株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[環境]石油代替燃料へのシフト

これは久々に良い政策ですね。是非実現してもらいたいです。

「排気量」から「CO2排出量」へ 経産省が自動車税制の変更検討
経済産業省が平成21年度の税制改正で、エンジン排気量の大きさを中心に税額を決めている自動車税制を見直し、走行1キロメートル当たりの二酸化炭素(CO2)排出量を基準に税額を決める方式への変更を検討していることが23日、わかった。同様の仕組みは欧州各国が取り入れ始めており、地球温暖化を防ぐグリーン税制の目玉にしたい考えだ。しかし、これまで優遇されてきた軽自動車の税負担が大幅にアップするため、自動車メーカーなどの反発は避けられず、調整は難航しそうだ。



CO2を前面に押し出していますが、CO2排出量=燃費 ということですから、石油使用料がダイレクトに税率に影響する形になります。燃費の良い自動車が競争力を持てば、ハイブリッド車やEVといった日本の自動車メーカーが得意とする代替燃料車へのシフトが進みますから、自然と国際競争力も上がることでしょう。少なくとも海外ではまったく売れない安全性に不安のある軽自動車を造り続けることはマクロ的にはほとんど有効ではありません。


そうするとマーケットとしても安全保障面でも、石油に依存する体質が少しずつ改善されていくわけですから安定していくでしょうね。少なくともあんなヘンテコなビルとか造りまくっているドバイにバブル資金が流れていく状況は異常ですし、日本の技術力を以てイノベーションを推進することが国際的な格差を是正するのであれば当然推進すべきでしょう。


トヨタがマイナーチェンジを予定しているプリウスはさらに価格が下がることが期待されますし、カローラクラスで200万程度のハイブリッド車が出てくればCO2排出量はかなり削減されることでしょうね。短絡的な視点で批判している方々には、是非国益という観点において低炭素社会でイニシアティヴを取る国がドコなのか、考えていただきたいものです。

スポンサーサイト

別窓 | 環境 | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<[スポーツ]ウサイン・ボルトと対決してみた | 株式会社エコブランド代表Blog | [ビジネス]休眠預金120兆円という隠し金山>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

自動車税制 に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし… …
∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。