地方へのバラ撒き、1/4が借金の返済に使われ、文教および科学振興に使われるのはたった5兆円強しかありません。

MOF.jpg

つまり、中田氏が1億3千万円のうち6千万円を所得税として納税したところで、日本のサッカー振興に使われるのは大きく見積もっても500万円程度しかないのです。税金で取られなかった分も含めて、自分の稼いだ金の半分を自分の意志とは違うところに使われるのはオイラであれば非常にイヤな気分です。

[真面目]税金を払うことは良いことか?
この辺りの国家とメディアが結託した形のプロパガンダをひも解けば、税金を払う必要がないことが分かります。結局管理を行なうための組織体であったり、社会を構成する各セクターの運営コストが増大になったために、取りやすい大衆から税金を搾取しようと動いているのが今の世の中の仕組みであって、雇用者たる一般市民は将来や生活レベル低下に脅えつつ耐えるしかないというのが実情です。



そろそろ目を覚ましましょうよ。自分が税金を払う際には、その歳出がロクなところに使われないことを嘆き、他人が税金を払わないことに対しては社会への反逆だと批判する、それって自己中心的なダブルスタンダードじゃないですか。少なくともオイラは、何もせずに安全なところから石を投げる輩よりも、サッカーを通じてアクションを起こそうとする中田氏の意志を支持しますよ。
スポンサーサイト

別窓 | ビジネス | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[書評]スピード読書術 | 株式会社エコブランド代表Blog | [Books]オンライン書店を選ぶ>>

この記事のコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2011-02-05 Sat 00:33 | | #[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。