株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[IT]mixi OpenID

mixi から OpenID サービスがリリースされました。今後はこのBlogを含めた様々なWebサイトで、mixiの認証機能を使った本人性確認が使えることになります。

OpenIDとは―wikiより
OpenID(オープンアイディー)とはサイトを越えて使用できる「認証システム」と「そのシステムで利用できるID(identification)」を指す。個人が登録した情報を公開することで個人の同一性を保証する。複数のOpenIDシステム対応サイトを1つのOpenID(identification)で利用できる。OpenIDは発行したサイトにより異なる文字の並びになるが、どこで発行されたOpenIDでも同じように利用できる。



mixi OpenIDはすでにYahoo!やnifty、livedoorのOpenIDとの互換を表明していますから、例えば荒れまくりで信憑性の低いYahoo!掲示板などが、mixi OpenIDの実装によってmixi登録情報を参照できる形で生まれ変わる可能性がありますね。とはいえmixi自体も捨てアカウントなどによってかなりカオス状態になっているだけに、限定的な用途での本人性確認に使う形が主流となりそうです。


ユーザにとっては、例えばYahoo!JAPAN IDなどでmixiやはてななどのサービスを利用できる環境になりますから、いちいちWebサイト毎にIDとPasswordを設定する必要がなくなりますね。そういえばオイラも無意識のうちにOpenIDの恩恵に預かっていて、このBlogのプロフィールに使っているaboutme(nifty)にログインするのにはてなIDを使っていたりします。


後発サービスにとっては、この mixi OpenIDに対応するだけでmixiアカウントに対してアプローチできるメリットがありますから、デフォルトで設定しておくべきでしょうね。Yahoo!知恵袋や発言小町などの相談サイトでも、mixiの属性を公開することでカリスマ相談員が誕生する可能性があります。


いろいろと使えそうなんで、考えてみましょうかね。これは面白い。


追記:
mixiコミュ限定の会員制サイト作れる「mixGroup」 「1晩で作った」
⇒すでにサービス化が進んでいるようですね。

スポンサーサイト

別窓 | IT | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[真面目]日米交渉から観た太平洋戦争 | 株式会社エコブランド代表Blog | [小ネタ]タモリが贈った勧進帳>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。