株式会社エコブランド代表Blog

株式会社エコブランド ⇒ http://ecobrand.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

[IT]mixiモバイルの進化

mixiモバイル、外部サイトを携帯電話向けに変換するサービス
ミクシィが運営するSNS「mixi」は、携帯電話向けサービス「mixiモバイル」で、外部リンクを携帯電話で閲覧できる変換サービスを9月4日に開始した。

これまでmixiモバイルでは、mixi内のページ以外のリンクはテキスト表示され携帯電話から閲覧できなかったが、今回の変換サービスにより閲覧が可能になった。ミクシィによれば、携帯電話でアクセスするごとにモバイル用へ変換しているという。



これは地味ですが、意外と大きなニュースに繋がるかもしれません。mixiモバイルにおいて外部リンクURLをケータイ向けに表示できるようにすることは、つまりSNSというプラットフォームを通じてモバイルとWWWの融合が始まったということです。mixiも恐らくモバイルからのアクセスが6割程度を占めているでしょうから、これらをWebの方まで誘導するメリットは結構あるのでしょう。


そもそも日本のガラパゴスケータイは、iモードから簡易的なCHTMLによる独自の進化を遂げてきたという経緯があるため、モバイルWebはWWWからは切り離された存在として別途にWebを作成したり、いろいろと面倒な状況にありました。エフルートやGoogleモバイルなど、HTMLをケータイ向けに表示するサービスを展開しているところもありますが、基本的には画像などは変換されずにすべてテキストでの表現になってしまったり中途半端なカンジが否めませんでした。


オイラもmixi日記に関しては、このBlogのRSSを飛ばす設定にしているわけですが、ケータイからは観られないためにmixiからの誘導はほとんどない状況でした。それがmixiからの閲覧にも対応したことで、このBlogの記事がマイミクに読まれる可能性が大幅に増えたということですね。とりあえずはmixiをもっと真面目にやれ、ということになるのでしょうか、、?


今後はケータイとUMPCのハード的な垣根はどんどん低くなっていくことでしょう。その中で、ケータイ向け、WWW向けという風にWebの規格を分けることはナンセンスになると思います。現にdocomoではYouTubeのストリーミングが観られますし、モバゲーは逆にWWWに進出したりしていますね。


ケータイでのユーザ誘導をどのようにWWWの情報に繋げるか、コンテンツ企業にとって新しいWebマーケティングが生まれそうな予感がします。

スポンサーサイト

別窓 | IT | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<[ビジネス]ホリエモン、再び | 株式会社エコブランド代表Blog | [Books]名作コピーに学ぶ、読ませる文章の書き方>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 株式会社エコブランド代表Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。