株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

中国元の対ドル切り上げが行なわれました.
2%という限られた範囲内ですが,固定相場制から変動相場制への第一歩として,世界各国は歓迎しているようです.

一方で今後もこの切り上げが続いていくのかといえば,懐疑的な見方が大勢を占めているようです.低レートで外資を呼び込んで経済発展をしてきただけに,急激な切り上げは外資の撤退を招きかねません.ただでさえ暴動などでリスクが高まっている中で,為替メリットがなければ中国経済への投資は消極化していくでしょう.


日本市場に目を向けてみると,円高傾向にも係わらず株価も高水準に推移しています.つまり中国へ流れていた外資が,日本の割安株を物色し始めたということでしょう.今後段階的に中国元の切り上げが行なわれるならば,この傾向に拍車が掛かるのではないでしょうか.

日本企業にも中国のコスト安メリットを享受して,原料調達や製造拠点移転を行なっている部分があります.しかし今回の中国元切り上げによって,日本企業にとっても中国は“世界の工場”ではなく“15億のマーケット”という視点の切り替えが必要な時期になりました.

日本の個人投資家としては,中国元ベースで資産運用することはリスクが高すぎますが,この為替変動を上手に利用できるような,具体的には中国市場をマーケットとして開拓していける日本企業に投資することが最もローリスクハイリターンな選択肢だと思いますね.
スポンサーサイト
別窓 | New! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<芥川賞 | 株式会社エコブランド代表Blog | 首位ターン>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。