株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[真面目]非常識人を非難するな

今週号の日経ビジネスアソシエで、ワークスアプリケーションズCEOの牧野正幸さんのコラムが秀逸でした。「“革新”を厭う日本の若者 せめて挑戦者への応援を」ということで、「0→1」を生み出すイノベーションを起こす人をもっと支援しようと書いてあります。

イノベーションを起こそうとする(新興)企業に対して、多くの一流経営者や投資家、顧客は深い理解を示し、応援するケースの方が多いのですが、不思議なことに新卒の学生や、比較的若い社会人ほどイノベーションの担い手に対して批判的です。これは明らかに日本だけに見られる特徴らしい。何だか嘆かわしくないかね?
有識者が「日本にビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズがなぜ出てこないのか?」と問うときの答えが、まさにここにあると思うのです。もちろん、新卒の学生や若手社会人を十把一絡げにする気はない。実際に恐らく30%以上の人は、自らもイノベーションを起こそうとしていると推測される(年間1000人以上の優秀な学生と話をしている私の実感です)。
残りの人は、せめてチャレンジャーたちを心から応援してくれれば、彼らの心の支えになるのだが、実際にはそうではない。「せっかく一流企業に入ったのに、挑戦なんてばかばかしい」とか、「そもそもイノベーションなんて小さな会社には無理」などと言う。



なるほど、自分の周りを思い返してみても、若い人ほど保守的な考え方を持っていたりして個人的には非常に不思議に思ってしまうことが多いです。ここ最近の新卒採用では、名前の通った大企業の人気が高まっているようですし、入社してから3-4年もすると、既存のパラダイムに組み込まれた挙げ句に身動きが取れなくなり、社畜と呼ばれる仕事優先人間に育成されていきます。


そのような保守的な若者がどのような育ち方をしてきたのかといえば、小学校の頃の優等生にありがちなパターンということで非常に納得がいきました。違うやり方をする奴を非難したり先生に告げ口する子です。計算は既存の公式に則って当てはめながら正解を求める、国語は文章をよく読んで作者の考えを文中から見つける、といった偏差値的な教育を受けてきた良い子たちがほとんどなのでしょう。


そんな子にとっては、オイラみたいな絶対にみんなと同じ行動を取らないタイプは見ていて非常にイライラしたことでしょう。何しろ「回れ右」するのも「どうして右から回るんだ?」という根本的なトコから疑問を持ち始め、自分は左利きだから左回りで良いだろうと勝手に決め、最終的には朝礼でわざわざ回れ右をして校庭の奥の長い距離を通って教室に戻る意味がないと考えて校長先生の前を通って最短距離で帰るような子どもです。


そんな子が大人になって悪知恵を付けてくると、日本は税率を世界最低レベルまで落として外資や富裕層の金融資産を呼び込んでキャッシュフローを豊かにした方がトータルで日本の税収は上がるんだ、だから個人は国に税金を払う必要がない、寄付控除で意志のある再分配をしようと主張するようになります。当然大部分の人たちは安易な外資導入に対して違和感を持つでしょうし、ちゃんと税金を払うべきだと考える“マトモな”人たちが多いからこそ世の中が成り立っていることも理解しています。

既存のアーカイブを理解し、応用するのが得意な人(1を100にできる人)と、イノベーションを起こす人(0から1を生み出す人)がいる。「1→100」タイプは今あるアーカイブをいかに間違いなく、速く応用できるかに力点を置いている。
これに対し、「0→1」タイプはアーカイブをそもそも疑い、自分ならではのアーカイブを生み出そうとする。両者は相容れないに決まっているだろう。しかし世界にはこの2種類の人が絶対必要なのだ。どちらが欠けても社会は良くならない。



というわけで自分自身は「0→1」寄りで、既存のアーカイブの価値を増大させていくピラミッド型の組織に合わないことは自他ともに認めているわけなんですが、そういう意味では自分自身は周りの人に恵まれているなと感じます。両親はもちろん教師に怒られようが成績が悪かろうがずっと期待してくれていましたし、友達も何か変わったことがやりたいと思ったらとりあえずオイラを呼んどけ、という立ち位置になっているみたいです。「土下座戦争」とか「北関東大仏ツアー」とか懐かしいな。。


イチローや野茂も、独特なフォームを認めてくれた仰木監督がいたからこそ野球界のパラダイムを変える活躍ができたのでしょう。それは仰木監督が選手やコーチとして苦労した人だからこそ、許容することができたのだと思います。なるほど、若い人ほどイノベーターに対しての許容ができない理由が分かってきた気がします。


インターネットの世界では、2011年の地デジ移行に合わせて大変化が見込まれます。そのときに必要となるのはやはり「0→1」を思考できるイノベーターであって、その人の頭の中からソフトバンクや楽天のような既存サービスのプラットフォームをWebに置き換えただけのITではない、ホントの情報通信産業が出てくることでしょう。あなたの隣の空気を読めない(読まない)変な人が、もしかしたら未来の起業家かもしれませんよ!?

スポンサーサイト

別窓 | 真面目 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[Books]21世紀の国富論 | 株式会社エコブランド代表Blog | [Books]なぜ、あの人に悩みを打ち明けてしまうのか?>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。